FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
10/17 「茎ブロッコリー」の花蕾を多く着けてくれているのですが…。
10/16 勢いに乗っていた「レモンバーム」に陰りが…。
10/15 早くも「ミニ大根」が発芽しました!!
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ
02月
14
2/14 「スナップえんどう」に支柱を立てました!!

[スナップえんどう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ホルンスナック

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「スナップえんどう」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さの中でも元気に生長を続けていた「スナップえんどう」は

草丈が満たない状態ではあるものの葉数が増えて混み合ってきたことから

特例として間引いたのですが、その後も草丈を5(cm)以上に伸びてしまったため

株が横に傾いてしまうようになってしまいました。

 

おまけに、蔓もあちこちから出てきているため、支柱を立てて支えてあげないと

今後の生長に支障を来す恐れが出てきました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から67日目を迎えた「スナップえんどう」ですが、

一段と寒さが厳しさを増す中草丈はさらに数(cm)伸び葉も数を増やして

大きくなり、そして、あちこちから蔓が出ている状態ではあるものの

横に傾いていました。

ペトさい(スナップえんどう・改)26

 

完全に支柱を立てて株を支えてあげないと蔓が絡み付く所がないため

さらなる生長に期待は持てない状態でした。

 

このため、今後の「スナップえんどう」の生長を見込んで少し長めの支柱を立てて

補強することにしたのですが、今回の栽培ではこれまでの栽培での教訓から

支柱の立て方を改善して栽培管理をしやすくするために鉢の四隅に支柱を

立てて麻ヒモで等間隔に張り巡らす'あんどん式'による支柱の立て方に

変えることにしました。

 

実のところ、これまではそれぞれの株の近くに支柱を立て麻ヒモで

誘引していたのですが、その誘引する際に「スナップえんどう」の株を

傷めてしまうことが多々あり、項垂れていました。

 

しかし、今回の'あんどん式'では誘引する必要はないため、

今までのような悲しい気持ちになることはなくなり栽培管理がしやすくなるのです。

 

というわけで、今回からこの立て方で支柱を立てることから

以下に示す道具を使い、下記の手順で支柱を立てました。

 

★支柱立てに必要な道具★

支柱(120cm)×4、麻ヒモ、園芸用ハサミ

ペトさい(スナップえんどう・改)27

 

 

★支柱立ての手順★

ペトさい(スナップえんどう・改)28

ペットボトル鉢の四隅に「支柱」を垂直に立てます。

 

ペトさい(スナップえんどう・改)29

土面から5(cm)程の位置に「麻ヒモ」を掛け、

ペットボトル鉢の四隅に立てた'支柱'に一度回しかけながら

「麻ヒモ」を渡し、最後はほどけないように固結びをします。

 

なお、二段目以降は一段下にヒモ掛けした箇所から8(cm)間隔で、

「麻ヒモ」を支柱に一度回しかけながら「麻ヒモ」を渡し、

最後はほどけないように固結びをします。

 

この作業が終わったら、支柱立て作業は完了となります。

 

なんとか、上記の手順に沿って'あんどん式'による支柱を立てることができました。

ペトさい(スナップえんどう・改)30

 

ひとまず、少し長めの支柱を立てた「スナップえんどう」ですが、

株そのものはまだそれほど大きくなっているわけではないため

ややオーバーな補強をしたように感じるかもしれません。

ペトさい(スナップえんどう・改)31

 

また、支柱を四隅に立てたことにより窮屈さを感じてしまいますが、

前回の栽培における教訓から株をこれ以上間引くことはせずに

「スナップえんどう」の生長に合わせて追肥を与えるなどして育てていきます。

 

それに、「スナップえんどう」は蔓を支柱に絡み付かせるとオレ様の想像を

越えるくらいに草丈を伸ばして生長しますので、このくらいの長さの支柱を

立てても問題はないと思いますので、今後どのような生長を見せてくれるのか

期待して待つことにします。

 

最後に、「スナップえんどう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「スナップえんどう」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、支柱を立てて補強しましたが、

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇いてから

ジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(スナップえんどう・改)32

 

 

★スナップえんどうの栽培データ★

ペトさい(スナップえんどう・改)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker