FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
9/18 早くも「茎ブロッコリー」に花蕾を着けそうな気配を感じました!!
9/17 黄色く変色する「パセリ」が目立つようになりました!!
9/16 遂に、鬼門の「小ナス」を収穫することにしました!!
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
03月
09

[小カブ] ブログ村キーワード:小カブ、ペットボトル栽培、あやめ雪

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小カブ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さが続く中、簡易温室内でぬくぬくと生長を続ける「小カブ」

根茎がプックリと膨らみ順調に育っていたのですが、簡易温室内がサウナ状態と

なっていたことから葉が萎れてしまってグッタリとしていました。

 

なんとか、もう一度葉をシャキッとした張りのある状態に戻すため、

簡易温室から出して育てることにしたのでした。

 

あれから8日が経過して栽培開始から152日目を迎えた「小カブ」ですが、

簡易温室から出したことが功を奏したのか葉がシャキッとしていて

元気な姿に戻っていて、以前よりもさらにワサワサとしていました。

ペトさい(あやめ雪)54

 

また株元付近の様子を観てみたところ、根茎がさらに丸みを帯びていて

プックリと膨らむ姿がカワイらしく見え、この品種の特徴である淡い紫色の根茎が

とてもキレイに見えました。

 

8日前に簡易温室から屋外に出すまではここまで大きく育っていなかったのですが、

屋外に出してまもなくしてタイミングよく久々の雨が降り続いてくれたことにより

たくさんの水を与えることができ、そのおかげで萎れていた葉がシャキッと戻り

根茎の肥大も急速に進んだのではないかと思います。

 

8日前に追肥をした効果がすぐに表れるとは考えにくいのですが、

雨が降り続いたことにより追肥した'草木灰'の栄養素が土内に吸収されやすくなり

結果として根茎の肥大促進に繋がったのかもしれません。

 

いずれにせよ、根茎が目測で4(cm)程度の大きさに育っていましたので、

収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・根茎の大きさが4(cm)程で、葉が横に広がり見せた頃を目安に収穫する。

・根の周りの土を深さ5(cm)ほど掘り起こし、収穫しやすくする。

ペトさい(あやめ雪)55

 

今回の栽培では菜園初心者でも簡単に育てることができる「小カブ」

シンプルに育てることを目標にしていたため、簡単に育てることができる

「小カブ」栽培であっても緊張の連続でした(苦笑)。

 

それは我がペットボトル栽培において比較的容易に育てることができる野菜と

定義付けしている'ペットボトル野菜四天王'の中に「小カブ」が入っているからで、

どんな理由があろうとも失敗は許されないというプレッシャーがあったからでした。

 

今回の栽培では他の鉢で育てたものを含めて6株収穫することができましたので、

まずまずの出来だったと思います。

ペトさい(あやめ雪)56

 

これだけの「小カブ」を収穫できれば数品目のペトさい料理が作れそうですので、

これから何を作るか考えたいと思います。

 

最後に、「小カブ」の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「小カブ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

ここまで、「小カブ」栽培のお話をご覧頂きありがとうございました。

 

★小カブ・あやめ雪の栽培データ★

ペトさい(あやめ雪)10

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
26

[小カブ] ブログ村キーワード:小カブ、ペットボトル栽培、あやめ雪

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小カブ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

雪がちらつくほど寒い日が続くなか、我がペットボトル菜園の簡易温室内で

ぬくぬくと生長を続ける「小カブ」は一段と葉数を増やして大きくなり、

根茎のほうも目測で2(cm)以上の大きさになっていてカブらしく

ぷっくりと膨らんできました。

 

今のところ、順調に生長を続ける「小カブ」ですが、

その後の生長が気になって仕方がありません。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から137日目を迎えた「小カブ」ですが、

葉が少し萎れた状態になっているのは気になるところではありますけど

新たな葉が出てきて順調に育っていました。

ペトさい(あやめ雪)50

 

株元付近に寄って根茎の肥大具合を観てみたところ、

さらに数(mm)大きくなっていて根茎の色もキレイな薄紫色に変わっていました。

 

「小カブ」が着実に膨らんできていることを踏まえますと

鉢内の土の栄養分が不足する恐れがありますし、これからもっと大きく

育ってもらうためにも根の生育を促す'草木灰'を一摘み与えておきました。

ペトさい(あやめ雪)51

 

'草木灰'は遅効性の有機肥料ですのですぐには効果が現れるものではありませんが、

いずれ大事なときに「小カブ」が飛躍的に生長してくれることを期待して

与えてあげました。

 

それからさらに一週間が経過して再び「小カブ」の様子を観てみたところ、

またしても葉が萎れた状態になっていて元気がなさそうに見えてしまいました。

ペトさい(あやめ雪)52

 

しかし、近くに寄って観てみますと新たな葉が出てきていて、

根茎のほうもさらに一回り大きくなっていて生長するところは

しっかりと育っていました。

 

葉がここまで萎れてしまっているのはけして水を与えていないわけではなく、

簡易温室内でぬくぬくと育てていたからなのです。

 

つまり、ここ最近春の陽気を時折感じられるようになったことで

簡易温室内がサウナ状態となってしまっていることから

「小カブ」に定期的に水を与えても葉が萎れた状態になってしまうのでした。

 

オレ様としてはシャキッとした「小カブ」の姿を観たいですので、

これからはたとえ寒さが戻ってきたとしても簡易温室から出して

育てることにしたいと思います。

 

最後に、「小カブ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇き切っているのを

確認してからジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(あやめ雪)53

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★小カブ・あやめ雪の栽培データ★

ペトさい(あやめ雪)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
15

[小カブ] ブログ村キーワード:小カブ、ペットボトル栽培、あやめ雪

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小カブ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さの中、ペットボトル菜園の簡易温室内でぬくぬくと生長を続ける

「小カブ」は追肥の効果を待つまでの間に葉がより張りが出てきて大きくなり、

根茎の肥大も少しずつ進むようになって順調に育っていました。

 

今のところ、目立ったトラブルもなく生長を続けている「小カブ」は

現在のペットボトル菜園で栽培している作物の中でも1、2位を争うほど

期待度ですので、気を引き締めて育てつつもその後の生長が気になります。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から116日目を迎えた「小カブ」ですが、

段と葉数が増えて大きくなり順調に育っていました。

ペトさい(あやめ雪)46

 

近くに寄って観てみますと根茎がさらに太くなっていて目測で15(mm)程の太さ

ほんのり薄紫色に色付いていました。

 

さらに一週間が経過して再び「小カブ」の様子を観てみたところ、

簡易温室内が少し蒸れていたこともあって葉は少し萎れていましたが、

それでもどの葉も大きく育っていて絶好調ぶりはキープしていました。

ペトさい(あやめ雪)47

 

この日の根茎を観てみたところ、さらに5(mm)ほど太くなっていて、

ほんのり色付いていた薄紫色がより濃くなっていました。

 

このぐらいの色の付き方を観ますと今回育てている「小カブ」の品種の特徴が

鮮明になり、収穫までのリミットが迫ってきたように感じました。

 

それからさらに一週間が経過して「小カブ」の様子を観てみたところ、

萎れていた葉はすっかり元に戻りさらに数を増やして大きくなっていました。

ペトさい(あやめ雪)48

 

順調に生長を続ける「小カブ」がこのくらいのことでダメになるとは

思っていませんでしたので、流石です。

 

そして、一番気になる根茎の様子ですが、一気に2倍近いに太さになっていて

ぷっくりと膨らむ姿がなんとも愛しく感じました。

 

ただ一つ気になるのは根茎全体が淡い紫色に色付いていることで、

今後この色の付き方がどのように変わってくるのかを観てみたいと思います。

 

いずれにせよ、着実に収穫へのゴールが近付いているのが観て分かり、

「小カブ」の生長の期待度はさらに高まりました。

 

最後に、「小カブ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇き切っているのを

確認してからジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(あやめ雪)49

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★小カブ・あやめ雪の栽培データ★

ペトさい(あやめ雪)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
02

[小カブ] ブログ村キーワード:小カブ、ペットボトル栽培、あやめ雪

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小カブ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さが続くペットボトル菜園では今日も簡易温室内で

「小カブ」が元気に育っております。

 

これまでのところ、順調に葉数を増やしながら葉が大きくなる一方で

ようやく根茎の肥大が確認できるようになり、追肥を行って

様子を観ることになりました。

 

与えた肥料は遅効性の有機肥料のため直ぐに効果を現すことはありませんが、

安定した生長を見せている「小カブ」でしたらさらなる生長を期待できます。

 

早速、その後の「小カブ」の生長を観てみることにしましょう!!

 

あれから一週間が経過して栽培開始から102日目を迎えた「小カブ」ですが、

簡易温室内で育てていることもあり葉がより大きくなり張りもあって

元気に生長していました。

ペトさい(あやめ雪)43

 

また、葉が大きくなる一方で株元の根茎を観てみたところ、

ハッキリと分かるくらいに肥大していました。

 

この根茎は目測で1(cm)弱の太さはあるように感じられ、これからの生長が

楽しみでなりません。

 

さらに一週間が経過して再び「小カブ」の様子を観てみたところ、

葉が一段と大きくなっていて葉数も増えているように感じられて

順調に育っていることにニンマリしてしまいました。

ペトさい(あやめ雪)44

 

安定感抜群の「小カブ」は今やペットボトル菜園で育てている野菜中でも

コンスタントに生長していることから安心して育てることが

できているのが嬉しいです。

 

そんな「小カブ」の根茎を観てみますとさらに肥大は進んでいて、

目測で12(mm)ほどの太さがあって少しプックリしてきたように感じました。

 

葉だけでなく根茎の肥大も順調に進んでいる「小カブ」は文句の付け所がないほど

順調に育っていて、逆に怖さを感じてしまいました。

 

収穫するまで何が起きるか分かりませんので、油断することなく

気を引き締めて育てていきたいと思う今日この頃です。

 

最後に、「小カブ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇き切っているのを

確認してからジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(あやめ雪)45

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★小カブ・あやめ雪の栽培データ★

ペトさい(あやめ雪)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
01月
17

[小カブ] ブログ村キーワード:小カブ、ペットボトル栽培、あやめ雪

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小カブ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さに耐えながらも元気よく生長を続ける「小カブ」ですが、

栽培日数的にも根の肥大が始まってもよさそうな時期になっているにも関わらず、

その気配を感じずにもどかしさを感じております。

 

株元付近の根茎を観てみても肥大している様子はなく、

いつになったら肥大が始まるのでしょうか?

 

あれから6日が経過して栽培開始から88日目を迎えた「小カブ」ですが、

一段と寒さが厳しさを増しているなか葉が大きくなっていて元気に育っていました。

ペトさい(あやめ雪)39

 

近くに寄って観てみたところ小さな葉が新たに出てきていて、

根茎も少し太くなっているように感じました。

 

完全に肥大していると言えるかどうかはまだ分からないレベルですが、

雰囲気的に新たなステージに突入したように感じました。

 

それから一週間が経過して再び「小カブ」の様子を観てみますと、

凍えるほど冷え込んでいるにも関わらず葉が大きくなるだけでなく張りもあって

元気に生長を続けていました。

ペトさい(あやめ雪)40

 

葉はまだまだ数を増やして大きくなる気配を感じるのですが、

肝心の根茎のほうはパッとしないためもどかしさを感じていました。

 

ところが、この日に根茎をよく観てみますと目測でも5(mm)ほどの太さ

肥大しているのを確認することができ、少しホッとしました。

 

まだ極僅かな太さしかありませんが、これからじっくり時間をかけて

根茎がプックリと膨らんでもらうことに期待を込めて根の生育を促進させる

'草木灰'を一摘み与えておきました。

ペトさい(あやめ雪)41

 

'草木灰'は遅効性の有機肥料のためすぐに効果を表しませんが、

根の肥大が少しでも早く進んでくれることに期待して見守りたいと思います。

 

最後に、「小カブ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇き切っているのを

確認してからジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(あやめ雪)42

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★小カブ・あやめ雪の栽培データ★

ペトさい(あやめ雪)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
27

[小カブ] ブログ村キーワード:小カブ、ペットボトル栽培、あやめ雪

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小カブ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

2回目の間引き後に遭った食害が謎を残したまま収束してしまったことは

少し気がかりなところではありますが、今は簡易温室に入れて

順調に育っていることもあり安心して観ていることができる「小カブ」

 

日が経つにつれて葉が大きくなっているのですが、

肥大する気配は全く感じることができないため少し心配になる今日この頃です。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から74日目を迎えた「小カブ」ですが、

さらに葉が大きくなっていて葉数も少し増えているように感じられ

順調に育っていました。

ペトさい(あやめ雪)36

 

ただ、株元付近を観てみても根茎が太くなっているようには感じられず

まだ根の肥大は始まっているようには思えませんでした。

 

ところが、さらに8日が経過して再び「小カブ」の様子を観てみたところ、

葉が格段に大きくなっていて株元からも新たな葉が出ていて

雰囲気的に今までの生長の仕方とは変わってきたように感じました。

ペトさい(あやめ雪)37

 

単純に葉が大きくなっただけならさほどの生長の変化に驚く必要はないのですが、

株元付近の根茎を観てみますと少し太くなっているように感じたのです。

 

もしかしたらオレ様の気のせいかもしれないのですが、

一時的に簡易温室に入れてみて根茎の太さに変化が現れるのか

観てみたいと思います。

 

最後に、「小カブ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇き切っているのを

確認してからジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(あやめ雪)38

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★小カブ・あやめ雪の栽培データ★

ペトさい(あやめ雪)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
15

[小カブ] ブログ村キーワード:小カブ、ペットボトル栽培、あやめ雪

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小カブ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

二回目の間引きを終えた直後に葉の食害が確認され、一時は「小カブ」の天敵である

アブラ虫が発生したのかと警戒していましたが、その一週間後には

これ以上の食害に遭うことはなくなり、葉が大きくなってきたことから

最後の間引きを行いました。

 

その後、「小カブ」は間引き作業を行った後に追肥を行い、育苗用LEDと

温室用ヒーターを設置した簡易温室に入れて静かに見守ることにしたのでした。

 

あれから6日が経過して栽培開始から60日目を迎えた「小カブ」ですが、

簡易温室に入れて育てているからなのか葉が一回り大きくなり

6日前に間引いた時よりも葉に張りがあって元気に育っていました。

ペトさい(あやめ雪)33

 

元気に育ってくれていることは大変喜ばしいことではあるものの、

株元付近を観てみてもまだ肥大する気配を感じないのは残念です。

 

さらに一週間が経過して再び「小カブ」の様子を観ますと、

葉が数を増やして大きくなっていて一段と元気に育っているように感じました。

ペトさい(あやめ雪)34

 

日に日に寒さが厳しくなってきている中で元気に育ってくれているのは

設備の整った簡易温室に入れている効果の現れであると思うのですけど、

この日も肥大している様子を確認することができないのは気になります。

 

今のところ、順調に育っている「小カブ」ですので、

一日も早く肥大する気配だけでも見せてもらいたいと思う今日この頃です。

 

最後に、「小カブ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇き切っているのを

確認してからジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(あやめ雪)35

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★小カブ・あやめ雪の栽培データ★

ペトさい(あやめ雪)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
05

[小カブ] ブログ村キーワード:小カブ、ペットボトル栽培、あやめ雪

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小カブ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

ひとまず、二回目の間引きを終えてその後も順調に生長を続ける

「小カブ」でしたが、ここに来て何者かによる葉の食害に遭うようになりました。

 

葉の食害というとアブラナ科の野菜の天敵であるアブラ虫を想像するのですが、

今のところはその姿を確認できていないためしばらくの間は

注意深く様子を観ることにするのでした。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から54日目を迎えた「小カブ」ですが、

草丈が少し伸びて葉も数を増やして大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(あやめ雪)28

 

近くに寄って観てみたところ、新たに食害に遭った葉は確認することができず

葉の食害に遭わなかったことは良くても食害に遭わせた者の正体が

分からないことは不安でたまりません。

 

何はともあれ、「小カブ」がこれ以上の被害に遭っていないことは

喜ばしいことです。

 

順調に育つ「小カブ」はよく観てみますと一株に本葉が5~6枚着けており、

株同士の葉が触れ合うようになっていました。

 

このため、「小カブ」をさらに大きく育てるためには生育のよい株を残して

もう一方の株を間引く必要がありますので、株の小さそうな芽を間引きました。

 

★3回目の間引きのポイント★

・本葉が5~6枚出てきて込み合ってきた頃を目安に行うこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘み、やさしく引き抜くこと。

ペトさい(あやめ雪)29

 

間引いた芽は結構な大きさがあることからペトさい料理に使いたいと思います。

 

いよいよ、最後の間引きを終えた「小カブ」は一株を残して根を肥大させるように

大事に育てることになります。

 

このことから、まだ肥大が始まっている様子は観られませんが、

今後の生長に期待して葉の生長を促す'発酵油かす'と根の生長を促進させる

'草木灰'を一摘まみずつ与えました。

ペトさい(あやめ雪)30

 

ここ最近、一段と寒さが厳しくなってきたように感じることから

育苗用LEDと温室用ヒーターを設置した簡易温室に入れて育てることにします。

ペトさい(あやめ雪)31

 

最後に、「小カブ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇き切っているのを

確認してからジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(あやめ雪)32

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★小カブ・あやめ雪の栽培データ★

ペトさい(あやめ雪)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
11月
23

[小カブ] ブログ村キーワード:小カブ、ペットボトル栽培、あやめ雪

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小カブ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

大分安定してきた「小カブ」は順調に葉数を増やしながら生長を続け、

二回目の間引きを行うことができました。

 

三回目の間引きでは二株の内のどちらかを間引かなくてはならず、

気温の方が大分下がってきていることを踏まえますと

どの程度まで大きく育ってくれるのかが大変興味深いものになりそうです。

 

あれから4日が経過して栽培開始から39日目を迎えた「小カブ」ですが、

さすがに日がそれほど経っていないので生長の変化はないだろうと思いきや

葉が一回り大きくなっていて順調に育っていることに驚きました。

ペトさい(あやめ雪)25

 

ただ、簡易温室に入れて育てているにも関わらず一部の葉が食害に遭ったような

痕跡が観られ、アブラナ科の野菜にとっては天敵であるアブラ虫が

発生しているのかなと思いました。

 

それから8日が経過して再び「小カブ」の様子を観てみたところ、

葉数が倍近くに増えていて青々として元気そうに育っていました。

ペトさい(あやめ雪)26

 

本当に安定した生長が観られる「小カブ」ではありますが、

近くに寄って観てみますとやはり別の葉にも食害の痕跡があり、

何者かが「小カブ」の影に潜んでいるように感じました。

 

今のところ、アブラ虫の姿や発生を確認していないため、

しばらくの間は注意深く様子を観たいと思います。

 

最後に、「小カブ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉5~6枚になったら、生育の良さそうな芽を一株残して

 その他の芽は全て間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇き切っているのを

確認してからジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(あやめ雪)27

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★小カブ・あやめ雪の栽培データ★

ペトさい(あやめ雪)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
11月
13

[小カブ] ブログ村キーワード:小カブ、ペットボトル栽培、あやめ雪

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小カブ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

一時は徒長してしまいどうなることかと思った「小カブ」でしたが、

ここに来て日照時間が長くなったことから徒長することなく本葉が大きくなり、

安定した生長が観られるようになってきました。

 

しかしながら、スッキリしない天気は続いていることから徒長する恐れは

まだあることから油断はできません。

 

あれから10日が経過して栽培開始から35日目を迎えた「小カブ」ですが、

徒長することなく本葉の数を増やして大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(あやめ雪)21

 

やはり、大分「小カブ」の生長が安定してきたように感じられ、

本葉の数も一株に2~3枚着けていて少し込み合ってきていました。

それぞれの芽が大きくなって込み合ってしまうと徒長する恐れがあるため、

株間を開けて通気をよくすることが望ましいことから生育のよい芽を二株残して

その他の芽は全て間引くことにしました。

 

★2回目の間引きのポイント★

・本葉が3~4枚出てきて込み合ってきた頃を目安に行うこと。

・本来は間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘んでやさしく引き抜くこと。

ペトさい(あやめ雪)22

 

今回で二度目の間引きを行った「小カブ」ですが、

前回に比べると芽が大きくなっていることから間引き菜として

ちょっとした料理に使えそうです。

 

ひとまず、株間を5(cm)ほど開けた「小カブ」ですが、

まだしっかりと根付いていない芽が所々で見られました。

ペトさい(あやめ雪)23

 

またここ最近は朝晩の気温が低くなっていることもありますので、

簡易温室に入れて育てることにしました。

 

これであれば風の抵抗を受けることはなく朝晩の冷え込みも防げることから、

三回目の間引きまでにどの程度まで大きく生長しているのか楽しみです。

 

最後に、「小カブ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉5~6枚になったら、生育の良さそうな芽を一株残して

 その他の芽は全て間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇き切っているのを

確認してからジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(あやめ雪)24

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★小カブ・あやめ雪の栽培データ★

ペトさい(あやめ雪)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker