FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
8/17 今日のガリガリ君XXXXXXIV
8/17 違う色の「日々草」が咲き始めました!!
8/16 「茎ブロッコリー」が元気よく育つ一方で、花蕾のほうは…。
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
08月
15

[小ナス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ごちそうなす

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小ナス」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

オレ様にとっては鬼門とされている「小ナス」は元気に育っていたためニンマリしていたのですが、

ここに来て急激に大きく生長する一方で葉の食害に遭うようになり悩まされております。

 

順調に育っているだけに原因不明の葉の食害を何とかして食い止めないといけないため、

あの手この手を使って防除したいと思います。

 

あれから6日が経過して栽培開始から103日目を迎えた「小ナス」ですが、

暑さも厳しくなってきて一部の葉は下を向いてしまって元気がなさそうに見えました。

ペトさい(小ナス・改)42

 

近くに寄って観てみたところ、葉の一部は食害がさらに進行していて葉の半分以上が

喰われてしまっている状態のため、これらの葉については剪定して切り落とすしかなさそうです。

ペトさい(小ナス・改)43

 

しかし、葉の状態はよくない一方で草丈はさらに伸びて、株の先端には蕾を着け

カワいらしく咲いている花もありこちらのほうは順調に育っているように感じました。

 

草丈が目測で50(cm)近く伸びていることもあるため強風に煽られて茎を折ってしまう恐れがあることから

支柱を立てて補強することにしました。

 

それでは、下記の道具を用意して支柱を立てて補強することにしましょう!!

 

★支柱立てに必要な道具★

支柱(75cm)×1、麻ヒモ、園芸用ハサミ

ペトさい(小ナス・改)44

 

 

★支柱立ての手順★

ペトさい(小ナス・改)45

'小ナス'の周辺に「支柱」を垂直に立てます。

 

ペトさい(小ナス・改)46

'小ナス'の株元から3(cm)のところを「麻ヒモ」で誘引します。

 

ペトさい(小ナス・改)47

続いて、手順2で誘引したところから上に10(cm)離れたところを

「麻ヒモ」で誘引して、支柱立ては完了となります。

 

※ 「麻ヒモ」で誘引する際、あまりキツくしないように固定して下さい。

 

ひとまず、「小ナス」における支柱立ては完了したのですが、花や蕾を着けていることから

実着きを良くする'リン酸系肥料'を一摘み与えておくことにしました。

ペトさい(小ナス・改)48

 

この肥料は遅効性のため効果が現れるのに数週間かかりますけどもそれまでの間に着果してくれれば

その後は上手い具合に生長してくれると思いますので、今後の生長に期待したいところですね。

 

最後に、「小ナス」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「小ナス」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら実着きをよくする'リン酸系肥料'を2週間に1回与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・2日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後の水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(小ナス・改)49

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「小ナス」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★小ナスの栽培データ★

ペトさい(小ナス・改)12

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
08月
14

[レモンバーム] ブログ村キーワード:レモンバーム、ペットボトル栽培、ハーブ、シソ科

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「レモンバーム」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

7年ぶりに育てる今回の「レモンバーム」栽培では育苗させることはせずに、

初めから'中型ペットボトル鉢'に種を蒔いて育てることにしました。

 

発芽率が悪いなりにも6割程度の芽が順調に生長を続け、2回の間引きを行った後も草丈を伸ばして

葉数を増やして大きく育っていました。

 

今の「レモンバーム」は草丈が結構伸びていて葉数も2倍近くに増えてワサワサとしてきたことから

もう少し様子を観て摘芯したほうがよさそうです。

 

あれから9日が経過して栽培開始から96日目を迎えた「レモンバーム」ですが、

草丈が一段と伸びていて葉も数を増やして大きくなっており元気よく育っていました。

ペトさい(レモンバーム)29

 

「レモンバーム」の生長の勢いはまだまだありそうな気配を感じ、更なる生長に期待が高まります。

 

それからさらに5日が経過して再び「レモンバーム」の様子を観てみたところ、

草丈が目測で20(cm)近くに伸びていて見た目にも少しヒョロッとして頼りなさを感じました。

ペトさい(レモンバーム)30

 

葉の方は数を少し増やしつつも一回り大きくなった印象で順調に育っていました。

 

この調子で「レモンバーム」を育て続けるとさらに草丈が伸びていく一方で、

生育的にもあまりよいとは言えません。

 

このため、葉数を増やしためにも摘芯をすることにしました。

 

摘芯は下の写真に示す通り、株元から数えて3番目と4番目の脇芽の所で行うのが適当だと思います。

ペトさい(レモンバーム)31

 

よって、この箇所に園芸用ハサミを使って剪定してみました。

ペトさい(レモンバーム)32

 

摘芯した芽はちょっとした料理に使うことができますので利用することにしました。

 

ひとまず摘芯を済ませた「レモンバーム」は散髪したみたいにスッキリとした姿になってしまいましたが、

摘芯する前に比べたら安定感があるためこれからの生長に期待したいと思います。

ペトさい(レモンバーム)33

 

最後に、「レモンバーム」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レモンバーム」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続いて、「レモンバーム」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(レモンバーム)34

 

 

★レモンバームの栽培データ★

ペトさい(レモンバーム)11

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
08月
13

ジャガイモ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ジャガイモ、男爵

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ジャガイモ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

オレ様の中では終結していたはずの「ジャガイモ」栽培でしたが、

ツイッターのフォロワーさんがこの栽培をどうしても観てみたいというお声を多数頂戴したことから

敢えなく3回目の「ジャガイモ」栽培に着手しました。

 

通気を良くするために苦肉の策として支柱を立てて大きくなった芽を誘引した「ジャガイモ」は

脇芽が伸びて葉数を増やして大きく生長していく一方で葉が黄色く変色するようになり、

生長の勢いが衰えてくるようになりました。

 

近くに寄って観てみますと葉が黄色く変色するだけでなく部分的に食害に遭っている葉も

見受けられるようになり、「ジャガイモ」栽培はクライマックスを迎えようとしているのでした。

 

あれから9日が経過して栽培開始からちょうど100日目を迎えた「ジャガイモ」ですが、

全体的に葉数が少なくなり葉色も黄色味がかっていて一段と衰えているように感じました。

ペトさい(ジャガイモIII)55

 

株元付近の様子を観てみますと黄色く変色した葉が目立っていて、中には茶色く枯れている葉も見受けられ、

完全に衰えている様子がよく分かりました。

ペトさい(ジャガイモIII)56

 

また、土内の生長の方は活発なのかペットボトル鉢がさらに膨張していて土がボロボロと溢れていました。

 

一方、株の上端部のほうは9日前に比べると葉数が減っていて葉色もどす黒い緑色をしていて

株元付近とは違う形で衰えを感じるようになりました。

ペトさい(ジャガイモIII)57

 

近くに寄って観てみても脇芽が伸びている様子は全く感じられず、葉の生長は止まったように感じました。

 

それから5日が経過して再び「ジャガイモ」の様子を観てみたところ、

支柱の先端の上まで伸びていた芽は衰えてしまって下に向いてしまいました。

ペトさい(ジャガイモIII)58

 

このため、株全体として観てみても脇芽が横に伸びている様子は全く観られず

下を向いてしまっている芽が殆どとなってしまい、寂しい姿になってしまいました。

 

株元付近に寄って観てみたところ、黄色く変色した葉の殆どは枯れ落ちてなくなってしまい

茎だけが剥き出しになっていて痛々しさを感じました。

ペトさい(ジャガイモIII)59

 

その茎も所々に亀裂が入っていて茶色く変色していて、支柱に誘引していなかったら

下に垂れ下がっているかもしれず、衰えもピークを越しているように感じました。

 

また、ペットボトル鉢はさらに膨張していて土内の生長が活発になっていることが伺え、

「ジャガイモ」の実がたくさん着けていることを期待してしまいました。

 

株の上端部の様子を観てみますと5日前とは違って殆どの芽の張りがなく下を向いており、

黄色く変色した葉が多く観られるようになり、衰えが進行していることが伺えました。

ペトさい(ジャガイモIII)60

 

この様子を見た限りでは新たな芽が出てくる気配は感じられず、

そろそろ「ジャガイモ」を収穫しても良いような感じがしました。

 

最後に、「ジャガイモ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ジャガイモ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が乾いていたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続き、土面が乾いていたらジョウロを使って水やりを行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ジャガイモIII)61

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ジャガイモの栽培データ★

ペトさい(ジャガイモIII)15

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker