FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
9/18 早くも「茎ブロッコリー」に花蕾を着けそうな気配を感じました!!
9/17 黄色く変色する「パセリ」が目立つようになりました!!
9/16 遂に、鬼門の「小ナス」を収穫することにしました!!
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
07月
31

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

今日で7月が終わり、令和になって3ヶ月が経過してしまいました。

 

何度もお伝えしているように今年はペットボトル栽培のムック本製作に重きを置きながら

野菜を育てているため、例年に比べると栽培している作物の量は半分近くへらしていることから

必然的に収穫できる作物の量も少なくなってしまいます。

 

そんな中でも先月辺りからコンスタントに収穫できる野菜が出てきましたので今月も期待できそうです。

 

というわけで、今月もそこそこの'ペットボトル野菜'を収穫できましたので、

いつものように時系列に沿って振り返りたいと思います。

 

まずは7/5には「モロッコいんげん」を収穫することができました。

収穫したペト菜2019年07月01

 

「モロッコいんげん」はコンスタントに収穫することができているのですが、

ここにきて生長の勢いに陰りを見せ始めるようになり、通算3回目の収穫となる今回は前回に比べると

若干収穫量が少なくなってしまいました。

 

まだ頑張って生長を続けている「モロッコいんげん」ではありますが、

おそらく次の収穫で最後になるかもしれません。

 

続いて、7/17には「パセリ」を収穫することができました。

収穫したペト菜2019年07月02

 

「パセリ」は今回で通算2回目の収穫となりますが、厳しい暑さが続くなかでも萎れることなく

元気よく生長しており、続々と新芽が出てきていることから今後も収穫が期待できそうです。

 

先月に初となる収穫をした「パセリ」でしたが、今回は格段に収穫量を増やすことができましたので、

来月以降もさらなる生長と収穫が楽しみでなりません。

 

というわけで、今月の'ペットボトル野菜'の収穫は先月に比べるとトーンダウンしたようなイメージが

ありますが、来月以降もこの状態は続くものと思われますので少し寂しい気持ちにはなりますけども、

まずは収穫に向けて大事に育てることに注力したいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
30

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫した野菜を使った料理

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作ってきましたが、

手前味噌ではありながらも自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」企画。

 

ご紹介する今回の料理は'パセリ'を使った料理になります。

 

パセリを使った料理は概ね揚げ物などの付け合せやイタリアンに使われることが多いため

料理の幅としては比較的広いと思いますので、作り甲斐はある食材だと思います。

 

そんな'パセリ'はペットボトル菜園で育てていてコンスタントに収穫できており、

今回は間引き菜として収穫したものと計2回収穫した'パセリ'を使った料理を

ご紹介したいと思います。

収穫したパセリ01

 

まずは一品目のペトさい料理は、間引き菜を使ったこともあって大したものは作れなかったのですが、

「オレ流しめじとブロッコリーのパスタグラタン」を作ってみました。

パセリ料理01

 

パセリの間引き菜は少量であったことから電子レンジで乾燥させてパウダー状にすることが

できなかったため、このグラタンの上に直接トッピングしてしまったのですが、

ブロッコリーの存在感があったために肝心のパセリの間引き菜はどこにトッピングしているのか

よく観ないと分からないほど存在感が薄くてオレ様的には駄作でした(苦笑)

 

しかしながら、このグラタンそのものは抜群の美味さで、濃厚なチーズの味を堪能することができて

駄作ではあるものの美味しく頂くことができました。

 

続いて2品目の料理は「オレ流特製チーズインハンバーグ」を作り、その付け合せにパセリを使いました。

パセリ料理02

 

写真を観ただけではハンバーグの中にチーズが入っているのか分からないのですが、

先ほどのグラタンに使ったナチュラルチーズをハンバーグの中に仕込んでいて食べた時に

チーズがとろっととろけていて美味しかったのですけど、熱くて舌を火傷してしまいました。

 

実のところ、このハンバーグを作った時にはオレ様が尿管結石を患っていて苦痛を感じていたため

まともに食べることができなかったため完食していなかったのですが、オレ様の父が美味しいと言って

オレ様が残していたハンバーグも食べてしまいました(苦笑)

 

3品目の料理は「オレ流特製白身魚フライ」を作り、その付け合せにパセリを使いました。

パセリ料理03

 

尿管結石を患った後だったことからこの料理を作る頃からカルシウムを摂れるメニューを

考えるようになり、シンプルに作れるものとして白身魚フライを作りました。

 

ただ、白身魚だけではカルシウムを十分にとることができないと思い、衣を付ける際に

パルメザンチーズを混ぜ込んだパン粉を使うことでカルシウム摂取を補うことを考えました。

 

白身魚フライはチーズと相性がいいですので、上の写真を観ても分かるようにサクサクとした

食感を楽しむことができて美味しく頂くことができました。

 

今回の最後にご紹介する料理は「オレ流シーフードマカロニグラタン」を作りました。

パセリ料理04

 

最初に作った料理と被ってしまったのは私が以前にグラタンを作っていたことを

忘れてしまったからなので反省しているのですが()、でも今回のグラタンには

前回とは違って収穫したパセリを電子レンジで加熱して乾燥させてパウダー状にすることが

できたことからしっかりとその存在感が出るものになりました。

 

また、今回のグラタンはベシャメルソースから手作りしたので手間暇かかったのですが、

やはり乳製品にはカルシウムを多く含んでいることから尿管結石予防になると思って

気合を入れて作った分だけ、美味しく頂くことができて満足できました。

 

というわけで、今回は間引き菜を含めて4品作りましたけど、

オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もし、どちらか一つでも食べてみたいというパセリ料理がありましたら

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

パセリは今後も収穫できる見込みがありますので、

今回ご紹介した料理に被らないように考えて作りたいと思いますので楽しみにしていて下さい。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

現在、過去記事をリメイクしている「シシトウ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

「シシトウ」を使った料理はかなりの数があるため楽しみにして頂きたいと思うのですが、

果たして、オレ様は'シシトウ'を使ってどのような料理を作ったのか皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
29

[ブログ記事] ブログ村キーワード:特別な日、命日、黄花コスモス、日々草

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

オレ様にとって今日は特別な日でして、早いような遅いような複雑な気持ちです。

 

本来はブログに書くことではないと思うのですが、今から7年前の今日にオレ様の母が他界した日で、

この日になるとあの当時のことを思い出し、あの時にもっと最善を尽くせることがあったのではないか、

あるいは、もっとオレ様がしっかりしていればよかったと後悔することが多々あり、

生前の思い出に浸るというよりは自責の念に駆られることのほうが多くて

情けなさと悔しさが込み上げてきます。

 

7年前にまだ母が病院で入院している間に母の好きだった'コスモス'をペットボトルで育てたいと思い、

鉢植えできる「黄花コスモス」を必死になって育てたのですが、見事に開花させることに成功して

母に見せてあげようと思った時には既に天国に旅立った後のことでしたので、生きている間に

見せてあげることができなかったことは今でも悔いが残っています。

母に贈るお花01

 

それ以後、ほぼ毎年春先には母の墓前に生けるために「黄花コスモス」を育てるようにしているのですが、

今年は生前母が「日々草」を育ててみたいと言っていたことを思い出し、初めて「日々草」を育てることにしました。

 

ほぼ手探り状態で育てていたのでどれが正しいのかは分かりませんが、

とにもかくにも母の命日までに咲かせることを目標に育てることだけを考えて試行錯誤しながら育てました。

 

そんな「日々草」ですが、今月の中旬ごろに蕾を着け始め、その数日後にはカワいらしい花を

咲かせることができ、安堵しました。

母に贈るお花02

 

「日々草」を咲かせることができた日に母の墓前にその鉢を持って報告したのですが、

実際に咲いているのを見ることができないので複雑な気持ちになりました。

 

やっぱり、何をやっても後悔することが多くて、母が生きているときにもっと素直に応対して、

大事にしてあげていたらたとえ寿命があったにしても少しは延命できたかもしれないと思うと

悔しくて涙が出てきました。

 

今日は母の命日ですので介護している父を連れてお墓参りに行きたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
27

[シシトウ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、シシトウ、ナス科

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「シシトウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前にペットボトルで育てた「シシトウ」栽培について綴った記事を

ベースにリメイクしたものです。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培のムック本

(通称、ペトさいレシピ)制作を行うためのたたき台にすることであり、過去の栽培において

どのような栽培を行ってきたのかを振り返る意味を含めて、今回リメイクすることにしました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「シシトウ」栽培の記事の内容は

そのままに不明な箇所があれば補足することはあるものの、当時ブログ記事に添付された画像は

現在の画像編集技術を駆使して高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を

目指してリメイクしております。

 

ただ、今回の「シシトウ」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので、今よりも拙い文章で

書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと見逃して頂いて()、純粋に「シシトウ」

栽培のお話をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

生育の悪そうな芽を間引いて1本の芽を残して育てることになった「シシトウ」

草丈を少しずつ伸ばし、葉も数を増やして大きく育っていました。

 

今のところ順調に育っている「シシトウ」には蕾らしきものを着け始めており、

さらなる生長に期待を寄せるのでした。

 

あれから9日が経過して栽培開始から54日目を迎えた「シシトウ」ですが、

涼しい場所に移動させて育てていることが功を奏しているのか草丈が10(cm)近く伸びていて

大きな枝が2本に分かれていて順調に育っていました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)18

 

葉も数を増やして大きくなっていて元気よく育っている印象を受ける「シシトウ」ですが、

株の上端部にはよりたくさんの蕾が着けていて、中には開花しそうな蕾もありました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)19

 

それからさらに8日が経過して再び「シシトウ」の様子を観てみたところ、

草丈がさらに10(cm)以上伸びていて脇芽が伸びたことにより葉数も格段に増え

葉も一回り大きくなっていました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)20

 

不安定な天気が続いている中、順調に育っていることに安心感がある「シシトウ」ですが、

近くに寄って観てみたところ蕾の数はさらに増え開花しているものもポツポツと観られるようになり、

順調に育っている様子が伺えてニンマリしてしまいました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)21

 

さらに8日が経過した「シシトウ」の様子を観てみますと、

台風の影響を受けることなく草丈が一段と伸びていて葉も数を増やして大きくなっていて

8日前とは比べ物にならないほど大きく生長していることに驚きました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)22

 

青空の下で元気よく育っている「シシトウ」は蕾の数も格段に増えていて、

近くに寄って観てみたところ開花しそうな蕾が多く観られるようになり白い花も数を増やし

順調に育っているように感じました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)23

 

また、白い花が続々と開花する一方で、開花した所から待望の実を着けているのを確認することができ、

「シシトウ」栽培は新たなステージに突入し着果した実を収穫できるのが楽しみになってきました。

 

最後に、「シシトウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シシトウ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)程度に伸びたら支柱を立てて支えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後の水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シシトウ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シシトウの栽培データ★

ペトさい(改良シシトウ・Remake)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
27

[日々草] ブログ村キーワード:日々草、ペットボトル栽培、一年草

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「日々草」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

以前から育てたいと思っていた「日々草」はようやく今年に育てることができたのですが、

このお花を育てる目的としては亡き母がこの花を好きだったことから今年の命日に墓前に捧げたいと

思ったことからで、その日までは一ヵ月を切ってしまいハードルが高い栽培になるのでした。

 

2回目の間引きを行った後も生長の勢いは衰えることなく、草丈を伸ばしながら本葉も数を増やして

大きく生長し、再び葉が重なり合って混み合っていました。

 

未だに梅雨が開けることなく日照不足が心配するなかでも元気に生長している「日々草」は

オレ様が思っている以上にタフで、今後の生長に期待できそうです。

 

あれから9日が経過して栽培開始から74日目を迎えた「日々草」ですが、

雨が降り続くなかでも草丈を徒長することなく伸ばし本葉もさらに数を増やして大きくなっていました。

ペトさい(日々草)23

 

全くと言っていいほど葉の食害に遭うこともなく、雨続きな天気が続いている影響を感じることもなく、

至って順調に育っているように感じられ、さらなる期待を寄せてしまいました。

 

それからさらに6日が経過して再び「日々草」の様子を観てみたところ、

草丈がさらに数(cm)伸びていて本葉も数を増やして大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(日々草)24

 

近くに寄って観てみたところ、葉の陰に隠れるようにして蕾が着いているのを確認することができ、

いよいよ開花に向けて新たな生長を見せ始めたように感じました。

 

さらに9日が経過して「日々草」の様子を観てみますと、

草丈がさらに伸びていて本葉も一段と数を増やしていてワサワサとして混み合っていました。

ペトさい(日々草)25

 

そして、葉が大きく生長している一方で蕾のほうも数を増やして大きくなっていて、

数日もあれば開花しそうな状態になっていました。

 

未だに雨が降り続くなかでここまでトラブルもなく生長していることに喜びを感じ、

自然とニンマリしてしまいました。

 

蕾が思っていたよりも大きくなっていることから花着きをよくする'リン酸系肥料'を一摘み与えました。

ペトさい(日々草)26

 

この肥料は遅効性のため効果が現れるのに時間がかかりますが、さらに蕾を着けて

キレイな「日々草」の姿を観てみたいので期待して待ちたいと思います。

 

母の命日まで2週間を切ってしまいましたので、それまでに開花させることができるのか注目です。

 

最後に、「日々草」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「日々草」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾を着け始めたり花が咲いた時には適度に'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続きジョウロで与えるようにしましょう!!

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(日々草)27

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまいますので注意して行って下さい。

 

 

★日々草の栽培データ★

ペトさい(日々草)09

次回のお話に続く

 

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
27

[葉大根] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉大根、初心者向き、収穫が早い

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「葉大根」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

2回の間引きを行った後も生長の勢いが衰えることなく順調に生長を続けている「葉大根」ですが、

葉が大根らしくギザギザとした形状の葉になり青々として張りがありました。

 

この調子で生長を続けてくれれば株の大きさ的にも収穫できる日が近くなりますので、

今後の生長に期待を寄せてしまいます。

 

あれから一週間が経過して栽培開始からちょうど60日目を迎えた「葉大根」ですが、

依然として生長の勢いに乗って元気よく育っているように感じられました。

ペトさい(葉大根・改)24

 

近くに寄って観てみたところ、葉は一回り大きくなっていて張りがあり

新たに出てきた葉もちらほらと見掛けるようになり順調に育っているように感じました。

 

しかし、それから9日が経過して再び「葉大根」の様子を観てみたところ、

今までとは少し様子が変わっていたのです。

ペトさい(葉大根・改)25

 

葉はさらに数を増やして大きくなり青々として張りがあったのですが、

株全体を見渡してみるとまさかのトウ立ちをしてしまい、主茎の先端に蕾を着け花が咲いていたのです。

 

収穫を目前に控えていた「葉大根」がトウ立ちしてしまったことにショックが大きく、

しばらくの間頭が真っ白になって何が起きているのがよく分かりませんでした。

 

トウ立ちしてしまった以上、この栽培を続けていくわけにはいきませんので収穫間近だった「葉大根」

撤収することにしました。

 

「葉大根」は比較的容易に育てることができ、栽培期間も短いことから収穫することができるだろうと

期待を寄せて育てていたのですが、このような結果になってしまったことは大変悔しい想いでいっぱいです。

 

この「葉大根」についても栽培に最も適した時期にリベンジしたいと思います。

 

最後に、「葉大根」の栽培データを以下に示しますので、今後の栽培に役立てて下さい。

 

なお、これから「葉大根」を種から育てたいと思った方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

 

★葉大根の栽培データ★

ペトさい(葉大根・改)10

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
26

[茎ブロッコリー] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「茎ブロッコリー」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

順調に生長を続ける「茎ブロッコリー」は草丈をさらに伸ばし葉も数を増やして

大きく育っているのですが、葉が一段と大きくなったことによる重さで

株の先端が横に傾いてしまい不安定な状態になってしまいました。

 

本来は根がしっかりと張ってくれさえすればこのようなことにはならないのですが、

もう少し「茎ブロッコリー」の様子を観て新たな処置を考えることにしたのでした。

 

あれから9日が経過して栽培開始から149日目を迎えた「茎ブロッコリー」ですが、

草丈はさらに少し伸びつつ葉が一回り大きくなっているものの、見た目には殆ど変わらずに

株の先端が横に傾いていました。

ペトさい(茎ブロッコリー)49

 

近くに寄って観てみたところ、株の先端には葉が密集していて続々と新たな葉が出てきているのを

確認することができ、葉の生長だけを観てみれば順調に育っているように感じました。

ペトさい(茎ブロッコリー)50

 

しかし、葉数が増えることにより株の先端がさらに横に傾いてしまい正常な状態で生長することができず、

肝心の花蕾を着けることができるのかが謎になってしまいます。

 

それからさらに6日が経過して再び「茎ブロッコリー」の様子を観てみたところ、

株の先端がさらに横に傾くだけでなく主茎も斜めに傾いてしまい不安定な状態になってしまいました。

ペトさい(茎ブロッコリー)51

 

この状態ではさすがに何らかの処置を施さないといけない状態であり、

近くに寄って観てみたところ株の先端に密集している葉の数がさらに増えていることから

その重さがかさんで傾いてしまったことが分かりました。

ペトさい(茎ブロッコリー)52

 

とにかく、横に傾いている株を起こして真っ直ぐにする必要があるため、

本来は行う必要のない支柱を立てて真っ直ぐに起こした株を誘引して支えることにしました。

 

それでは、下記の道具を用意して支柱を立てて補強することにしましょう!!

 

★支柱立てに必要な道具★

支柱(75cm)×1、麻ヒモ、園芸用ハサミ

ペトさい(茎ブロッコリー)53

 

 

★支柱立ての手順★

ペトさい(茎ブロッコリー)54

'茎ブロッコリー'の周辺に「支柱」を垂直に立てます。

 

ペトさい(茎ブロッコリー)55

'茎ブロッコリー'の株元から3(cm)のところを「麻ヒモ」で誘引します。

 

ペトさい(茎ブロッコリー)56

続いて、手順2で誘引したところから上に10(cm)離れたところを

「麻ヒモ」で誘引して、支柱立ては完了となります。

 

※ 「麻ヒモ」で誘引する際、あまりキツくしないように固定して下さい。

 

ひとまず、支柱を立てて支えた「茎ブロッコリー」はなんとか真っ直ぐに起こすことができたのですが、

元から横に傾いてしまっている株を完全に真っ直ぐにすることができないのは仕方のないことであり、

今後の様子を観て判断するしかなさそうです。

ペトさい(茎ブロッコリー)57

ペトさい(茎ブロッコリー)58

 

横に傾いてしまった茎が少しでも矯正して真っ直ぐになってくれるといいのですが、

そう上手くいかないのが現実なのかもしれませんね。

 

最後に、「茎ブロッコリー」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「茎ブロッコリー」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

水やりを行う際には土面が乾いていたら霧吹きで水を吹き付けて

与えるようにしましょう。

ペトさい(茎ブロッコリー)59

 

 

★茎ブロッコリーの栽培データ★

ペトさい(茎ブロッコリー)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
25

[小ナス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ごちそうなす

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小ナス」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

オレ様にとって鬼門とされる「小ナス」'縦型ペットボトル鉢'に植え付けた後も元気よく生長し、

これまでのところ目立ったトラブルもなく育っていることから奇跡を感じ、ニンマリしてしまいました。

 

これからさらに勢い付いて育つことを考えますと違う意味で不安を感じてしまい、

今後どのようにして育てていけばよいのか考えてしまうのでした。

 

あれから9日が経過して栽培開始から92日目を迎えた「小ナス」ですが、

草丈がさらに10(cm)以上伸びていてカメラのアングルを変えないと納まらないほど大きく生長していました。

ペトさい(小ナス・改)37

 

近くに寄って観てみたところ、葉が大きくなっているようには感じなかったものの、

葉数は少し増えている程度で大きな生長は観られませんでした。

ペトさい(小ナス・改)38

 

それから5日が経過して再び「小ナス」の様子を観てみたところ、

草丈はさらに伸びて目測で40(cm)ほどの長さになっていました。

ペトさい(小ナス・改)39

 

しかし、ここにきて殆どの葉が食害に遭うようになりその痕跡が観られるようになりました。

ペトさい(小ナス・改)40

 

近くに寄って葉の様子をしらみ潰しに調べてみたところ食害の原因とされる要素が見当たらず、

害虫の姿もないことから葉の食害に対する不安が募りました。

 

株の先端には新たな葉が出てきているためできるだけ早くこの原因を解明したいと思います。

 

最後に、「小ナス」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「小ナス」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら実着きをよくする'リン酸系肥料'を2週間に1回与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・2日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後の水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(小ナス・改)41

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「小ナス」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★小ナスの栽培データ★

ペトさい(小ナス・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
24

[ミニ大根] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ころっ娘

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニ大根」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

再び新たな「ミニ大根」栽培に着手するべく播種を行い、これまでのところ順調に育っています。

 

生長の勢いに乗るように「ミニ大根」の根茎が肥大し始め、期待度が高まるのでした。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から67日目を迎えた「ミニ大根」ですが、

今まで通りに元気よく育っているものと思って様子を観てみたのですけども

あまりにも元気が良過ぎて草丈が目測で50(cm)近くまで伸びてしまい、まさかのトウ立ちしてしまいました。

ペトさい(ころっ娘・改)28

 

生長の勢いに乗って順調に育っているものと思っていた「ミニ大根」がトウ立ちしてしまい、

頭が真っ白になってしまいました。

 

トウ立ちしてしまった原因は色々と考えられるのですが、やはり気温が徐々に上がっている状況に加えて

日照時間も長くなってきていることが要因として考えられます。

 

このため、近くに寄って観てみますと主茎の先端には蕾を着けていてやや大きくなっていました。

ペトさい(ころっ娘・改)29

 

よって、トウ立ちが進んでしまった関係で根茎の方には土内の栄養素が行き渡らない状態となり、

根茎の太さは一週間前と変わりませんでした。

 

こうなってしまった以上、今回の栽培は失敗に終わってしまいましたので撤収したいところですが、

大きくなった蕾を持っていることから開花するのを見届けることにしました。

 

それから2日経過して再び「ミニ大根」の様子を観てみたところ、

草丈はさらに15(cm)ほど伸びトウ立ちが進行していました。

ペトさい(ころっ娘・改)30

 

そして、近くに寄って観てみますと大きくなった蕾から花がカワいらしく咲いていたのですが、

今回の栽培では当然ながら花を咲かせるために育てていなかったことに複雑な気持ちになりました。

ペトさい(ころっ娘・改)31

 

まだ花が満開というわけではありませんが、ひとまず開花したことを見届けましたので

今回の栽培はここでお開きとしました。

 

順調に育っていた「ミニ大根」がまさかのトウ立ちして花を咲かせるという結末を迎えるとは

思いませんでしたけど、このカリは必ず近いうちに返したいと思います。

 

最後に、「ミニ大根」の栽培データを以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニ大根」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

 

★ミニ大根の栽培データ★

ペトさい(ころっ娘・改)12

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
23

[メランポディウム] ブログ村キーワード:メランポディウム、ペットボトル栽培、黄色いお花

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「メランポディウム」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

昨年の栽培の教訓から育苗することなく花栽培用ペットボトル鉢に直蒔きして育てることにした

「メランポディウム」は生長のバラツキはあるにせよ葉が格段に大きくなり、

待望の花を咲かせることができました。

 

なんとか、開花させることができた「メランポディウム」ではあったのですが、再び葉の食害に遭い

見た目には美しく見えない残念な気持ちになるのでした。

 

あれから6日が経過して栽培開始からちょうど80日目を迎えた「メランポディウム」ですが、

小さな花を咲かせた状態のまま草丈が5(cm)ほど伸び葉も数を増やして格段に大きくなっていました。

ペトさい(メランポディウム・改)28

 

しかし、近くに寄って観てみますと食害の痕が葉や花びらにあって悲しい気持ちになりました。

 

それと同時に、何が原因でこのような被害に遭っているのかが分からない状況で

どのように対処したらよいのか悩んでしまいました。

 

それから9日が経過して再び「メランポディウム」の様子を観てみたところ、

花は咲きつつも、草丈がさらに数(cm)伸び葉も一回り大きくなっていました。

ペトさい(メランポディウム・改)29

 

未だに葉の食害は広がっていて深刻な状態になっているのですが、

その一方で開花しそうな新たな蕾が2つ着いているのを確認することができ、

少し嬉しくなりました。

 

しかしながら、食害が続いていることを考えますと複雑な気持ちになり、

素直には喜べないオレ様がいました。

 

本当に何が原因でこのような被害を受けているのかを知りたいし、

早期に解決してキレイに咲く姿を観てみたいものです。

 

最後に、「メランポディウム」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「メランポディウム」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

「メランポディウム」の水やりはこれからもジョウロで与えるようにしましょう!!

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(メランポディウム・改)30

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまいますので注意して行って下さい。

 

 

★メランポディウムの栽培データ★

ペトさい(メランポディウム・改)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker