FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
12/11 今日の雪見だいふく(19)
12/10 「ミニ大根」の芽を間引きました!!
12/ 9 冷え込む「パセリ」には防寒対策を考えないとダメですね!!
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ
10月
26

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫した野菜を使った料理

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作ってきましたが、

手前味噌ではありながらも自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」企画。

 

ご紹介する今回の料理は'ベビーキャロット'を使った料理になります。

 

'ベビーキャロット'を使った料理は色々とありますので何を作ろうか迷ってしまいましたが、

収穫できた'ベビーキャロット'の間引き菜と'ベビーキャロット'の量と相談する形で

3品の料理を作りました。

 

'ベビーキャロット'では2回の間引きを行いながら収穫するまで育てたこともあり、

収穫した'ベビーキャロット'と併せて間引き菜を使った料理を3品作りました。

 

'ベビーキャロット'は思っていたよりも順調に育てることができて、料理を作るには十分の大きさと量で

どのような料理を作るかで迷ってしまいました。

収穫したベビキャロ01

 

それでは、どのような料理を作ったのかをご紹介したいと思います。

 

まず一品目は間引き菜を使って「オレ流天ぷらそば」を作りました。

ベビキャロ料理01

 

'ベビーキャロット'の間引き菜の存在感を出すためにどうするべきかを考えた時にすぐ思い付いたのが

かき揚げでして、かき揚げだけ作ってもビジュアル的にパッとしないと思い、

天汁を作って茹でたおそばの上に天ぷらを乗せればいいかなと思って作りました。

 

ビジュアルを意識した割には歪な形をした天ぷらになってしまいましたが、

揚げたてサクサクの天ぷらは美味しく頂くことができました。

 

続いて、二品目の料理は「オレ流シンプルなチーズシチュー」を作りました。

ベビキャロ料理02

 

収穫した時期的にも少し肌寒さを感じていたことから暖かいものを食べたいなと思っていたところ、

偶然にも、茎ブロッコリーの間引き菜を収穫したことからこれをトッピングしてみました。

 

このシチューに入れた'ベビーキャロット'は思っていたよりも甘くてシチューに合っているように感じ、

ベストチョイスだったなと思いました。

 

最後の一品ですが、和食と洋食を作りましたので中華に使いたいと思い、

「オレ流レバニラ炒め」を作りました。

ベビキャロ料理03

 

収穫した'ベビーキャロット'の本数に限りがあったため普段よりも少な目に作ったのですが、

なんとかそれらしい形に仕上げることができてよかったです。

 

レバニラ炒めはわりかしよく作っているのですが、'ベビーキャロット'の存在感と味を活かさないと

いけなかったので少し苦労したのですが、チーズシチューのときと同様に炒めた'ベビーキャロット'

甘味があったのですけど反発するような味にはならなかったので、美味しく頂くことができました。

 

というわけで、今回は3品の料理を作りましたけど、

オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もし、どちらか一つでも食べてみたいというベビーキャロット料理がありましたら

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

二度目となる「さやエンドウ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

「さやエンドウ」を使った料理はかなりの数があるため楽しみにして頂きたいと思うのですが、

果たして、オレ様は'さやエンドウ'を使ってどのような料理を作ったのか

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
09月
23

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫した野菜を使った料理

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作ってきましたが、

手前味噌ではありながらも自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」企画。

 

ご紹介する今回の料理は'小ナス'を使った料理になります。

 

'小ナス'を使った料理は色々とありますので何を作ろうか迷ってしまいましたが、

収穫できた'小ナス'の量と相談する形で2品の料理を作りました。

 

'小ナス'栽培の記事の中でもお伝えしているようにオレ様の中では鬼門の野菜としていた割に

僅かながらでも2個の'小ナス'を収穫することができたことは奇跡に等しいです。

収穫した小ナス01

 

それでは、どのような料理を作ったのかご紹介していきたいと思います。

 

まず1品目は「オレ流シンプルなナポリタン」を作りました。

小ナス料理01

 

収穫した小ナスに限りがあるのと冷蔵庫の中にある残り物の食材で作れるものから

やむを得ずナポリタンを作ったのですが、見た目よりも美味し仕上げることができてよかったです。

 

オレ様がナポリタンを作るときには玉ねぎ、ピーマン、ウインナー、カットトマト缶は必需品でして

それ以外にもシメジなどのキノコを使うことが多いのですが、先述した通り冷蔵庫内の残り物で

ナポリタンを作ったこともあり、シメジを入れないシンプルな仕上がりになってしまいました。

 

基本的な味付けにはトマトケチャップを使うのですが、オレ様の場合はトマトの酸味を活かしたいので

カットトマトを使った上で少量のトマトケチャップで味を調えています。

 

こうすることでトマトケチャップがパスタとよく絡まるのでカットトマトを使うのはお勧めです。

 

続いて、2品目の料理は「オレ流小ナスとエビのパスタグラタン」です。

小ナス料理02

 

本当はマカロニグラタンかドリアを作りたかったのですが、食材を用意することができなかったため

敢え無くマカロニの代わりにパスタを使ってグラタンを作りました。

 

グラタンやドリアはよく作るのですが、これらを作るのにはベシャメルソースから作るため

完成させるのに結構な時間がかかってしまうのが辛いところではあるのですけど、

手間暇かけて作るだけあって美味しく頂くことができるのが嬉しいので我慢できます。

 

今回はエビと玉ねぎを炒めた後にササッとスライスした小ナスに熱を加えてトッピングして

オーブンで焼き上げたのですが、見た目以上に美味しく頂くことができて満足しました。

 

というわけで、今回は2品の料理を作りましたけど、

オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もし、どちらか一つでも食べてみたいという小ナス料理がありましたら

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「ベビーキャロット」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

「ベビーキャロット」を使った料理はかなりの数があるため楽しみにして頂きたいと思うのですが、

果たして、オレ様は'ベビーキャロット'を使ってどのような料理を作ったのか

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
09月
14

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫した野菜を使った料理

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作ってきましたが、

手前味噌ではありながらも自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」企画。

 

ご紹介する今回の料理は'ジャガイモ'を使った料理になります。

 

'ジャガイモ'を使った料理は色々とありますので何を作ろうか迷ってしまいましたが、

収穫できた'ジャガイモ'の量と相談する形で3品の料理を作りました。

 

'ジャガイモ'栽培の記事の中でもお伝えしているように乗り気になって育てていたわけではないのですが、

それでも市販のものと遜色ない量と大きさの'ジャガイモ'を収穫することができました。

収穫したジャガイモ01

 

それでは、どのような料理を作ったのかご紹介していきたいと思います。

 

まず1品目は「オレ流ジャガイモとベーコン&コーンの蒸し煮」を作りました。

ジャガイモ料理01

 

この料理はスーパーの特売でベーコンが安いときになるとよく作る料理なのですが、

皮を剥いたジャガイモを8(mm)程度の厚さにスライスする以外は面倒な作業が必要なく、

スライスしたジャガイモとベーコンを炒めた後に缶詰のコーンを汁ごといれて

煮込むだけなので、見た目よりも簡単に作ることができるのです。

 

しかも、味付けも殆どしなくていいので手間を掛けずに作れるのは嬉しい料理です。

 

普段はこの料理を器に盛り付けて食べるのですが、今回はペットボトル菜園で収穫したパセリを乾燥させ、

この料理に盛り付けてみました。

 

続いて2品目の料理は「オレ流カレー風味の野菜コロッケ」を作りました。

ジャガイモ料理02

 

写真の見た目からはコロッケの中身が分からないと思うのですが、

このコロッケには豚挽き肉と玉ねぎ、ニンジン、インゲン、トウモロコシをよく炒め、

これらにカレーパウダーを使って味付けをしたものを蒸かしたジャガイモに混ぜ合わせて成形したものに

衣を付けて油で揚げたものになります。

 

油で揚げるとどうしても味付けしたカレーパウダーの味が飛んでしまうことからタネを作る際に

少し濃いめに味を付けました。

 

とは言っても、収穫したばかりのジャガイモの味を損なわないように気を使うのに苦労しましたけど、

サクサクとした食感を楽しむことができて美味しく頂くことができました。

 

最後に3品目の料理ですが、ジャガイモの味を活かすことを念頭に置いて作った「オレ流ポテトサラダ」です。

ジャガイモ料理03

 

普段はここまで豪華な食材を使って作らないのですが、今回は少し気合いを入れて作りました。

 

基本的に、このポテトサラダもスーパーの特売でハムが安いときにしか作らないのですが、

1品目の料理を作ったときにコーンが余ってしまったことから少しだけ豪華になってしまったのですけど、

ポテトサラダを作るときはどうしても多目に作ってしまうためこのサラダをおかずにして

食べてしまうことがよくあります。

 

このため、今回は収穫したばかりのジャガイモで作りましたので、ジャガイモの風味を堪能することができて

美味しく頂くことができました。

 

というわけで、今回は3品の料理を作りましたけど、

オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もし、どちらか一つでも食べてみたいというジャガイモ料理がありましたら

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「小ナス」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

「小ナス」を使った料理はかなりの数があるため楽しみにして頂きたいと思うのですが、

果たして、オレ様は'小ナス'を使ってどのような料理を作ったのか皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
08月
30

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫した野菜を使った料理

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作ってきましたが、

手前味噌ではありながらも自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」企画。

 

ご紹介する今回の料理は'シシトウ'を使った料理になります。

 

シシトウを使った料理は限られるのではないかと思うのですが、

オレ様の中では'シシトウ'をピーマンの代用ができるであろうと勝手に思って

5品の料理を作りました。

 

そんな'シシトウ'はペットボトル菜園で育てていてコンスタントに収穫することができ、

計4回も収穫できたことから先述したように'シシトウ'を使った料理を作りましたので

ご紹介したいと思います。

収穫したシシトウ01

 

まずは一品目のペトさい料理は、'シシトウ'の収穫量が少なかったことから

「オレ流シシトウとレンコンの炒め物」を作りました。

シシトウ料理01

 

シシトウとレンコンの炒め物と言っておりますが、キンピラをイメージして作っていたのですけど

実際に食べてみたら思っていたほど辛みがなくご飯のおかずに相応しい一品になりました。

 

また、シシトウとレンコンの相性が抜群に良かったのも要因の一つだと思うのですが、

この料理はご飯を何杯も食べることができるほど美味しかったので再び作りたいと思います。

 

続いて2品目の料理は「オレ流シシトウと豚肉の野菜炒め」を作りました。

シシトウ料理02

 

この料理は完全に'シシトウ'をピーマンに見立てて作ったもので、単純に豚肉の野菜炒めと

同じ要領で作っただけの一品となりました。

 

しかしながら、不思議なことに収穫したシシトウが思っていたよりも辛みがないため

ピーマンに似た食感を楽しむことができ、想像していたよりもご飯が進む美味しさで

ビールにもよく合うように感じました。

 

でも、相変わらず盛り付けが下手くそなためチープな野菜炒めになってしまったことは

心残りで残念な気持ちになりました。

 

3品目の料理も'シシトウ'をピーマンに見立てて作ったもので、一般的にはまず作ることは

ないだろうと思われる「オレ流シシトウと小ナスのナポリタン」を作りました。

シシトウ料理03

 

収穫したシシトウが辛くないためピーマンの代用が効いてしまったことは意外だったのですが、

ごく普通のナポリタンと同様に美味しく頂くことができました。

 

このナポリタンは8年前に作ったものですので今思えばもう少しリッチなテイストに

作り上げることができたと思うのですが、これはこれで普通に美味しく頂けたのでヨシとしました。

 

4品目の料理は「オレ流麻婆もやし&シシトウ」を作ったのですが、

まさかシシトウを麻婆にするとは想像もつかないと思いますし、作らないと思います(苦笑)

シシトウ料理04

 

普段、麻婆もやしはよく作るのですが、その中にシシトウを使ったのは今回が初めてでして、

いずれにしても、麻婆は辛みがないと成立しない料理ですからその発想からシシトウを使っても

違和感がないのではないかと思って、想像もつかないような料理を作ってしまいました。

 

味のほうですが、本当に収穫したシシトウがあまり辛くないため激辛というほどではないのが救いで、

思っていたよりももやしとの相性が良かったことから美味しく頂くことができ、

ビールにもよく合うのではないかと思いました。

 

今回の最後にご紹介する料理は「オレ流シシトウとちりめん雑魚の炒め物」を作りました。

シシトウ料理05

 

収穫したシシトウはあまり辛くないのですが、この料理を作る前にシシトウのピリ辛と

ちりめん雑魚の相性が良いのではないかと思ったことから実際に作ってみたところ、

想像した通りの味に仕上げることができて満足できました。

 

ただ、ちりめん雑魚の量が少なかったことからシシトウの量を少し減らして少し小さめに切って

炒めたほうがビジュアル的によかったのではないかと思いました。

 

いずれにしても、この料理もご飯が進むほど美味しかったですし、ビールにもよく合う一品だと

思いましたので、今度また作ってみたいと思いました。

 

というわけで、今回は見た目は良くないものの5品作りましたけど、

オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もし、どちらか一つでも食べてみたいというシシトウ料理がありましたら

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

先日収穫した「ジャガイモ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

「ジャガイモ」を使った料理はかなりの数があるため楽しみにして頂きたいと思うのですが、

果たして、オレ様は'ジャガイモ'を使ってどのような料理を作ったのか皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
30

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫した野菜を使った料理

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作ってきましたが、

手前味噌ではありながらも自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」企画。

 

ご紹介する今回の料理は'パセリ'を使った料理になります。

 

パセリを使った料理は概ね揚げ物などの付け合せやイタリアンに使われることが多いため

料理の幅としては比較的広いと思いますので、作り甲斐はある食材だと思います。

 

そんな'パセリ'はペットボトル菜園で育てていてコンスタントに収穫できており、

今回は間引き菜として収穫したものと計2回収穫した'パセリ'を使った料理を

ご紹介したいと思います。

収穫したパセリ01

 

まずは一品目のペトさい料理は、間引き菜を使ったこともあって大したものは作れなかったのですが、

「オレ流しめじとブロッコリーのパスタグラタン」を作ってみました。

パセリ料理01

 

パセリの間引き菜は少量であったことから電子レンジで乾燥させてパウダー状にすることが

できなかったため、このグラタンの上に直接トッピングしてしまったのですが、

ブロッコリーの存在感があったために肝心のパセリの間引き菜はどこにトッピングしているのか

よく観ないと分からないほど存在感が薄くてオレ様的には駄作でした(苦笑)

 

しかしながら、このグラタンそのものは抜群の美味さで、濃厚なチーズの味を堪能することができて

駄作ではあるものの美味しく頂くことができました。

 

続いて2品目の料理は「オレ流特製チーズインハンバーグ」を作り、その付け合せにパセリを使いました。

パセリ料理02

 

写真を観ただけではハンバーグの中にチーズが入っているのか分からないのですが、

先ほどのグラタンに使ったナチュラルチーズをハンバーグの中に仕込んでいて食べた時に

チーズがとろっととろけていて美味しかったのですけど、熱くて舌を火傷してしまいました。

 

実のところ、このハンバーグを作った時にはオレ様が尿管結石を患っていて苦痛を感じていたため

まともに食べることができなかったため完食していなかったのですが、オレ様の父が美味しいと言って

オレ様が残していたハンバーグも食べてしまいました(苦笑)

 

3品目の料理は「オレ流特製白身魚フライ」を作り、その付け合せにパセリを使いました。

パセリ料理03

 

尿管結石を患った後だったことからこの料理を作る頃からカルシウムを摂れるメニューを

考えるようになり、シンプルに作れるものとして白身魚フライを作りました。

 

ただ、白身魚だけではカルシウムを十分にとることができないと思い、衣を付ける際に

パルメザンチーズを混ぜ込んだパン粉を使うことでカルシウム摂取を補うことを考えました。

 

白身魚フライはチーズと相性がいいですので、上の写真を観ても分かるようにサクサクとした

食感を楽しむことができて美味しく頂くことができました。

 

今回の最後にご紹介する料理は「オレ流シーフードマカロニグラタン」を作りました。

パセリ料理04

 

最初に作った料理と被ってしまったのは私が以前にグラタンを作っていたことを

忘れてしまったからなので反省しているのですが()、でも今回のグラタンには

前回とは違って収穫したパセリを電子レンジで加熱して乾燥させてパウダー状にすることが

できたことからしっかりとその存在感が出るものになりました。

 

また、今回のグラタンはベシャメルソースから手作りしたので手間暇かかったのですが、

やはり乳製品にはカルシウムを多く含んでいることから尿管結石予防になると思って

気合を入れて作った分だけ、美味しく頂くことができて満足できました。

 

というわけで、今回は間引き菜を含めて4品作りましたけど、

オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もし、どちらか一つでも食べてみたいというパセリ料理がありましたら

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

パセリは今後も収穫できる見込みがありますので、

今回ご紹介した料理に被らないように考えて作りたいと思いますので楽しみにしていて下さい。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

現在、過去記事をリメイクしている「シシトウ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

「シシトウ」を使った料理はかなりの数があるため楽しみにして頂きたいと思うのですが、

果たして、オレ様は'シシトウ'を使ってどのような料理を作ったのか皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
16

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫した野菜を使った料理

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作ってきましたが、

手前味噌ではありながらも自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」企画。

 

久しぶりにご紹介する今回の料理は'小カブ・あやめ雪'を使った料理になります。

 

小カブを使った料理となると数が限られてしまうのですが、

今回の料理に使う'小カブ・あやめ雪'は近年のペットボトル菜園での栽培の中では

珍しく順調に育ってくれたおかげでなかなかの出来に満足できた収穫となりました。

 

この'小カブ・あやめ雪'は収穫するまでに計3回の間引きを行い、

その後に追肥してからは簡易温室内で育てた結果、料理を作ることができるくらいの

立派な小カブに育ち、収穫することができました。

収穫した小カブ・あやめ雪01

 

今回のペトさい料理では間引き菜を使った料理を含めて計5品目の料理を作ることができましたので、

これからご紹介したいと思います。

 

まずは一品目のペトさい料理ですが、間引き菜を使ったこともあって

大したものは作れなかったのですけど、「椎茸と麩のお吸い物」を作りました。

小カブ・あやめ雪料理01

 

普段だったら炒飯に使うところですが、オレ様の中ではこのタイミングで

炒飯を作る気にはなれなかったのでそれなら汁物に使うしかないなと思い、

このようなお吸い物を作りました。

 

二品目の料理ですが、こちらも間引き菜を使った料理を作ることを考えて、

「オレ流ベーコンとシメジの春パスタ」を作り、間引き菜を添えました。

小カブ・あやめ雪料理02

 

この栽培を行っていた頃はちょうど春先だったことから春らしいパスタを作りたいと思い

このようなパスタを作ったのですが、肝心の間引き菜を使っていなかったことから

このパスタの飾りとして添えてみました。

 

三品目からは収穫した'小カブ・あやめ雪'を使った料理を作りまして、

その一品として「オレ流小カブの葉とちりめん雑魚の炒飯」を作りました。

小カブ・あやめ雪料理03

 

アブラナ科の野菜の葉とちりめん雑魚は愛称がいいことから、'小カブ・あやめ雪'を収穫する前から

この炒飯を作ることを考えていました。

 

このため、間引き菜を収穫した時には炒飯を作ることは考えていなかったのでした()

 

四品目の料理は脂っこいものを食べた後なので口の中をスッキリさせたいと思い、

「オレ流小カブとシーフードのマリネ」を作りました。

小カブ・あやめ雪料理04

 

'小カブ・あやめ雪'の淡い紫色を活かしたものを作りたいと思ったときにサラダ系のものが合うなと考え、

少し彩りを工夫してこのような贅沢なマリネを作ってしまいました()

 

5品目の料理は締めということで、「オレ流小カブの葉と油揚げの味噌汁」を作りました。

小カブ・あやめ雪料理05

 

中華には合いませんが(苦笑)、小カブの葉が余ってしまったことから何かに使いたいと思ったところ、

浅漬けにするには量的に少な過ぎるし先ほどのマリネを作ってしまったことから口直しはできているため

消去法で味噌汁を作ることになりました()

 

もしかしたら他の使い道があったのかもしれませんが、この時はこれしか思い付きませんでした。

 

というわけで、今回は間引き菜を含めて5品作りましたけど、

オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もし、どちらか一つでも食べてみたいという小カブ・あやめ雪料理がありましたら

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

先日収穫した「パセリ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'パセリ'を使ってどのような料理を作ったのか

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
30

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

久しぶりにご紹介する今回の料理は'冬菜'を使った料理になります。

 

冬菜は元々昨年末に収穫することを目標に育てていたのですが、

なかなか思うようには育てることが出来ず年を跨いで収穫しました。

 

この「冬菜」は収穫するまでの間に2回の間引きを行い、

その後は簡易温室内ですくすくと生長して料理を作れるくらいの

大きさに育てることができ収穫しました。

収穫した冬菜01

 

今回のペトさい料理では間引き菜を使った料理を含めて、

計4品目の料理を作りましたのでご紹介したいと思います。

 

まずは一品目に作った料理ですが、1回目の間引きで収穫した間引き菜を使って

「オレ流シンプルな炒飯」を作りました。

注釈(冬菜料理)01

 

普段、オレ様が炒飯を作るときは小ネギやインゲンを使うのですが、

今回はこれらの代わりに冬菜の間引き菜を使って炒飯を作りまして

間引き菜はすぐに火が通ることから先に炒飯を作ってある程度のところで

火を止めて冬菜の間引き菜を入れて余熱で炒めました。

 

そうすることで、冬菜の間引き菜が縮まることなく存在感を出すことが出来るため

炒飯の見栄えが良くなり、美味しく頂くことが出来ます。

 

続いて、2品目の料理は2回目の間引きで収穫した間引き菜を使って

「オレ流しょうゆラーメン」を作りました。

注釈(冬菜料理)02

 

実のところ、2回の間引きを行うときにラーメンのトッピングに使うことを

考えていまして、オレ様の中ではシンプルなしょうゆラーメンにひと工夫を

加えようと思って、このラーメンのためにチープなチャーシューを作りました。

 

というのも、今回の主役はあくまでも冬菜の間引き菜ですから、しっかりと

チャーシューを作り込んでしまったら冬菜の間引き菜が目立たなくなるため

トッピングには気を遣いました。

 

3品目の料理は「オレ流冬菜とシーフードのペペロンチーノ」を作りました。

注釈(冬菜料理)03

 

これまで中華を2品作りましたので、和食か洋食のどちらかを作ることを

決めていまして、この料理の締めは'アレ'にすると決めていたことから

イタリアンを作ることに決めたのでした。

 

オレ様の中ではパスタかグラタン、あるいは、ドリアにするかで悩んだのですが、

ちょうどその時はベシャメルソースを作るのに使う牛乳がなかったため

パスタを作ることにしたのでした。

 

パスタを作るとなれば、オレ様の常套手段であるペペロンチーノを作ったのですが、

いつも作るのと違うのはシーフードを使っているところでした。

 

基本的にもオレ様はパスタにシーフードを使うことは殆どしない人間なので

このようなパスタを作るのはかなりレアだと思います。

 

ですので、味のほうは皆さんのご想像にお任せします。

 

最後にご紹介する料理は「オレ流冬菜のお雑煮」です。

注釈(冬菜料理)04

 

今回の栽培の目的はお正月に食べるお雑煮に使うために育てていたのですが、

結果的には2月中旬に収穫してしまったためオレ様が想像していたものとは

全く別物のお雑煮になってしまったことが悔しかったです。

 

だって、見た目はちゃんとしたお雑煮に見えるかもしれませんけど、

ナルトの図柄が'寿'じゃないですし、餅の焼き色もイマイチですし、

オレ様の中では最低ランクのお雑煮なのです。

 

ただ、このお雑煮のお汁のWダシは完璧な仕上がりだっただけに

他のところで足を引っ張ってしまったのは悔しかったです。

 

というわけで、今回は間引き菜を含めて4品作りましたけど、

オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もし、どちらか一つでも食べてみたいという冬菜料理がありましら

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

先日収穫した「小カブ・あやめ雪」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'小カブ・あやめ雪'を使ってどのような料理を作ったのか

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
27

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

久しぶりにご紹介する今回の料理は'さやエンドウ'を使った料理になります。

 

今現在も同じ品種のさやエンドウを育てておりますが、

今回のペトさい料理に使うさやエンドウは昨年育てたものでして、

昨年のさやエンドウ栽培では計3回の収穫を行うことができたものの

初回の収穫ではまずまずの量であったのに対して2回目、3回目の収穫では

思うような収穫量とはなりませんでした。

収穫したさやエンドウ01

 

このため、今回のペトさい料理では計2品目の料理を作りましたので

ご紹介したいと思います。

 

まずは一品目に作った料理ですが、収穫したさやエンドウを使った

「オレ流五目焼きそば」です。

さやエンドウ料理I_01

 

さやエンドウを使った料理としては定番かもしれませんけど、

収穫した時に無性に五目焼きそばが食べたくなってしまったことから

作ってしまいました。

 

五目焼きそばはもちろん美味しく頂いたのですが、

さやエンドウのシャキッとした食感がよく甘みもあって最高の出来となりました。

 

続いて、2品目の料理は「オレ流ちらし寿司」を作りました。

さやエンドウ料理I_02

 

ちらし寿司はそれほど好き好んで作ることがないのですが、

さやエンドウを育てている時から必ず締めの料理として

ちらし寿司を作ることを決めていました。

 

しかしながら、2回目と3回目の収穫があまりにも少なかったことから

これらを一緒に合わせてなんとか作ることができました。

 

ちらし寿司の味そのものはオーソドックスな仕上がりにしているため

ごく普通に美味しく頂くことが出来たのですが、やはりさやエンドウの

食感がとてもよかったことがいい意味でのアクセントになっていて

食べていても飽きが来なくて美味しく頂けました。

 

というわけで、今回は収穫量が少なかったことから僅か二品しか作ることが

できませんでしたが、それでもオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もし、どちらか一つでも食べてみたいというさやエンドウ料理がありましら

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

つい先日収穫したばかりの「冬菜」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'冬菜'を使ってどのような料理を作ったのか

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
06月
15

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

久々にご紹介する今回の料理は'黄金かぶ'を使った料理です。

 

今回の黄金かぶ栽培は計3回の間引き作業を経て、

最終的に生育のよい一株を残して育てました。

収穫した黄金かぶ01

 

黄金かぶはその名の通り、黄金色をしたキレイなかぶですので、

一般的なかぶとは違う調理法を考えないといけないことから少し悩まされました。

 

試行錯誤した結果、計6品の料理を作ることができましたので、

ご紹介していきたいと思います。

 

まずは一品目に作った料理は黄金かぶの間引き菜を使った味噌汁です。

黄金かぶ料理01

 

まぁ、黄金かぶ栽培の初期は間引き菜を使った料理が主体になりますので、

今回作った味噌汁は定番中の定番の料理です。

 

いりこでしっかりダシをとった味噌汁に間引いた黄金かぶの芽を

適当な大きさに刻んで入れたシンプルな味噌汁ですが、

普通に美味しく頂くことができました。

 

続いて、2品目の料理は同じく黄金かぶの間引き菜を使った

シメジとベーコンのパスタです。

黄金かぶ料理02

 

この手の料理もオレ様的には定番の料理なんですが、

間引き菜を使う際、炒めてしまうとシナシナになって存在感がなくなるため、

火を止めた後に間引き菜を入れて余熱で熱を通すのがポイントです。

 

こうすることで、間引き菜の存在感を活かすことができます。

3品目の料理は間引き菜を使ったオレ流焼豚のチャーハンです。

黄金かぶ料理03

 

間引き菜を使ったチャーハンはよく作っているので珍しい料理ではないのですが、

普段チャーハンを作るときはウインナーを使うのですけど、

今回は少し変化を付けたいと思い、偶然別の料理で作ったオレ流焼豚が余ったので

これを使ってチャーハンを作りました。

 

このため、全てを手作りで作りましたので手間は掛かったのですが、

その分、満足できる味に仕上がっていて、しかもオレ流焼豚が入っているから

少し高級感を味わえて美味しかったです。

 

ここまでは間引き菜を使った料理をご紹介しましたが、

ここからは黄金かぶを使った料理をご紹介したいと思います。

 

4品目の料理は黄金かぶとタコのマリネを作りました。

黄金かぶ料理04

 

やはり、黄金かぶは一般的なかぶとは違ってキレイな黄金色をしているため、

この色を活かした料理を考えた時にサラダにするか和え物にするかの

二択しかないと思い、後者のほうを選択しました。

 

最初は酢物を作ろうかなと思ったのですが、少し地味な感じがしたため

後に作る料理に合わせやすくマリネにしました。

 

タコやきゅうりなどを入れてカラフルにしてみましたが、

味のほうはレモン汁を入れてさっぱりとしたテイストに仕上げているため、

口直しには持ってこいな一品となりました。

 

続いて、5品目の料理は黄金かぶの葉と縮緬じゃこのパスタを作りました。

黄金かぶ料理05

 

黄金かぶの実の部分は全てマリネに使ってしまったため

残された葉の部分を使って料理を作ることになり、色々と考えてみた結果、

まさかのパスタになってしまいました(苦笑)。

 

パスタは間引き菜でも作っていたため被らせたくなかったのですが、

かぶの葉を使った焼きそばやうどんは合わないだろうしラーメンは論外だし、

結局消去法でパスタを作るしかなくなり、どうせ作るなら和風にしたいと思い、

縮緬じゃこと葉っぱを炒めたものは愛称がいいのでこれをバター醤油で

味付けしてまろやかに仕上げました。

 

実のところ、このパスタに合いそうな縮緬じゃこを探すのに苦労しまして

材料を揃えるのに丸3日かけて、極上なパスタを完成させました。

 

最後に、6品目の料理は黄金かぶの葉と塩昆布の浅漬けを作りました。

黄金かぶ料理06

 

言うまでもなく、黄金かぶの葉の残り物で作った一品なのですが、

このような葉ものと塩昆布の相性は絶妙によくて、黄金かぶの葉も例外ではなく

美味しく頂くことができる一品となりました。

 

というわけで、今回は6品の黄金かぶ料理を作りましたが、

どの料理オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もしどれか一つでも食べてみたいという黄金かぶ料理がありましたら、

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

さやエンドウ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'さやエンドウ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
12

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

さて、今回ご紹介する料理は'小ネギ'を使った料理の第3弾となります。

 

今回の小ネギ栽培は育苗させた後、中型ペットボトル鉢に植え付けて

計9回収穫しているのですが、この栽培に関しては私の弟子のタコっちという

小ネギオタクが育てています。

 

前回前々回と小ネギを収穫してタコっちの好物である'たこ焼き'

渋々作りましたが、オレ様としては'たこ焼き'以外の小ネギを使った料理を

ご紹介したいと思っているのですけど、今回も'たこ焼き'を作らされそうで

無理そうなので、ペトさい料理を楽しみにされている方には申し訳ありません。

 

というわけで、今回も異例の小ネギ料理をご紹介することになりますが、

通算8回目と9回目に収穫した小ネギを使った'あの料理'をご覧下さい。

収穫した小ネギ03

 

まず、1品目に作った料理はタコっちも気に入ってくれた

「カリジュワねぎ塩たこ焼き」です。

小ネギ料理09

 

このたこ焼きはシンプルな味付けにしたいと思ったことから

ソースではなく塩味にすることが決まり、その流れからサッパリした

味付けの方がよいかなと思い、食べる前にレモン汁を掛けて食べることを

閃いて作りました。

 

塩味のたこ焼きは初めて食べたのですが、

意外と美味しくてオレ様も気に入った一品となりました。

 

続いて、2品目の料理は「カリジュワねぎカレーたこ焼き」です。

小ネギ料理10

 

正直なところ、たこ焼きのネタはそう数多くあるわけではないので、

ありそうでないようなたこ焼きはナンだろうなという発想から生まれたのが

カレー味のたこ焼きでした。

 

このたこ焼きは美味しく頂くことができたのですが、

また作りたいとは思わない一品でして、とにもかくにもこのたこ焼きを焼くのに

四苦八苦しまして、衣の中にカレー粉を入れているためなかなか固まってくれず、

たこ焼きを返すのにも一苦労で、おまけにカリカリ感を出すために仕上げの油を

回し入れるとポンポンはじける始末で、見た目以上に作るのに神経を使いました(苦笑)

 

なので、このたこ焼きを完成させるのに3日かけて、ようやくオレ様が想像する形に

仕上げることができました。

 

それでは、最後にご紹介する料理は「カリジュワねぎキムチたこ焼き」です。

小ネギ料理11

 

収穫した小ネギにも限りがあるため、最後にどんなたこ焼きを作ろうかと考えたとき、

タコと相性の良いキムチが頭の中に浮かび、それを発展させたものがこのたこ焼きになります。

 

このたこ焼きは、キムチとタコの食感を楽しめるものに仕上げないといけないので、

キムチはキムチの味をしっかりと残しつつみじん切りにしたものを衣の中に混ぜ込み、

少し大きめにカットしたタコを入れて焼き上げました。

 

衣に味が付いているためできる限り焦げ付かないように気を付けて焼いて、

最後に仕上げの油を回し入れてカリカリ感を出して仕上げました。

 

このたこ焼きはこれまで作ったたこ焼きの中でも3つの指に入るほど美味しくて、

また作りたいと思う一品で、タコっちもオレ様の父も瞬食されました。

 

このたこ焼きは衣を作るのに手間がかかるという欠点がありますが、

それに見合うだけの価値はありますので時間があったらまた作りたいと思います。

 

というわけで、今回も3種類のたこ焼きを作りましたが、

どのたこ焼きもオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

たこ焼きばっかり見せられて胸焼けされた方もいらっしゃると思うのですが、

もしどれか一つでも食べてみたいというたこ焼きがありましたら、

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「黄金かぶ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'黄金かぶ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker