FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
10/22 寒さや台風にも負けない「レモンバーム」
10/21 台風の影響を受けた「ミニ大根」
10/19 4度目の「パセリ」の収穫となりました!!
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ
08月
03

[シシトウ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、シシトウ、ナス科

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「シシトウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前にペットボトルで育てた「シシトウ」栽培について綴った記事を

ベースにリメイクしたものです。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培のムック本

(通称、ペトさいレシピ)制作を行うためのたたき台にすることであり、過去の栽培において

どのような栽培を行ってきたのかを振り返る意味を含めて、今回リメイクすることにしました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「シシトウ」栽培の記事の内容は

そのままに不明な箇所があれば補足することはあるものの、当時ブログ記事に添付された画像は

現在の画像編集技術を駆使して高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を

目指してリメイクしております。

 

ただ、今回の「シシトウ」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので、今よりも拙い文章で

書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと見逃して頂いて()、純粋に「シシトウ」

栽培のお話をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

生育の良さそうな芽を1株残して間引いてから順調に生長を続ける「シシトウ」ですが、

草丈はグングンと伸び葉も数を増やして大きくなり、そして、蕾も数を増やして開花しました。

 

続々と開花しそうな蕾の数が増え花数も増えてきて、待望の着果した「シシトウ」の生長に

さらなる期待を寄せるのでした。

 

あれから6日が経過して栽培開始から76日目を迎えた「シシトウ」ですが、

草丈の伸びは落ち着いてきたように感じられ葉と蕾の数が増えていました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)24

 

近くに寄って観てみますと、6日前に比べると花数は少なくなったように感じましたが、

開花しそうな蕾の数が増えるのと同時に着果した実が収穫できそうな大きさになり

その数も増やしていました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)25

 

収穫できそうな「シシトウ」目測で5~6(cm)ほどの長さがあるため、

収穫できそうな実については収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・実が5~6(cm)程度の長さになったら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

 

今回収穫した「シシトウ」は市販のものとさほど変わらない大きさで、

思っていたよりも多く収獲することできて数えてみたら15個あってニンマリしてしまいました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)26

 

初めての収穫にしては上出来で、これだけの収穫量であればちょっとした料理に使えそうです。

 

それからさらに一週間が経過して再び「シシトウ」の様子を観てみたところ、

草丈はそのままに葉は一回り大きくなっていて、大きくなる実が幾つもぶら下がっているのを

観ることができました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)27

 

近くに寄って観てみたところ、開花しそうな蕾の数はさらに増えていて花数は減っている印象を受けました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)28

 

しかしながら、着果している数は確実に増えていてもう少しで収穫できそうな実もあり、

収穫するのがますます楽しみになってきました。

 

「シシトウ」は欲張ってより大きくしてから収穫しようとすると辛さが増してしまうのと同時に、

収穫せずに放置していると株に負担がかかってしまうことから適度な大きさで収穫するのが

ベターなことからこの日も早めに収穫できそうな実を収穫することにしました。

 

今回の栽培で2度目となる収穫では初回に比べると若干多かったことに嬉しかったのですが、

若干小振りな実が多いようにも感じられ微妙な気持ちになりました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)29

 

今の「シシトウ」は安定した生長を続けており、開花しそうな蕾を多く着けていることを踏まえますと

これらが着果してくれればさらなる収穫を楽しむことができそうです。

 

最後に、「シシトウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シシトウ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)程度に伸びたら支柱を立てて支えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後の水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シシトウ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シシトウの栽培データ★

ペトさい(改良シシトウ・Remake)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
08月
03

[メランポディウム] ブログ村キーワード:メランポディウム、ペットボトル栽培、黄色いお花

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「メランポディウム」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

昨年の栽培の教訓から育苗することなく花栽培用ペットボトル鉢に直蒔きして育てることにした

「メランポディウム」は草丈を伸ばしながら葉や蕾の数を増やして大きく育っていました。

 

未だに花が咲いている「メランポディウム」ではあったのですが、葉だけではなく花弁も食害に遭ってしまい、

悩ましい状態に遭遇してしまいました。

 

なんとかして、食害の原因を特定することができれば更なる開花を落ち着いて見ることができるのですが…。

 

あれから5日が経過して栽培開始から94日目を迎えた「メランポディウム」ですが、

草丈は少し伸びて葉が数を増やして大きくなっていました。

ペトさい(メランポディウム・改)31

 

そして、近くに寄って観てみたところ、小さな花が2輪咲いていてカワいらしかったです。

 

また一番心配されていた葉の食害については確認することができず少しホッとしたのですが、

原因が特定できていないためいつまた食害に遭うかもしれないことを考えると不安を感じています。

 

それから6日が経過して再び「メランポディウム」の様子を観てみたところ、

草丈はさほど伸びているようには感じなかったものの葉の方はさらに数を増やして大きくなり、

花数も増えて順調に育っていました。

ペトさい(メランポディウム・改)32

 

順調に花数を増やして咲いてくれるのは嬉しいのですが、

もう一株の方から開花している様子を観ることができていないためビジュアル的に

いまいちキレイに見えないのが残念な気持ちになります。

 

今のところは開花している株のほうで癒されたいと思います。

 

最後に、「メランポディウム」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「メランポディウム」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

「メランポディウム」の水やりはこれからもジョウロで与えるようにしましょう!!

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(メランポディウム・改)33

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまいますので注意して行って下さい。

 

 

★メランポディウムの栽培データ★

ペトさい(メランポディウム・改)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
08月
03

[ジャガイモ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ジャガイモ、男爵

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ジャガイモ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

オレ様の中では終結していたはずの「ジャガイモ」栽培でしたが、

ツイッターのフォロワーさんがこの栽培をどうしても観てみたいというお声を多数頂戴したことから

敢えなく3回目の「ジャガイモ」栽培に着手しました。

 

通気を良くするために苦肉の策で支柱を立てて大きくなった芽を誘引した「ジャガイモ」は

脇芽が伸びて葉数を増やして大きく生長を続けていました。

 

生長の勢いはまだまだありそうな気配を感じる「ジャガイモ」は見た目には葉の生長が

著しいことが分かるものの、土内の生長については鉢が膨張して芋を着けていることぐらいしか分からず、

どの程度の芋を着けているのかが気になるところです。

 

あれから9日が経過して栽培開始から85日目を迎えた「ジャガイモ」ですが、

これまで葉が青々と茂っていて元気よく育っている印象を受けていたのですけど、

ここにきて葉が黄色く変色しているのが目立つようになってきました。

ペトさい(ジャガイモIII)48

 

近くに寄って観てみたところ株元付近の葉の殆どは黄色く変色しており、

それ以外の葉も黄色み掛かっていて生長の勢いはトーンダウンしたように感じました。

ペトさい(ジャガイモIII)49

 

ただ、ペットボトル鉢が9日前に比べてさらに膨張しているように感じて外側に向けて

大きく変形しているのが分かり、目には見えませんが、土内の生長は活発になっていることが伺えました。

 

株の上端部の様子を観てみますと株元付近ほど黄色く変色している葉は観られず

まだ青々とした葉を着けている状態でした。

ペトさい(ジャガイモIII)50

 

葉の状態を見た限りではまだ黄色みかがっている葉がないためすぐに黄色く変色するようなことは

ないように感じられました。

 

それから6日が経過して再び「ジャガイモ」の様子を観てみたところ、

黄色く変色した葉は枯れ落ち黄色み掛かっている葉が残された状態で葉数が増えたように感じました。

ペトさい(ジャガイモIII)51

 

近くに寄って観てみますと株元付近の葉は脇芽が伸びてワサワサと茂っている状態なのですが、

葉の表面を観ると部分的に黄色く変色していたり食害に遭っている葉も観られ、

以前に比べると明らかに衰えていることが伺えました。

ペトさい(ジャガイモIII)52

 

しかしながら、鉢の膨張はさらに進んでいて鉢の隙間から鉢内の土が溢れているのが分かり、

土内では明らかに活発な生長が行われていることが伺えました。

 

一方、株の上端部では黄色み掛かった葉は観られませんでしたが、以前に比べると

若干どす黒い緑色をした葉が多く見られるようになり、まだ葉の張りがあるところをみると

まだ完全には衰えてはいないように感じました。

ペトさい(ジャガイモIII)53

 

また、脇芽を汲まなく観てみたところ蕾らしきものは1つも着けておらず、

今回も「ジャガイモ」の花を見ることはできないような感じがして残念な気持ちになりました。

 

最後に、「ジャガイモ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ジャガイモ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が乾いていたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続き、土面が乾いていたらジョウロを使って水やりを行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ジャガイモIII)54

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ジャガイモの栽培データ★

ペトさい(ジャガイモIII)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker