FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
2/17 今日の一枚(6)~ミニカリフラワー~
2/14 厳しい寒さの中でも元気に育つ「レモンバーム」
2/13 今日の一枚(5)~ちりめん青シソ~
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ
12月
31

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

今年も残すところ僅かな時間となりましたが、

今年ほどプライベートだけでなくペトさいでも思うような結果を残すことができなかった年は

なかったように感じており、悔いしかありません。

 

今年の目標に掲げていたペットボトル栽培のムック本出版に向け、

ペットボトル菜園で育てる栽培数を減らして実現させようと頑張っておりましたが、

ペットボトル栽培の成果があまりにも悪くムック本に載せられるものではなかったことに加えて、

ムック本製作に必要な機材を調達するのに時間を掛け過ぎてしまったことから実現させることができずに

終わってしまい、情けない気持ちでいっぱいになりました。

 

結果として、今年もペットボトル栽培のムック本を出版するどころか製作することができず、

夢に終わってしまいました。

 

ムック本製作についてはこの一年、夢の実現に向けて頑張ってきたつもりでいたのですが、

結果として実現させることができずに終わり、今年後半においては父の介護の問題が大きな影響を受け、

私自身が介護疲れで精神的に参ってしまい、ペットボトル栽培をまともに行うことができなくなり、

現在までに残り4種類の作物をチマチマと育てている状態まで落ち込んでしまいました。

 

このため、これまでのように野菜作りを純粋に楽しむことができなくなってしまったことから

来年以降のペットボトル栽培の行く末が分からず、来年の今頃に何かしらの作物を育てているものなのかも

分からない状況で不安しかありません。

 

それどころかブログの運用にも影響を与える可能性もあるためブログを始めてから13年目になりますが、

来年の今頃にはブログ記事を書くのを止めてしまって閉鎖しているかもしれないので

ペットボトル栽培と同様に先行きが不透明な状況は続くことは間違いありません。

 

というより、毎年今頃の時期になればその翌年の目標を定めて気持ちを入れ換えて頑張ろうと思うのですが、

今年に限ってはそのような前向きな気持ちは全くないため来年の目標も定めておりません。

 

こんなことで良いのかと自問自答するのですが、良い答えが見付からないため

しばらくの間は現状を維持していくことで精一杯です。

 

なんだか、今年は高い目標を掲げていた割には実現させることができずに終わってしまい、

気付けば今年初めに描いていたこととは真逆の結果になってしまって悔いだけが残って

何も収穫のない年だったように感じました。

 

このため、我がペットボトル栽培を楽しみにされている方々には申し訳ない気持ちでいっぱいで、

この気持ちをプラスに変えることができたらいいのになと思う今日この頃です。

 

こんな残念な年は初めてのことだと思うのですが、どんなに悔いても時間が止まることはないので

できるだけポジティブに考えられるようになることが唯一の来年の目標にできればと思います。

今年も恒例となっている年越しソバとしてどん兵衛を一人寂しく食べたいと思います。

年越しソバ2019

 

というわけで、本年も本ブログをご覧下さり誠にありがとうございました。

 

来年も本年同様にお付き合いのほどヨロシクお願い致します。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

2019.12.31 ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
30

[パセリ] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「パセリ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

気温が下がる中でも順調に生長を続ける「パセリ」は小振りな葉の数を増やして大きく育ち、

なんとか5回目の収穫を行うことに成功しました。

 

気温が下がってきて半数近くの葉が黄色く変色していることが気になるところですが、

その一方で新たな葉が順調に育っていて次の収穫に向けて生長していくことが楽しみでなりません。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から455日目を迎えた「パセリ」ですが、

黄色く変色した葉は枯れて姿を消してしまいましたけども、その他の青々とした葉は大きくなっていて

順調に育っているように感じました。

ペトさい(パセリ・改)129

 

株元付近からは新たな葉が出てきていて、今後の生長に期待できそうです。

 

ひとまず、防寒対策として自室に入れて育てるようにしているのですが、

屋外に出した状態で育てているよりは「パセリ」の生長が良いように感じられ、

今後もこの方法で育てていきたいと思います。

 

最後に、「パセリ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示したから、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「パセリ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も土面が渇いていることを確認してからジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(パセリ・改)130

 

 

★パセリの栽培データ★

ペトさい(パセリ・改)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
27

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思わず、

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなりました。

 

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなり、一部の芽から本葉が出てきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から39日目を迎えた「べんり菜」ですが、

寒暖の差が激しく日照時間が短いにも関わらず全ての芽から本葉が出てくるようになり、

本葉が双葉よりも大きくなり順調に育っていました。

ペトさい(べんり菜・改)08

 

心配される徒長のほうは殆ど進んでおらず安心しましたが、本葉が大きくなりワサワサと茂っているため

このタイミングで間引いて株間を開けて通気をよくすることにしました。

ペトさい(べんり菜・改)09

 

半数近くの芽を間引いて通気をよくした「べんり菜」ですが、改めて間引くとそれぞれの芽が

徒長していることが分かり、草丈がこれ以上ヒョロヒョロと伸びないことを願うところです。

ペトさい(べんり菜・改)10

 

今年の冬は暖冬傾向にありますが、「べんり菜」が寒さに負けずに生長してくれることに期待します。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
26

[レモンバーム] ブログ村キーワード:レモンバーム、ペットボトル栽培、ハーブ、シソ科

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「レモンバーム」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

7年ぶりに育てる今回の「レモンバーム」栽培では育苗させることはせずに、

初めから'中型ペットボトル鉢'に種を蒔いて育てることにしました。

 

発芽率が悪いなりにも6割程度の芽が順調に生長し、2回の間引きを行った後も大きく生長を続け

葉がワサワサと茂ってきたことから摘芯を行い、その後も順調に葉数を増やしていたこともあって

3回の収穫を行うことができました。

 

収穫した後も気温が下がっているにもかかわらず、剪定した付近から脇芽が出ていて

新たな葉を着け始めており、今後の生長が楽しみになってきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から262日目を迎えた「レモンバーム」ですが、

依然として肌寒い日が続く中、新芽が増えて既存の葉は一回り大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(レモンバーム)79

 

その一方で葉の一部が寒さで変色しているものがあり少し気になるところはありますが、

殆どの葉が青々としていて元気に育っていることから今後の生長に期待できそうです。

 

最後に、「レモンバーム」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レモンバーム」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続いて、「レモンバーム」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(レモンバーム)80

 

 

★レモンバームの栽培データ★

ペトさい(レモンバーム)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
25

[今日のかっぱえびせん] ブログ村キーワード:かっぱえびせん、カルシウム摂取、尿管結石

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

オレ様が尿管結石を患ったことからできるだけカルシウムを摂ることにより

尿管結石を作らないための予防することから限られたお菓子の中から探し出した

'かっぱえびせん'を独断と偏見でご紹介するこのコーナー。

 

 

これまで様々なテイストの'かっぱえびせん'をご紹介してきましたが、

今回ご紹介するのは原点回帰したように感じるシンプルなテイストの'かっぱえびせん'になりますので

早速ご紹介したいと思います。

「カルビー かっぱえびせん えび2倍仕込み」

今日のかっぱえびせん07

 

今回ご紹介する'かっぱえびせん'は通常の2倍の量のえびを使ったものでして、

実際に一口食べてみたところ濃厚なえびの風味が口の中に広がってとても美味しく食べることができ、

2倍の量のえびを使っていることもありカルシウムを多く摂取することができるので

私としてはとても嬉しいテイストだなと思いました。

 

えびが2倍の量使われているためえびの風味だけでなく、香ばしさも感じられたので

通常の'かっぱえびせん'よりも美味しく頂くことができたのかなとも思いました。

 

このテイストが期間限定というのは惜しい代物だと思うのですが、レギュラーテイストとして

販売しても十分に採算はとれると思うのでレギュラー化されることを期待します。

 

今回ご紹介した'かっぱえびせん'は期間限定販売ですので、興味のある方は

お早めにお買い求めになってお召し上がり下さい。

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
24

[ミニ大根] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ころっ娘

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニ大根」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

秋の長雨が収束し安定した生長を見せるようになった「ミニ大根」は草丈を伸ばして本葉の数を増やして

大きく育っていて、ギザギザした大根らしい葉がワサワサと茂っていて混み合っていることから

生育の悪そうな芽を間引いて通気をよくしました。

 

その結果、日照時間が短くなり冷え込む中でも本葉が順調に育っていました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から72日目を迎えた「ミニ大根」ですが、

依然として冷え込む栽培環境の中で寒さに耐えながら生長している様子が分かり、

既存の葉は大きく育っていて順調さが伺えました。

ペトさい(ころっ娘III)17

 

「ミニ大根」の株元付近を観てみますと、新たに数枚の葉が出ていて大根らしくギザギザとした

形状をしていて元気よく育っていることが分かります。

 

多少なりとも寒さに影響しているとは思うのですが、

それでも、元気良く生長している様子を観ることができると嬉しくなり、

今後の生長が楽しみになってきます。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
23

[パセリ] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「パセリ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

気温が下がる中でも順調に生長を続ける「パセリ」は小振りな葉の数を増やして大きく育ち、

なんとか5回目の収穫を行うことに成功しました。

 

気温が下がってきて半数近くの葉が黄色く変色していることが気になるところですが、

その一方で新たな葉が順調に育っていて次の収穫に向けて生長していくことが楽しみでなりません。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から448日目を迎えた「パセリ」ですが、

黄色く変色した葉は枯れてしまいましたけども、その他の青々とした葉は少し大きく育っていました。

ペトさい(パセリ・改)127

 

未だによい防寒対策が見付からないためしばらくの間は朝晩の冷え込む時間帯に限り

自室に入れて育てるようにした「パセリ」は株元から新たな芽が出てきていることから

今後の生長に期待したいと思います。

 

最後に、「パセリ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示したから、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「パセリ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も土面が渇いていることを確認してからジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(パセリ・改)128

 

 

★パセリの栽培データ★

ペトさい(パセリ・改)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
20

[栽培計画票] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

12月に入ったと思ったらあっという間に20日が経過し、残すところあと11日で

新年を迎えることを考えますと、時が経つ早さをスゴく感じます。

 

とはいうものの、私自身は相変わらず介護疲れで精神的に参っていて先行きが分からない状態で

今後のペットボトル栽培に関してはどのように進めて行くべきなのかを考える余裕がないため、

何がどうなるのかは現時点では分かりません。

 

ひとまず、現時点で分かる範囲内で'栽培計画票'にまとめましたので以下に示したいと思います。

Petsai_Plan201912_1.png

[画像クリックで拡大します]

 

現在育てている作物は4種類あるのですが、その中でも'パセリ''レモンバーム'については

1月中旬頃を目処に栽培を終了しようかなと考えておりますが、体調を見ながら育てていくため

状況によっては2月以降も育てることもあり得ます。

 

また、'べんり菜''ミニ大根'については気温が下がってきて生長が遅れていることから

栽培期間を2月いっぱいまで伸ばして育てることにしました。

 

ただ、こちらも今後の生長次第では3月に入っても育てることがありそうです。

 

最後に、今後も私の体調と相談しながら育てていくことになるため、

現時点では新たな作物を育てることは考えておりませんが、もしも育ててみたい作物が出てきた時には

新たな栽培の準備を進めて育てたいと思います

 

今後とも、本ブログをご覧頂き応援してもらえように精進したいと思いますので、

引き続き、本ブログのご愛読のほどをヨロシクお願い申し上げます。

2019.12.20

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
20

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思わず、

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなりました。

 

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなり、一部の芽から本葉が出てきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から32日目を迎えた「べんり菜」ですが、

寒暖の差が激しく日照時間が短いにも関わらず殆どの芽から本葉が出てくるようになり、

一週間前よりもワサワサと茂っているように感じました。

ペトさい(べんり菜・改)07

 

芽が密集しているため徒長が進んでしまわないか気になるのですが、

今のところは思っていたほど草丈は伸びておらず徒長が進んでないことに少しホッとしています。

 

しかしながら、あと一週間も経てば全ての芽から本葉が出てくるように感じることから

ようやく間引きが行えそうです。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
19

[レモンバーム] ブログ村キーワード:レモンバーム、ペットボトル栽培、ハーブ、シソ科

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「レモンバーム」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

7年ぶりに育てる今回の「レモンバーム」栽培では育苗させることはせずに、

初めから'中型ペットボトル鉢'に種を蒔いて育てることにしました。

 

発芽率が悪いなりにも6割程度の芽が順調に生長し、2回の間引きを行った後も大きく生長を続け

葉がワサワサと茂ってきたことから摘芯を行い、その後も順調に葉数を増やしていたこともあって

3回の収穫を行うことができました。

 

収穫した後も気温が下がっているにもかかわらず、剪定した付近から脇芽が出ていて

新たな葉を着け始めており、今後の生長が楽しみになってきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から255日目を迎えた「レモンバーム」ですが、

冬らしくない冬とはいえ、肌寒い日が続いているペットボトル菜園ではありますけども、

パッと見た感触では新芽が増えて既存の葉も大きくなっていて元気よく育っていました。

ペトさい(レモンバーム)77

 

寒さで変色している葉も一部に観られますが、一週間前に比べると青々しい葉が増えたように感じられ、

今後の生長が楽しみでなりません。

 

以前のような生長の勢いはなくなりましたけども、防寒対策をして育てることができれば

期待するような大きさの葉がワサワサと茂ってくれるように思います。

 

最後に、「レモンバーム」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レモンバーム」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続いて、「レモンバーム」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(レモンバーム)78

 

 

★レモンバームの栽培データ★

ペトさい(レモンバーム)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker