FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
9/18 早くも「茎ブロッコリー」に花蕾を着けそうな気配を感じました!!
9/17 黄色く変色する「パセリ」が目立つようになりました!!
9/16 遂に、鬼門の「小ナス」を収穫することにしました!!
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
09月
12

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも注目されることなく生長を続けている「ピーマン」は葉の食害に遭いながらも草丈を伸ばし

葉も数を増やして大きくなってきたことから'縦型ペットボトル鉢'に植え付けたのですが、

想像していたよりも勢いよく生長していました。

 

植え付けてまだ間もないためしっかりと根付くには時間がかかると思うのですが、

いい感じに生長を続けているため、この勢いを維持しつつ育ってもらいたいものです。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から155日目を迎えた「ピーマン」ですが、

草丈が5(cm)近く伸び葉は格段に数を増やして大きくなり、順調に育っていました。

ペトさい(ピーマン)47

 

近くに寄って観てみますと脇芽が伸びて新たな葉をたくさん着けていることに気付き、

まだしっかりと根付いていない中でもいい感じに育っていることにニンマリしてしまいました。

 

さらに一週間が経過して再び「ピーマン」の様子を観てみたところ、

草丈がさらに伸びていて葉も数を増やして大きくなっていて生長の勢いに乗っているように感じました。

ペトさい(ピーマン)48

 

近くに寄って観てみますと一段と脇芽が伸びて新たな葉を着けていることが分かり、

目を凝らして観てみると蕾らしきものを着けていることから実を着けることに期待してしまいました。

 

また草丈は目測で30(cm)近くの長さがあり、これからもさらに伸びていくことを考えますと

支柱を立てて補強したほうが風の抵抗を防ぐことができるように感じますね。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら実着きをよくする'リン酸系肥料'を2週間に1回与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・2日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後の水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(ピーマン)49

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ピーマン」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
09月
06

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも注目されることなく生長を続けている「ピーマン」は一部の葉が食害に遭いながらも

草丈をぐんぐんと伸ばして葉も数を増やして大きくなってきたことから'縦型ペットボトル鉢'

植え付けることにしました。

 

「ピーマン」は萎れることなく無事に植え付けることができたことから、

今後も元気に育ってくれそうな感じがしました。

 

あれから6日が経過して栽培開始から141日目を迎えた「ピーマン」ですが、

草丈は殆ど伸びていませんでしたけども葉の方は少し数を増やして大きく育っていました。

ペトさい(ピーマン)44

 

まだ植え付けて間もないことからしっかりと根付いていないこともあって

草丈の方は殆ど変わらない状態でしたけども、葉のほうが順調に育っているのを観てホッとしました。

 

それから一週間が経過して再び「ピーマン」の様子を観てみたところ、

草丈が少し伸び葉も数を増やして大きくなっていて元気よく育っていました。

ペトさい(ピーマン)45

 

株元付近を観た感触ではまだしっかりと根付いていないように感じたのですが、

それでも、脇芽が伸びて葉数を増やしているところを観ると順調に育っているように思いました。

 

これからの生長に期待して見守りたいと思います。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら実着きをよくする'リン酸系肥料'を2週間に1回与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・2日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後の水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(ピーマン)46

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ピーマン」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
08月
27

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも注目されることなく生長を続けている「ピーマン」はようやく生長のエンジンが掛かり出したのか

草丈をぐんぐんと伸ばして葉も数を増やして大きくなり、元気よく育っていました。

 

順調に育っているとは言っても育苗期間が長いことからけして順風満帆というわけではなく、

ここにきて葉数を増やして大きくなっている葉の一部が食害に遭っていることから

安心して生長しているのを見守ることができずにいるのでした。

 

あれから8日が経過して栽培開始から135日目を迎えた「ピーマン」ですが、

草丈が一段と伸びて目測で1213(cm)ほどの長さがあり葉も一回り大きくなって元気よく育っていました。

ペトさい(ピーマン)36

 

近くに寄って観てみたところ一部の葉にはまだ食害の痕跡が残っていて、

その状態が少し進行しているように感じました。

 

しかしながら、株の大きさ的には植え付けても問題なさそうな大きさに生長していることから

長い育苗期間はここで終了して'縦型ペットボトル鉢'植え付けることにしました。

 

★植え付けのポイント★

・草丈が1213(cm)に伸び、本葉が7~8枚着いた頃を目安に行う。

・植え付ける鉢は深さのあるものを用いること。

 

 

★植え付け作業に必要な道具★

苗を植え付ける際に必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意下さい。

 

育苗したピーマンの苗、縦型ペットボトル鉢、

粒状培養土、移植ゴテ、ジョウロ

ペトさい(ピーマン)37

 

 

★植え付け作業手順★

ペトさい(ピーマン)38

'縦型ペットボトル鉢'に「粒状培養土」を入れます。

 

粒状培養土は鉢の縁から7(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

ペトさい(ピーマン)39

育苗した「ピーマンの苗」を'育苗用ペットボトル鉢'から取り出します。

 

「ピーマンの苗」を取り出す際は株や根を傷めないようするため、

苗の株元を人差し指と中指で挟み苗があるほうを下にして取り出します。

 

ペトさい(ピーマン)40

'ピーマンの苗''縦型ペットボトル鉢'の中央に配置し、

その周辺に「粒状培養土」を入れて土と根鉢を密着させます。

 

ペトさい(ピーマン)41

'ピーマンの苗'が萎れないように「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて、

植え付け作業は完了となります。

 

比較的涼しい時間帯に植え付けたこともあり、植え付けた「ピーマン」は萎れることなく

元気に育ってくれそうな感じがしました。

ペトさい(ピーマン)42

 

育苗期間が長かったこともあり新しい環境に慣れるのには時間が掛かりそうですが、

しばらくの間は風通しのよい場所に置いて育てるようにしたいと思います。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら実着きをよくする'リン酸系肥料'を2週間に1回与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・2日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後の水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(ピーマン)43

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ピーマン」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
08月
20

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも注目されることなく生長を続けている「ピーマン」はようやく生長のエンジンが掛かり出したのか

草丈をぐんぐんと伸ばして葉も数を増やして大きくなり、元気よく育っていました。

 

誰にも注目されていないのが残念な限りではありますが()、育苗期間としては長いことから

けして順風満帆というわけではないのですけど、今は「ピーマン」の生長を静かに見守りたいと思います。

 

あれから6日が経過して栽培開始からちょうど120日目を迎えた「ピーマン」ですが、

草丈がさらに2(cm)近く伸びて葉も数を増やして大きくなっていて元気よく育っていました。

ペトさい(ピーマン)33

 

しかし、どの葉を観ても食害に遭っている痕跡があり、けして順調に育っているわけではありませんでした。

 

さらに一週間が経過して再び「ピーマン」の様子を観てみたところ、

草丈がさらに伸びて葉も一回り大きく育っていました。

ペトさい(ピーマン)34

 

元気よく育っているように見える「ピーマン」ではありますが、

葉の食害が一部に観られることから安心して育てることができないのが不安でなりません。

 

とはいうものの、新たに出てきている葉については食害に遭っておらず、

張りもあって元気に育ってくれそうな気配を感じます。

 

株の大きさ的に観ても植え付けても良さそうな大きさに育っているように感じることから

葉の状態を含めてもう少しだけ様子を観てみて大きめの鉢に植え付けたいと思います。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が7~8枚になったら大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ピーマン」の水やりは様子を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ピーマン)35

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
08月
07

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも注目されることなく生長を続けている「ピーマン」は間引いた後もマイペースな生長を続け、

新たな葉が出てきたと思ったら既存の葉が黄色く変色して枯れ落ちる状態が続いていることから

けして順調に育っていると言える状況ではありませんでした。

 

このため、この状況がさらに続くようなことがあればこの栽培を打ち切って撤収するつもりでいたのですが、

危機感を持っていたのか突然生長の軌道に乗り始めたかのように草丈を伸ばし葉が数を増やして大きくなり、

見違えるような生長に驚いてしまいました。

 

この生長は本物なのかはこれからの生長を観て判断することになりそうです。

 

あれから6日が経過して栽培開始からちょうど100日目を迎えた「ピーマン」ですが、

育苗期間としてはあまりにも長過ぎるように感じたのですけど、ようやく生長のエンジンが掛かりだし

草丈がさらに少し伸びて葉も数を増やして大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(ピーマン)29

 

これまでも葉が数を増やして大きくなることはありましたが、以前とは違って葉が枯れ落ちることなく

しっかりと生長していて安心して観ていることができるようになりました。

 

さらに9日が経過して再び「ピーマン」の様子を観てみたところ、

草丈がさらに15(mm)近く伸びていて葉も数を増やして大きくなっており順調に生長を続けていました。

ペトさい(ピーマン)30

 

確実に大きく生長を遂げている「ピーマン」はようやく生長の軌道に乗ることができたようで、

これからの生長が楽しみになってきました。

 

そして、さらに5日が経過して「ピーマン」の様子を観てみますと、

草丈がさらに伸びて葉も一段と数を増やして大きくなり元気に育っていました。

ペトさい(ピーマン)31

 

葉色も濃い緑色をしており張りもあって元気に育っている様子を見ていると安心して育てることができ、

育苗期間が長いのは目を瞑るとしてもようやく大きく育ってきた「ピーマン」はもう少し大きく育ってきたら

大きめの鉢に植え付けることも考えないといけないと思いました。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が7~8枚になったら大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ピーマン」の水やりは様子を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ピーマン)32

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
18

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも注目されることなく生長を続けている「ピーマン」は間引いた後もマイペースな生長を続け、

新たな葉が出てきたと思ったら既存の葉が黄色く変色して枯れ落ちる状態が続いていることから

けして順調に育っていると言える状況ではありませんでした。

 

このため、この状態がさらに続くようなことがあればこの栽培を中断せざるを得ないかもしれません。

 

できるだけそのような結末を迎えることがないことを願うところです。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から85日目を迎えた「ピーマン」ですが、

草丈はさほど伸びたようには感じないものの葉の方が一回り大きくなっていて、

今までとは少し違う生長を見せるようになっていました。

ペトさい(ピーマン)26

 

近くに寄って観てみたところ、既存の葉は2枚着けていてそれが大きくなっていたのですが、

これらの葉の間から新たな葉がカワイらしく出ていました。

 

また、これまでとは違って黄色く変色した葉は1枚もなく青々としていましたので、

これらがよほどのことがない限りは黄色く変色するようなことはないと感じました。

 

それからさらに9日が経過して再び「ピーマン」の様子を観てみたところ、

草丈が少し伸び葉がさらに大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(ピーマン)27

 

近くに寄って観てみますと、変色している葉は1枚も見当たらず既存の葉が一回り大きくなっていて

さらに新たな葉が出てきていて、ようやく生長の軌道に乗り始めたように感じました。

 

以前までのような生長を繰り返していたならこの栽培を中断して育苗中の「ピーマン」の芽を

撤収するつもりでいたのですが、大きく育っているのを観たらニンマリしながら育てていこうという

気持ちになり、時期的には遅れているのは承知しながらも意地でも立派な苗に育てた暁には

大きめの鉢に植え付けて「ピーマン」を収穫したいと思いました。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が7~8枚になったら大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ピーマン」の水やりは様子を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ピーマン)28

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
06月
18

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも注目されることなく生長を続ける「ピーマン」はある程度の大きさの芽に生長したことから

その後の生長を期待しつつ一株だけ残して間引きました。

 

間引いたことにより少しは進展を見せてくれることを期待した「ピーマン」でしたが、

草丈は思っていたほど伸びず葉も数を増やすどころか大きくなる様子が感じられず、

生長の変化が殆ど観られませんでした。

 

「ピーマン」はこれから生長の兆しを見せてくれるのでしょうか?

 

あれから一週間が経過して栽培開始から71日目を迎えた「ピーマン」ですが、

草丈は若干伸びていたものの葉のほうは殆ど数を増やすことがなければ大きくなることもなく

生長の変化が観られませんでした。

ペトさい(ピーマン)23

 

近くに寄って観てみたところ新たな葉を着けているのを確認できたのですが、

一部の葉の色が黄色く変色していてあまりいい状態とは言えませんでした。

 

この状態で生長を続けるといずれはそれらの葉が 枯れ落ちてしまうように感じられ、

かなり不安な状況に陥りそうです。

 

さらに一週間が経過して再び「ピーマン」の様子を観てみたところ、

草丈は殆ど伸びておらず葉は数を減らしてしまい、黄色く変色した葉が増えていました。

ペトさい(ピーマン)24

 

近くに寄って観てみますと一週間前に比べると葉が一回り大きくなっていたのですが、

これらの葉も黄色く変色していてさらにその数を減らしそうな気配を感じました。

 

しかし、既存の葉は状態がよくなくてもそれに代わるように新たな葉が出てきていますので、

今は悲観的にならずに「ピーマン」の生長を見守ることにしたいと思います。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が7~8枚になったら大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ピーマン」の水やりは様子を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ピーマン)25

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
06月
08

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰から期待されていない存在の「ピーマン」は気兼ねなく順調に生長を続け、

それぞれの芽が大きくなり葉が触れ合うようになったことから生育の良さそうな芽を

一株だけ残すようにしてその他の芽を間引きました。

 

芽が大きくなったとは言ってもまだ小さいため間引いて一株だけ残された芽は

どことなく寂しさを感じます。

 

少しでも大きく生長して早くも立派な苗に育ってもらいたいものです。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から57日目を迎えた「ピーマン」ですが、

草丈は殆ど伸びていないものの本葉の方は一枚増えて地味な生長を見せていました。

ペトさい(ピーマン)20

 

間引いてから気温が上がってきていることもあってもう少し大きくなってもよさそうなのですが、

期待した通りには生長してくれないことにもどかしさを感じてしまいました。

 

それからさらに一週間が経過して再び「ピーマン」の様子を観てみたところ、

草丈は少し伸びていたのですが、葉の生長は殆ど変わっていませんでした。

ペトさい(ピーマン)21

 

一週間前に黄色く変色していた葉の一枚がなくなり新たに出てきた葉が一枚増え、

葉の枚数的には変わっていないのですが、既存の葉が大きくなっていないことが少し不安を感じさせ、

本当に大きく生長するのか分からなくなってきました。

 

2週間前に間引いたことが「ピーマン」の生長に影響を及ぼしてしまっているとするならば

飛躍的に生長する姿を見せてほしいものです。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が7~8枚になったら大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ピーマン」の水やりは様子を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ピーマン)22

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
05月
25

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも見向きもされない寂しい存在の「ピーマン」は気兼ねなく元気に生長を続け、

栽培から一ヶ月以上が経過して草丈が3(cm)近く伸び本葉も4~5枚位着けており、

順調に育っていました。

 

これからも周りからは注目されずに生長を続けるであろう「ピーマン」は元気よく育ってくれそうな気がします。

 

あれから一週間が経過して栽培開始からちょうど50日目を迎えた「ピーマン」ですが、

草丈は少し伸び葉の方は一回り大きくなっていました。

ペトさい(ピーマン)16

 

しかし、一部の葉については黄色く変色しており枯れているように見えたのですが、

これらのはいずれも双葉が枯れているためさほど心配することはなさそうです。

 

一週間前に比べると葉が大きくなったことにより少し混み合っているように感じるため、

このまま放置しても今後の「ピーマン」の生長によくないことから生育の良さそうな芽を

株だけ残すようにして他の株を全て間引くことにしました。

 

★間引きのポイント★

・本葉が4~5枚に増え、混み合ってきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

ペトさい(ピーマン)17

 

一株だけ残すようにして間引いた「ピーマン」は少し殺風景で寂しく感じてしまいましたが、

ようやく一株だけ残して育てることになることから鉢内の土の栄養素を独占することができるため

これからの生長に期待が高まります。

ペトさい(ピーマン)18

 

これから気温がさらに上がってきますので水やりの管理に注意しつつ、

「ピーマン」の生長を見守りたいと思います。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が7~8枚になったら大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ピーマン」の水やりは様子を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ピーマン)19

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
05月
15

[ピーマン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、埼玉早生

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ピーマン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

誰からも注目されていない影の薄い「ピーマン」は期待されていないこともあってスクスクと生長を続け、

双葉が開くのに少し日数がかかった以外では順調に葉数を増やして大きく育っていました。

 

既に数枚出ている本葉は双葉と同程度の大きさに育っており、私はこのピーマンの生長に期待しています。

 

あれから8日が経過して栽培開始から37日目を迎えた「ピーマン」ですが、

草丈は数(mm)伸びる程度ではあるものの本葉の方は順調に数を増やして大きく育っていました。

ペトさい(ピーマン)13

 

やはり、誰からも注目されてないこともあり、のびのびと育っているのかもしれません()

 

それから6日が経過して再び「ピーマン」の様子を観てみたところ、

草丈がさらに少し伸びていて葉も数を増やして大きく育っていました。

ペトさい(ピーマン)14

 

しかし、ここに来てそれぞれの芽が大きくなってきたこともあって、鉢内の土の栄養素の供給が

上手くできていないようで一部の葉が黄色く変色していたのです。

 

もしかすると、鉢内の土の栄養素が不足している恐れがあるため追肥をするか、もしくは、

「ピーマン」の芽が大きくなってきましたので一度間引きをした方がよいのか考えたいと思います。

 

最後に、「ピーマン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ピーマン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が7~8枚になったら大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ピーマン」の水やりは様子を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ピーマン)15

 

 

★ピーマンの栽培データ★

ペトさい(ピーマン)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii
最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker