FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
11/22 気温が下がっても元気に育つ「パセリ」
11/21 この時期に「ピーマン」を収穫しました!!
11/20 今日のかっぱえびせん(その6)
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ
10月
31

[エコキャップ運動] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、3R推進

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、環境改善活動に関するお話にお付き合い下さい。

 

早いもので10月も今日で終わり、巷ではハロウィンで盛り上がっているようです。

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、今月は'3R推進月間'になっていて、

本ブログでも毎年恒例となっている「エコキャップ運動」の取り組みについて

お伝えしております。

 

とその前に、久々の環境問題関連の記事を投稿することもあり、

初めてこの取り組みを知った方もいらっしゃると思いますので、

簡単にご説明することにします。

 

まず、'3R推進月間'とは各自治体や企業、学校などで3R推進に向けた様々な取り組みを

毎年10月に行っていて、普及啓発するために国が各地で廃棄物やリサイクルに関するセミナーや

シンポジウムなどを行っています。

 

'3R'とはリデュース(廃棄物の発生抑制)、リユース(再利用)、リサイクル(循環利用)の総称で、

一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

 

以前お伝えしたことがあるのですが、オレ様がペットボトル栽培を始めたキッカケは

資源ゴミとして廃棄処分される運命にある'ペットボトル'を有効活用すると供に、

子供たちに野菜作りの楽しさを体験することによって食育についても理解を深めてもらいたいと

思ったことからです。

 

だから、ペットボトルでの野菜作りだけでなく、その収穫した野菜を使った料理を

ご紹介しているのはこのためなのです。

 

さて、少し前置きが長くなってしまいましたが、本題の「エコキャップ運動」のお話に戻したいと

思うのですけど、最近、企業により環境問題に対する取り組みは目覚ましいほど進んでいて

皆さんも利用されるスーパーでも様々な取り組みが行われています。

 

特に、ここ数年でその変化が見て取れるようになったのは、大手スーパーなどの入り口に

設置されている分別ゴミ箱の横にペットボトルのキャップを入れるボックスが置かれていること。

 

以前はこのようなボックスの姿は見当たらなかったのですが、今では当たり前のように置いてあります。

 

これは「エコキャップ運動」の取り組みで実施されているもので、ペットボトルのキャップを

焼却処分せずに再資源化し、焼却処分時に発生するCO2を抑制する目的に、ペットボトルの

キャップの再資源化で得た売却益を使って発展途上国の子供たちにポリオワクチンを寄贈し

救済する取り組みを行っているのです。

 

この取り組みを推進しているエコキャップ推進協会によると、ペットボトルのキャップは

400個で10円の利益になるとのことでして、子供一人のポリオワクチン代には20かかることから

一人の子供の命を救うためには800個のキャップを集めなければなりません。

 

現在、ワクチンさえあれば防ぐことのできる病気で子供の命が1日に約6000人も奪われて

しまっているそうですので、ペットボトルのキャップを集めることで子供の命を一人でも多く

救うことができるのであれば、この取り組みに参加してキャップを集めようという気持ちに

なるのではないかと思います。

 

しかしながら、3年前の4月にこの取り組みを推進しているエコキャップ推進協会が

このキャップの売却益をポリオワクチンの支援事業に充てずに、他の障害者支援事業に

充てていたことが発覚し問題となり、売却益を困っている人の支援に使ってはいるものの、

その使い道に関する公表が曖昧にされると折角の素晴らしいと思う取り組みに対して

不信感を持つようになり誰も参加しなくなりますので、お金の使い道はクリーンな形で

公開するべきだと思いますね。

 

とは言え、オレ様の気持ち的にはグレーなところはあるものの、ペットボトル栽培を

やっていることから不要になったペットボトルのキャップがたくさん溜まってしまいますので、

今でも継続してこの運動への取り組みを行っています。

 

個人でペットボトルのキャップを集めるのは地方自治体や企業、学校などの団体に比べますと

時間と労力を必要としますが、一人でも多くの子供の命を救う手助けをしたいという想いを

強く持っているため、環境活動と連動する形で取り組んでいます。

 

毎年この話題をお伝えする時にエコキャップの回収状況を公表していますが、昨年10月末までに

回収できたキャップの個数は1,019個ということで、この取り組みを始める際の目標にしていた

800個を大きく超えることが出来ました。

 

この取り組みを始めてから早いもので12年になるのですが、昨年、1,000個以上のキャップを

集めることができましたので本来ならエコキャップ推進協会に送ってもよかったのです。

 

しかしながら、オレ様はできる限り多くのエコキャップを集めることにしたことから

箱を用意してこの箱が一杯になるまで集めることができたらエコキャップ推進協会に

送ることにしたいと思ったのでした。

エコキャップ運動2019_01

 

よって、この一年は新たな目標に向けてエコキャップ運動に取り組んできたのですが、

先日、この箱を開けてみたところ結構な数のエコキャップが集まっていて箱一杯になっているように

見えたことから本日までに集めることができた「エコキャップ」の数を集計したところ、

全部で1,093個あることがわかり、昨年よりもさらに数を増やすことができました。

エコキャップ運動2019_02

 

約12年という長い期間をかけて、しかも個人でこれだけの数の「エコキャップ」を集めることは

感慨深いものがあるのですが、世の中ではこれを遥かに越える数の「エコキャップ」を集めている方が

多くいらっしゃいますので大したことではありません。

 

ひとまず、箱に入りきれないほどの数のエコキャップを集めることができましたので、

今度こそは近日中にも箱を梱包してエコキャップ推進協会に送りたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
10月
31

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

今月もあっという間に終わりを迎えようとしておりますが、

台風や大雨の思うように育てることができなかったペットボトル菜園の作物たちではございますけども、

なんとか3品目の野菜を収穫することができました。

 

というわけで、今月もいつものように時系列に沿って振り返りたいと思います。

 

まずは10/7には通算2回目となる「レモンバーム」を収穫することができました。

収穫したペト菜2019年10月01

 

「レモンバーム」は気温が下がっていても日が入らなくても元気よく育っていて、

「レモンバーム」を観るたびに葉数を増やして大きくなっていることから安定した収穫が見込める作物の

一つとなっていることに嬉しく思っております。

 

今回で二度目の収穫となりましたけども、その後も脇芽を増やして大きく生長しておりますので

来月の収穫が楽しみであります。

 

続いて、10/9には「茎ブロッコリー」を収穫することができました。

収穫したペト菜2019年10月02

 

まさかこの時期に2回目の収穫を行うことができるとは思いませんでしたので驚いているのですが、

何はともあれ、甚大な被害をもたらした台風を諸に受けていながらも無傷で育っていたことには

脱帽だったのですが、そのお陰で2回目の収穫ができ、その後も新たな花蕾をたくさん着けていますので、

次の収穫も期待できそうです。

 

最後に、10/19には「パセリ」を収穫することができました。

収穫したペト菜2019年10月03

 

「パセリ」の収穫は通算で4回目となるのですが、気温が先月に比べるとグッと下がってきたことから

生長の勢いが若干衰えてきたように感じたのですが、それでも頑張って葉数を増やして

生長を続けているため今後の生長に期待を持ちつつ5回目の収穫を楽しみに待ちたいと思います。

 

というわけで、今月は不幸中の幸いにして台風の被害を最小限に抑えることができたことから

普段通りの収穫を行うことができました。

 

そろそろ寿命が来ている作物もございますが、これから天候のほうも回復傾向にありそうですので

来月の収穫も期待できそうです。

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
10月
30

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも注目されることなく生長を続けている「ピーマン」は支柱を立てて支えて上げてからも

風の抵抗を受けることなく草丈をぐんぐんと伸ばし、葉も数を増やして大きく生長してくれました。

 

株の先端にはたくさんの蕾を着けて花を咲かせ、その一部からは実を着けるようになったのですが、

台風被害により半数近くの蕾が落ちてしまいました。

 

しかしながら、残された蕾や実はさらに大きく育っていることから今後の生長に期待を寄せるのでした。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から211日目を迎えた「ピーマン」ですが、

パッと見ではあまり育っているようには感じられず、曇りがちな天気が続いていることから心配になりました。

ペトさい(ピーマン)70

 

近くに寄って観てみたところ、新たな葉を着けている様子は感じられず、先週末の大雨の影響で

大きくなっていた蕾が全て落ちてしまい、悲しくなりました。

ペトさい(ピーマン)71

 

このような姿を観てしまったら着果した実もダメになってしまっているのではないかと

絶望的な気持ちにさせられたのですが、不幸中の幸いにして実のほうは無事に着いていてホッとしました。

 

しかも、実の大きさが一週間前に観たときよりも比べ物にならないほど大きくなっていて、

ちゃんと「ピーマン」らしい形になっていて、ニンマリしてしまいました。

 

気温が下がってきている上に日が出ていないため「ピーマン」にとっては辛い環境にありますが、

それでも元気よく育っていることに淡い期待を持ってしまいました。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら実着きをよくする'リン酸系肥料'を2週間に1回与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・2日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後の水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(ピーマン)72

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ピーマン」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
10月
29

[レモンバーム] ブログ村キーワード:レモンバーム、ペットボトル栽培、ハーブ、シソ科

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「レモンバーム」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

7年ぶりに育てる今回の「レモンバーム」栽培では育苗させることはせずに、

初めから'中型ペットボトル鉢'に種を蒔いて育てることにしました。

 

発芽率が悪いなりにも6割程度の芽が順調に生長し、2回の間引きを行った後も大きく生長を続け

葉がワサワサと茂ってきたことから摘芯を行い、その後も順調に葉数を増やしていたこともあって

2回の収穫を行いました。

 

今の「レモンバーム」には生長の勢いがあることから収穫後も葉数を増やしてくれることを

期待していたのですが、気温が下がってきたこともあって若干生長の勢いが落ち着いて来たように

感じるのですけど、それでも脇芽を増やして青々とした葉を増やしていて元気よく育っていました。

 

あれから5日が経過して栽培開始から206日目を迎えた「レモンバーム」ですが、

台風が過ぎ去った後も不安定な天気が続き気温も下がってきているため一段と生長の勢いが

衰えていくのかと思って心配していたのですけど、想像していたよりも元気よく育っていて安心しました。

ペトさい(レモンバーム)61

 

葉数はさほど増えているようには感じなかったのですが、その代わりにそれぞれの葉が

一回り大きくなっていて寒さを吹き飛ばすような生長に期待度が高まりました。

 

この調子で生長を続けていけば近いうちに再び収穫することができるかもしれません。

 

最後に、「レモンバーム」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レモンバーム」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続いて、「レモンバーム」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(レモンバーム)62

 

 

★レモンバームの栽培データ★

ペトさい(レモンバーム)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
10月
28

[ミニ大根] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ころっ娘

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニ大根」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

台風19号の影響を少なからず受けた「ミニ大根」ですが、株数が半分ほどに減ってしまっても

その後のスッキリしない天気が続いてしまっているために徒長が進んでしまい

悩ましい日々が続いております。

 

このため、栽培開始から16日目を迎えたこの日も若干の徒長が進んでしまっていると思って

様子を観てみたところ、「ミニ大根」は思っていたより徒長が進んでおらず双葉が一回り大きくなり、

元気に育っていました。

ペトさい(ころっ娘III)07

 

また、近くに寄って様子を観てみますと小さな本葉を一枚着けていて、不安を感じる中でも

少し育っていることに安堵しました。

 

あとは天気が回復してくれることに期待したいところですが、

まだまだ秋の長雨は続きそうですので静かに見守りたいと思います。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
10月
26

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫した野菜を使った料理

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作ってきましたが、

手前味噌ではありながらも自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」企画。

 

ご紹介する今回の料理は'ベビーキャロット'を使った料理になります。

 

'ベビーキャロット'を使った料理は色々とありますので何を作ろうか迷ってしまいましたが、

収穫できた'ベビーキャロット'の間引き菜と'ベビーキャロット'の量と相談する形で

3品の料理を作りました。

 

'ベビーキャロット'では2回の間引きを行いながら収穫するまで育てたこともあり、

収穫した'ベビーキャロット'と併せて間引き菜を使った料理を3品作りました。

 

'ベビーキャロット'は思っていたよりも順調に育てることができて、料理を作るには十分の大きさと量で

どのような料理を作るかで迷ってしまいました。

収穫したベビキャロ01

 

それでは、どのような料理を作ったのかをご紹介したいと思います。

 

まず一品目は間引き菜を使って「オレ流天ぷらそば」を作りました。

ベビキャロ料理01

 

'ベビーキャロット'の間引き菜の存在感を出すためにどうするべきかを考えた時にすぐ思い付いたのが

かき揚げでして、かき揚げだけ作ってもビジュアル的にパッとしないと思い、

天汁を作って茹でたおそばの上に天ぷらを乗せればいいかなと思って作りました。

 

ビジュアルを意識した割には歪な形をした天ぷらになってしまいましたが、

揚げたてサクサクの天ぷらは美味しく頂くことができました。

 

続いて、二品目の料理は「オレ流シンプルなチーズシチュー」を作りました。

ベビキャロ料理02

 

収穫した時期的にも少し肌寒さを感じていたことから暖かいものを食べたいなと思っていたところ、

偶然にも、茎ブロッコリーの間引き菜を収穫したことからこれをトッピングしてみました。

 

このシチューに入れた'ベビーキャロット'は思っていたよりも甘くてシチューに合っているように感じ、

ベストチョイスだったなと思いました。

 

最後の一品ですが、和食と洋食を作りましたので中華に使いたいと思い、

「オレ流レバニラ炒め」を作りました。

ベビキャロ料理03

 

収穫した'ベビーキャロット'の本数に限りがあったため普段よりも少な目に作ったのですが、

なんとかそれらしい形に仕上げることができてよかったです。

 

レバニラ炒めはわりかしよく作っているのですが、'ベビーキャロット'の存在感と味を活かさないと

いけなかったので少し苦労したのですが、チーズシチューのときと同様に炒めた'ベビーキャロット'

甘味があったのですけど反発するような味にはならなかったので、美味しく頂くことができました。

 

というわけで、今回は3品の料理を作りましたけど、

オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もし、どちらか一つでも食べてみたいというベビーキャロット料理がありましたら

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

二度目となる「さやエンドウ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

「さやエンドウ」を使った料理はかなりの数があるため楽しみにして頂きたいと思うのですが、

果たして、オレ様は'さやエンドウ'を使ってどのような料理を作ったのか

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
10月
25

[パセリ] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「パセリ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

厳しかった暑さも落ち着きを取り戻し、葉焼けすることなく元気よく生長を続ける「パセリ」

順調に葉数を増やして大きくなってきたことから4度目の収穫を行いました。

 

以前に比べると若干小振りな葉になっておりますが、まだまだ「パセリ」の生長は期待できそうです。

 

あれから5日が経過して栽培開始から392日目を迎えた「パセリ」ですが、

残していた葉は全て一回り大きくなり台風による影響を受けることなく元気に育っていました。

ペトさい(パセリ・改)109

 

近くに寄って観てみますと、株元から新たな葉が出てきているのを確認することができ、

まだまだ元気に育っている様子が伺えて嬉しくなりました。

 

気温が下がってきているため「パセリ」にとっては生長しにくい環境になってきていると思うのですが、

これからも「パセリ」の生長に期待したいと思います。

 

最後に、「パセリ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示したから、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「パセリ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も土面が渇いていることを確認してからジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(パセリ・改)110

 

 

★パセリの栽培データ★

ペトさい(パセリ・改)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
10月
24

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも注目されることなく生長を続けている「ピーマン」は支柱を立てて支えて上げてからも

風の抵抗を受けることなく草丈をぐんぐんと伸ばし、葉も数を増やして大きく生長してくれました。

 

株の先端にはたくさんの蕾を着け花を咲かせるようになり、これらの一部から実を着けてくれました。

 

気温が下がってきていることが気掛かりですが、着果した実が大きく育ってくれることに

期待したいと思うのでした。

 

あれから5日が経過して栽培開始から204日目を迎えた「ピーマン」ですが、

草丈の伸びや葉の生長は落ち着き完全に実の生長にシフトしたように感じ、

パッと見では大きな生長の変化を感じることはできませんでした。

ペトさい(ピーマン)67

 

しかしながら、近くに寄って観てみますと蕾の半数近くが台風の影響により落ちてしまい、

着果のチャンスを失ってしまったことに悲しくなりました。

ペトさい(ピーマン)68

 

とはいえ、残りの蕾はこれから開花しそうな状態になっているものが多く観られ、

着果した実も落ちることなく大きくなっていてホッとしました。

 

着果した実は目測で12(mm)ほどの大きさになっていて気温が下がってきている中でも順調に育っていて、

これからの生長が楽しみでなりません。

 

ただ、今後も曇りがちな天気が続くことから「ピーマン」の生長に影響がないことを願うところです。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら実着きをよくする'リン酸系肥料'を2週間に1回与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・2日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後の水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(ピーマン)69

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ピーマン」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
10月
23

[茎ブロッコリー] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「茎ブロッコリー」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

順調に生長を続ける「茎ブロッコリー」は草丈をさらに伸ばして葉も数を増やして大きくする一方で、

株の先端には多くの花蕾を着けるようになり、順調に育っていました。

 

ただ、花蕾の形状が理想的な形をしていないことが腑に落ちないところがあり、

花蕾を着けているからといって素直に喜ぶことができているわけではなかったのでした。

 

あれから二週間が経過して栽培開始から245日目を迎えた「茎ブロッコリー」ですが、

株元付近の葉は枯れ落ちてしまい寂しい姿になっていましたけど、

株の先端では脇芽が伸びて葉数を増やしているように感じました。

ペトさい(茎ブロッコリー)93

 

近くに寄って観てみますと、株の先端には花蕾を着けた茎が多く観られるようになり、

花蕾そのものも少し大きくなっているように感じたのです。

ペトさい(茎ブロッコリー)94

 

ひょっとしたら収穫できるかもしれないと思ってしまうほどの大きさにニンマリしてしまいましたが、

株の形状のことを考えてしまうとどうしても素直には喜ぶことができない自分がいました。

 

とは言うものの、二度の台風に晒されながらも元気よく育っていることを踏まえますと、

収穫してもよいのかなと思う今日この頃です。

 

最後に、「茎ブロッコリー」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「茎ブロッコリー」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

水やりを行う際には土面が乾いていたら霧吹きで水を吹き付けて

与えるようにしましょう。

ペトさい(茎ブロッコリー)95

 

 

★茎ブロッコリーの栽培データ★

ペトさい(茎ブロッコリー)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
10月
22

[レモンバーム] ブログ村キーワード:レモンバーム、ペットボトル栽培、ハーブ、シソ科

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「レモンバーム」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

7年ぶりに育てる今回の「レモンバーム」栽培では育苗させることはせずに、

初めから'中型ペットボトル鉢'に種を蒔いて育てることにしました。

 

発芽率が悪いなりにも6割程度の芽が順調に生長し、2回の間引きを行った後も大きく生長を続け

葉がワサワサと茂ってきたことから摘芯を行い、その後も順調に葉数を増やしていたこともあって

2回の収穫を行いました。

 

今の「レモンバーム」には生長の勢いがあることから収穫後も葉数を増やしてくれることを

期待していたのですが、気温が下がってきたこともあって期待していたほど葉数を増やすことなく

寂しい気持ちにさせられたのでした。

 

あれから9日が経過して栽培開始から201日目を迎えた「レモンバーム」ですが、

肌寒さを感じるほど気温が下がっているにも関わらず、脇芽を増やして青々としていました。

ペトさい(レモンバーム)59

 

気温が下がっていることだけでなく東日本の各地に甚大な被害をもたらした台風が

我がペットボトル菜園を直撃したことから「レモンバーム」に少なからず影響を受けているものと

思っていたのですが、思っていたほど被害を受けておらず、葉数を増やしていたことに

ホッとすると供にタフな奴だなと思いました。

 

近くに寄って観てみたところ、葉が青々としていて張りがあるためまだまだ衰えることなく

元気に育ってくれるなと思いました。

 

最後に、「レモンバーム」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レモンバーム」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続いて、「レモンバーム」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(レモンバーム)60

 

 

★レモンバームの栽培データ★

ペトさい(レモンバーム)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker