FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
11/14 「べんり菜」の種を蒔いてみました!!
11/13 栽培時期的に考えても「ピーマン」を収穫してもいいのかな?
11/12 3回目の「レモンバーム」を収穫しました!!
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ
04月
22

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、リベンジ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

暖かい日が続くようになったことから「さやエンドウ」が加速度を増すように

生長を早める一方で、一部の葉が少しずつ黄色く変色し始めて

衰えを感じさせるようになってきました。

 

そんな状況下でも「さやエンドウ」の各部位では開花しそうな蕾や白い花が咲き、

小さな莢を着けている様子が観られまだまだ収穫を楽しめそうな気がしています。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から156日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

全体的に葉が黄色く変色しているのが目立っていて衰えを感じました。

ペトさい(30日絹さや・改)114

 

一週間前に追肥をしましたが、「さやエンドウ」はもう寿命が来たのかなと思いつつ、

株元付近の様子を観てみることにしました。

 

すると、殆どの葉が黄色く変色していて枯れている葉も観られ、

観ていて痛々しさを感じました。

ペトさい(30日絹さや・改)115

 

そんな葉が枯れ果てている中でも大きな莢を着けている姿に気迫を感じました。

 

株の中間部のほうでも黄色く変色している葉が多く観られ、

以前のような活気はなく寂しかったです。

ペトさい(30日絹さや・改)116

 

しかしながら、ここでも懸命に頑張ろうとする気迫を感じるように

大きくなった莢がいくつも着けていて感動のあまり涙が出てきました。

 

視線をさらに上に向けて株の上端部の様子を観てみたところ、

ここでも半数近くの葉が黄色く変色しており以前のような生長の勢いは

感じられなくなり、寂しい気持ちになりました。

ペトさい(30日絹さや・改)117

 

しかし、それでもまだ諦めずに莢を着けようと白い花が咲いている姿に執念を感じ、

頑張って莢を着けてほしいと思いました。

 

そして、行き場を失っている親蔓ですが、

ご覧の通り風の抵抗を受けやすい状態のため竹串で補強した箇所を念入りに

園芸用テープで固定したところ、さらに上に伸びるのかと思いきや

黄色く変色していて大きな莢を着ける以外の生長は観られませんでした。

ペトさい(30日絹さや・改)118

 

この様子を見た限りではこれ以上の生長は見込めず

各部位でも殆どの葉が黄色く変色していて枯れてきていましたので、

この段階で収穫できそうな莢を全て収穫してこの「さやエンドウ」

勇退させることにしました。

 

★収穫のポイント★

・莢が4~5(cm)程度の大きさになった頃を目安に収穫する。

・収穫するときは株元から園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(30日絹さや・改)119

 

今回は大小関係なく全ての莢を収穫したこともあり、一週間前に収穫したときの

3倍近くの収穫量となり結構な品目のペトさい料理が作れそうです。

 

今回の栽培ではシンプルな育て方を心掛けていたのですが、

播種時期が早かったからなのか想定外の出来事が多かったことが

課題となりましたけども、前回以上の成果を出すことができたことは

よかったと思います。

 

とはいえ、自慢できるような出来ではとてもなかったことから

今回の課題を含めて検証しつつ、さらなる精度の高い栽培ができるように

頑張りたいと思います。

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「スナップえんどう」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや・改)12

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
04月
06

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、リベンジ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

春の陽気を感じられるようになるにつれて、「さやエンドウ」はますます活発な

生長を続けるようになる一方で、行き場を失っている親蔓の動向が不安で

喜んでばかりもいられない状況にあります。

 

そんな状況下における株の各部位においては開花しそうな蕾や着果しそうな花を

多く観られるようになり、感覚的にはそろそろ収穫できそうな予感がしています。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から149日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

親蔓の動向は後ほどお伝えするとして、全体的に株に着けている葉が

やや茶色く枯れてきているように感じ、以前に比べると衰えているように

感じました。

ペトさい(30日絹さや・改)106

 

しかし、最も葉枯れが進行しているように思われた株元付近では

茶色く枯れた葉に混じって新たな葉が続々と出てきていて、さらには蕾や花まで

着けていて粘り強く生長を続けている様子に感動してしまいました。

ペトさい(30日絹さや・改)107

 

株の中間部では一部の葉が黄色く変色しているものも見受けられましたが、

こちらでも脇芽から新たな葉や開花しそうな蕾を着け小さな莢も観られ、

思っていたよりも元気よく育っていました。

ペトさい(30日絹さや・改)108

 

さらに株の上端部でも黄色く変色している葉が一部で観られましたが

株の中間部ほどではなく、開花しそうな蕾や白い花が多く観られて

一番活気があるように感じました。

ペトさい(30日絹さや・改)109

 

ただ、問題の行き場を失っている親蔓はあまり良い状態とは言えず、

どこにも支えるものがないことから強風が吹き荒れるこの時期としては

物凄く風の抵抗を受けやすい状態のため欄栽培用支柱の先端で支えている箇所で

折れてしまっていました。

 

しかも、親蔓には開花しそうな蕾や莢を着けているため、

そのまま見過ごすわけには行かないことから応急処置的に折れてしまった箇所を

竹串で補強した後に風の抵抗を受け難くするために園芸用テープで

グルグル巻きにして固定しました。

ペトさい(30日絹さや・改)110

 

これにより、強風が吹き荒れていても親蔓が靡くことはあっても

折れる心配はないため、少しは不安を解消することができました。

 

とにもかくにも、親蔓の先端には収穫できそうな莢を幾つも着けているため、

他の鉢で育てている「さやエンドウ」を含めて収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・莢が4~5(cm)程度の大きさになった頃を目安に収穫する。

・収穫するときは株元から園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(30日絹さや・改)111

 

今回で2回目の収穫となりましたが、前回とは違って株のあちこちに開花しそうな

蕾や白い花を着けていることから収穫量は格段増えました。

 

これでも少し物足りなさはありますけど、ちょっとしたペトさい料理を作ることは

できそうですので、何を作るかを考えたいと思います。

 

ひとまず、収穫を済ませた「さやエンドウ」ですが、

株の全体的に葉の変色や開花しそうな蕾が多く観られましたので、

実着きを良くする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

二摘まみずつ与えておきました。

ペトさい(30日絹さや・改)112

 

これらの肥料は遅効性のためすぐに効果を発揮することができませんが、

数週間ほど経てば生長に向けて何かしらの効果が現れると思いますので

それまでの間は忍耐強く育てていきましょう!!

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「スナップえんどう」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・莢が4~5(cm)程度の大きさになった頃を目安に収穫すること。

・葉の色が悪くなったら'発酵油かす'を二摘まみ与えること。

・蕾が着き始めたら'リン酸系肥料'を二摘まみ与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇いてから

ジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(30日絹さや・改)113

 

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
27

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、リベンジ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

以前に比べると気温が徐々に上がってきていて活発な生長を続けるように

なってきた「さやエンドウ」ですが、親蔓が支柱の先端を軽く越えてしまい

行き場を失ってしまったことからその対策に頭を悩ませる事態に陥りました。

 

そんな中、株の上端部には大きくなった莢を着けていたことから収穫することに…。

 

「さやエンドウ」には開花しそうな蕾がちらほら観られるようになったことから

その後の生長が楽しみで仕方がありません。

 

あれから5日が経過して栽培開始から128日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

わずか5日の間に株の先端にある親蔓はどこにも絡めるところがない状態で

さらに10(cm)近く伸びていて行き場を完全に失っていました。

ペトさい(30日絹さや・改)97

 

株全体として観てみますと若干葉数が増えて元気に育っているように感じました。

 

株元付近の様子を観てみたところ葉枯れした葉の姿がを消えて土面が見えるため

寂しい気持ちになりました。

ペトさい(30日絹さや・改)98

 

所々に黄色く変色した葉が観られるため衰えを感じたのですが、

ここに来て、ポツポツと蕾を着けるようになり復活の兆しを見せ始め、

まだまだ現役で頑張っていることをアピールしているように感じました。

 

株の中間部では青々とした葉が少し増えたように感じると共に、

それをバックにして開花しそうな蕾が多く観られるようになりました。

ペトさい(30日絹さや・改)99

 

中には開花しているものも観られ、活発な生長を見せるようになったことに

ニンマリしてしまいました。

 

株の上端部では先述した通り、親蔓が行き場を失ってしまっているのが

目に入ってしまい、何とかしてあげたいのですが、何もできないため

もどかしさを感じていました。

ペトさい(30日絹さや・改)100

 

その親蔓には開花しそうな蕾と花を持っているため、何もできない自分が

腹立たしくて悔しい想いでいっぱいになりました。

 

それから一週間が経過して再び「さやエンドウ」の様子を観てみたところ、

親蔓は行き場を失っているからなのかあまり伸びておらず

その代わりに葉数が増えていて元気よく育っていました。

ペトさい(30日絹さや・改)101

 

株元付近の様子を観てみますと、一週間前よりも葉枯れを起こしている葉の数が

増えたように感じたのですが、少し上の方に視線を向けるとポツポツと

蕾を着けていて元気よく生長を続けていることから諦めるのは

まだ早いと思いました。

ペトさい(30日絹さや・改)102

 

株の中間部では黄色く変色した葉が部分的に観られるようになってきましたが、

一週間前よりも開花しそうな蕾の数が増え、今後の生長に期待感を

持ってしまいました。

ペトさい(30日絹さや・改)103

 

そして、株の上端部では親蔓以外でも活発な生長が観られ、

一週間前よりも葉数が増え脇芽から蔓をあちこちに出して支柱に絡み付こうと

しているのが窺えました。

ペトさい(30日絹さや・改)104

 

行き場を失っている親蔓は目測で20(cm)近くあり、どの蕾も開花していることから

再び着果してくれそうな予感がして楽しみになってきました。

 

とはいえ、その花はいずれも行き場を失ってしまっている親蔓に着いているもの

ですので、ちゃんと着果してくれるかどうかの不安を感じてしまいました。

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「スナップえんどう」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料を一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇いてから

ジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(30日絹さや・改)105

 

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
19

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、リベンジ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さが続く中、株元付近の葉は枯れていく一方で株の中間から

上のほうにかけて脇芽から新たな芽や蕾が続々と出てくるようになり

元気よく生長を続けていました。

 

しかし、順調に生長を続けることは嬉しい反面、親蔓が再び支柱の先端を

越えてしまって行き場を失いそうな状態になっていたのでした。

 

一難去って新たな問題に直面した「さやエンドウ」はどのように育てていけば

よいのか頭を悩ませるのでした。

 

あれから8日が経過して栽培開始から123日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

一番懸念していた親蔓がさらに伸びていて行き場を失っているように感じました。

ペトさい(30日絹さや・改)91

 

株元付近の様子を観てみたところ依然として葉枯れは目立っていたのですが、

所々で脇芽が伸びているのが見受けられるようになり開花しそうな蕾

着けているのを確認することもできて、復活の兆しを見せつつありました。

ペトさい(30日絹さや・改)92

 

株の中間部でも葉枯れが目立つようになってきて、「さやエンドウ」の衰えを

感じるようになってきたことは寂しい気持ちになったのですが、

あちこちから蔓を出して支柱に絡み付こうとしている様子が伺えて

まだまだ何かをしてくれそうな期待を持ってしまいました。

ペトさい(30日絹さや・改)93

 

そして、株の上端部では先述した通り、一部の株の親蔓が支柱の先端を

目測で10(cm)以上に伸ばしていて、親蔓の先端から出ている蔓が

何かに絡み付こうと探っているようでした。

ペトさい(30日絹さや・改)94

 

何とかして上げたいのは山々ですが、これ以上の蘭栽培用支柱を付け足して

補強することはペットボトル鉢のバランスが悪く、強風が吹きあれるこの時期は

鉢が横に倒れてしまうリスクが高まることからできないため、

何もできないもどかしさを感じてしまいました。

 

しかも、この親蔓には開花しそうな蕾を着けているため、

そのまま放置するわけにもいかないことから頭を悩ませてしまいます。

 

そんな中、株の上端部にある別の株では莢を着けていたのですが、

収穫するには少し小さいためもう少しだけ様子を見ようか悩みました。

 

しかしながら、今後の「さやエンドウ」の生長を考えますと、他の場所でも

開花しそうな蕾が多く見られましたので、早めに収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・莢が4~5(cm)程度の大きさになった頃を目安に収穫する。

・収穫するときは株元から園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(30日絹さや・改)95

 

今回は一莢ということでささやかな収穫となりましたが、

小さな莢がカワイらしくてその使い道に困ってしまいました。

 

「さやエンドウ」は親蔓が支柱の先端を大きく越えて伸びてしまうという

問題を抱えつつ、さらなる収穫に向けて大事に育てていかなければなりません。

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「スナップえんどう」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料を一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて土面が完全に渇いてから

ジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(30日絹さや・改)96

 

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
07

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、リベンジ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

寒暖の差が激しいペットボトル菜園ではございますが、

株元付近の葉が枯れてしまっていることから衰えを感じさせていたのも束の間、

脇芽から新たな芽が出てきて蔓を伸ばしており、株の上の方では続々と蕾を着け

一部の蕾からは着果して待望の莢を着けていました。

 

依然として、元気に生長を続けている「さやエンドウ」は少しずつ春の陽気を

感じられるようになるにつれて徐々に着果の数を増やしてくれるのでしょうか?

 

あれから一週間が経過して栽培開始から107日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

見た目には大きな生長の変化を感じなかったものの、親蔓が支柱の先端を越えて

伸びてしまい再び行き場を失いそうな状態になっていました。

ペトさい(30日絹さや・改)81

 

株元付近に寄って観てみたところ枯れている葉の数は徐々に増える一方で、

脇芽から新たな芽や蔓が出てきていて活発な生長を続けていました。

ペトさい(30日絹さや・改)82

 

まだまだ現役で頑張って生長を続ける執念を感じ、今後の生長に期待を持ちました。

 

視線を少し上の方に変えて株の中間部の様子を観てみたところ

パッと見ではあまり生長の変化を感じられなかったのですが、

よく観てみますと脇芽から新たな蕾を着けているのを目にするようになり、

こちらでも新たな生長の変化を感じることができました。

ペトさい(30日絹さや・改)83

 

そして、株の上端部では以前にも増して蔓があちこちから出ていて、

蘭栽培用支柱に絡み付こうとするものの絡み付くことができずにいる蔓

目につきました。

ペトさい(30日絹さや・改)84

 

先述した通り、一部の株の親蔓は支柱の先端を優に越えていて、

親蔓がもう少し伸びたら行き場を失ってしまい「さやエンドウ」の生長に

影響が及ぶ恐れを感じてしまいました。

 

そんな中、一週間前に確認された莢はさらに大きくなっていたものの、

収穫できる大きさではなかったためもう少し様子を見ることにしました。

 

全体的に一週間前よりもパッと見では分からないように育っていたことから

蕾や実着きを良くする'リン酸系肥料'を与えておきました。

ペトさい(30日絹さや・改)85

 

'リン酸系肥料'は遅効性の有機肥料のためすぐには効果が表れませんが、

しばらく経てば「さやエンドウ」の生長に少しずつ変化が出てくると思いますので、

それまでは忍耐強く育てていくことにしましょう!!

 

それからさらに8日が経過して再び「さやエンドウ」の様子を観てみたところ、

早くも追肥の効果が現れ出したのかは分かりませんが全体的に新たな葉が出ていて、

一部の株の親蔓がさらに伸びていて元気に生長を続けていました。

ペトさい(30日絹さや・改)86

 

株元付近の様子を観てみたところ、茶色く枯れた葉が以前よりも減っていて

新たに出てきた葉が大きくなっていた青々としてきました。

ペトさい(30日絹さや・改)87

 

また脇芽からは新たな芽や蔓が出ていて、所々に蕾のようなものまで

着けるようになり、活発な生長の変化を感じることができました。

 

株の中間部では部分的に葉枯れが観られるようになったものの、

脇芽から蕾や蔓が出ていて順調に生長を続けていました。

ペトさい(30日絹さや・改)88

 

株の上端部では一部の株の親蔓が蘭栽培用支柱の先端から目測で10(cm)以上

伸びていて、行き場を失いつつあるように感じました。

ペトさい(30日絹さや・改)89

 

親蔓がこれ以上伸びてしまって行き場を失ってしまった時の対策として

蘭栽培用支柱をこれ以上付け足すことはできないため、最悪なケースとしては

親蔓を下のほうに誘引させるしかないと現時点では思っています。

 

つるなし種の「さやエンドウ」とはいえ、ここまで親蔓を伸ばすことは

栽培開始当初では想定外のことでしたので、今後の栽培を行う上での

課題になりそうです。

 

さて、カワイらしく着けていた莢はさらに大きくなっていましたが、

まだ収穫できるほどの大きさには生長していませんでした。

 

このため、収穫できる大きさに育つまで大事に育てつつ、

早く収穫したい気持ちでいっぱいになりました。

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「さやエンドウ」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

莢が大きくなってきて順調に生長を続けておりますが、

今後も引き続いて土面が渇いてからジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(30日絹さや・改)90

 

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
25
[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、リベンジ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

雪が数回パラつくほど厳しい寒さが続くなか、元気に生長を続ける「さやエンドウ」

蘭栽培用支柱を取り付けたお陰で行き場を失うことなく上の方に向かって

育っていました。

 

株の下のほうは少しずつ葉枯れが進む一方で、上の方に向かうにつれて

蕾を着けているのを多く見かけるようになり、株の上端部では開花しそうな蕾が

いくつも観られるようになったことから待望の着果が楽しみでなりません。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から93日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

パッと見では若干葉数が減ってきたように感じるものの

上端部の蔓はさらに伸びていて元気に育っているように見えます。

ペトさい(30日絹さや・改)72

 

株元付近に近寄って観てみますと葉枯れがさらに進んでいる印象を受けるのですが、

よく観てみると脇芽から新たな芽が伸びて蔓を出していたのです。

ペトさい(30日絹さや・改)73

 

雰囲気的には衰えを感じさせるためこれ以上の生長は見込めないと思うのですが、

新たな芽が伸びて来たり蔓を出して支柱に絡み付こうとする様子を見ると、

まだまだ現役で頑張っていける気がして期待を持ち直してしまいました。

 

視線を少し上の方に向けて株の中間部の様子を観てみたところ、

こちらでは目立った生長の変化を感じることはなく、新たな葉が出てくることも

蕾を着けることもありませんでした。

ペトさい(30日絹さや・改)74

 

特に気になるのは蔓がそれほど多く出ておらず生長が鈍化しているように感じ、

蕾もポツポツと出ていてもそれ以上に大きくなることがないため

着果への期待が薄れて悲しい気持ちにさせられました。

 

それに控え、先述したように株の上端部では活発な生長を続けており、

草丈は一週間前よりもさらに20(cm)近く伸びていて新たな葉も続々と出てきており、

さらには蕾が大きくなって開花しそうな状態のものが多く目につくようになり

順調に生長を続けていました。

ペトさい(30日絹さや・改)75

 

この調子で生長を続ければこれらの蕾の一つくらいは着果しそうな気がします。

 

さらに一週間が経過してこの栽培を始めてからちょうど100日目を迎えたこの日に

再び「さやエンドウ」の様子を観てみたところ、見た目には変わったところがなくて

少し悲しい気持ちになってしまいました。

ペトさい(30日絹さや・改)76

 

そんな中、いつものように株元付近の様子を観てみますと、

葉枯れが進む一方で脇芽から新たな芽がさらに出てきていて

活発な生長を続けていました。

ペトさい(30日絹さや・改)77

 

続々と新たな芽が出てきて、そこから蕾を着けてくれたらいいなという

期待を持ってしまいました。

 

株の中間部では相変わらず葉がワサワサと茂っているものの、

新たな葉や芽が出てくる気配がなく蔓も殆ど伸びていないため

生長が止まってしまったように感じました。

ペトさい(30日絹さや・改)78

 

おまけにポツポツと蕾を着けていても大きくなる気配も感じず

この調子だと株元付近よりも先に生長の衰えが来てしまいそうで不安になりました。

 

そして、株の上端部では一段と活発な生長を続けていて、株の一つの蔓が

3週間前に取り付けた蘭栽培用支柱の先端に届きそうな状態に伸びており、

再び行き場を失う危険性が出てきたことに不安を感じてしまいました。

ペトさい(30日絹さや・改)79

 

元気に生長を続けることはとても喜ばしいことではあるのですが、

ここまで生長してしまうのも違う意味で困りもので贅沢な悩みかもしれません。

 

また、株の上端部では依然として開花しそうな蕾をいくつか着けており、

一週間前に確認した蕾の一つが待望の着果を果たし、カワイらしい莢を着けていました。

 

まだ収穫できそうな大きさにはなっていませんが、

もう少しで収穫できるのかと思うと今からワクワクしてしまいます。

一つしか莢を着けていませんけどね(苦笑)。

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「さやエンドウ」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

待望の莢を着け始めて順調に生長を続けておりますが、

今後も引き続いて土面が渇いてからジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(30日絹さや・改)80

 

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
20

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、リベンジ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

雪がパラつくほど冷え込んでいるにも関わらず、元気よく生長を続ける

「さやエンドウ」は苦肉の策で風の抵抗を受けることなく伸びに伸びてしまった

蔓を誘引することができるように支柱の先端に蘭栽培用支柱を取り付けました。

 

これで少しはまともに生長してくれることを願う「さやエンドウ」ですが、

オレ様の期待する通りには育ってくれそうにないようです。

 

あれから6日が経過して栽培開始から86日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

厳しい寒さが続いているにも関わらず依然として草丈を伸ばして

元気よく生長を続けていました。

ペトさい(30日絹さや・改)67

 

株元付近の様子を観てみたところ、一段と茶色く変色している葉が増えてきて

衰えを感じるようになり、寂しい気持ちになりました。

ペトさい(30日絹さや・改)68

 

しかしながら、脇芽を観てみますと新たな葉や蕾を着けているのが

ポツポツと観られ、まだまだ生長しようという気迫が感じられました。

 

少し視線を上の方に向けて株の中間部の様子を観てみますと、

青々とした葉がワサワサと茂っていて所々に蕾を着けていました。

ペトさい(30日絹さや・改)69

 

ただ以前に比べると目立つような大きな生長の変化は感じられず、

ポツポツと着けている蕾が開花してくれると嬉しいなと思いました。

 

そして、6日前に蘭栽培用支柱で補強した株の上端部の様子ですが、

どの株も目測で10(cm)以上に伸びていて葉数を増やしながら新たな蔓を出し

新設した蘭栽培用支柱に絡み付こうとしていました。

ペトさい(30日絹さや・改)70

 

やはり苦肉の策とはいえ、支柱を立てたのと立てないのでは生長の仕方が

大きく変わり、この「さやエンドウ」についても例外ではなく、

蔓が上に向かって伸びようとしているのが分かりますし、蕾が大きくなって

開花しそうな状態に生長していました。

 

もしかすると、この蕾は近々着果するかもしれませんので期待度が高まりました。

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「さやエンドウ」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

蘭栽培用支柱を付け足したことで順調に続けておりますが、

今後も引き続いて土面が渇いてからジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(30日絹さや・改)71

 

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
09

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、リベンジ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さが続いているにも関わらず、草丈は完全に支柱の頂点から

さらに20(cm)ほど伸びてしまったため行き場を失ってしまいました。

 

何らかの方法で誘引してあげないと風の抵抗を受けただけで損傷するリスクを

負うことになるため早急な対策が求められます。

 

あれから8日が経過して栽培開始から80日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

あれから蔓はさらに数(cm)伸びて周りに支えるものがないのに

上に伸びようとしていました。

ペトさい(30日絹さや・改)56

 

株元付近の様子を観てみたところ、8日前に比べて葉が黄色く変色していたり

枯れている葉が目立つようになってきました。

ペトさい(30日絹さや・改)57

 

視線を少し上のほうに変えて株の様子を観てみますと、

依然として青々とした葉が数多く着けており、支柱に絡み付いている蔓が見られ、

脇芽からは新たな蕾が着けていて元気に育っていました。

ペトさい(30日絹さや・改)58

 

支柱の頂点から上の株の様子を観てみたところ、

草丈が20(cm)以上に伸びてしまったことからヒョロヒョロしていて頼りなさを感じ、

下の写真では分かりませんが、一部の芽については茎が折れてしまっていました。

ペトさい(30日絹さや・改)59

 

一番危惧していたことが現実のものとなり、物凄く悔しさと自分への怒りが

込み上げて来たのですが、不思議なことにこの「さやエンドウ」

茎が折れてしまっているのに蕾から花を咲かせようとしていて

粘り強く生長を続けていたことに感動してしまいました。

 

開花しそうな蕾はポツポツと見られ、これ以上の損傷を阻止するためにも

'ある秘策'で今ある支柱をさらに伸ばすことにしました。

 

ちなみに、今回使用している支柱は伸縮できるものではありませんので、

さらに長く伸ばすことなんてできるわけがありません。

 

が、'ある秘策'を使えば支柱を伸ばすことなんて意図も簡単にできてしまうのです。

そう、今ある支柱の頂点に'蘭栽培用の支柱'をビニールテープで固定するという

古典的なやり方で支柱を伸ばすのです。

 

ということで、以下に示す道具を用意して支柱をさらに伸ばすことにしました。

 

★支柱の付け足し作業に必要な道具★

蘭栽培用支柱(75cm)×4、麻ヒモ、園芸用ハサミ

ペトさい(30日絹さや・改)60

 

★支柱の付け足し作業手順★

ペトさい(30日絹さや・改)61

ペットボトル鉢の四隅に立てているそれぞれの支柱の先端に

「蘭栽培用支柱」を「ビニールテープ」で固定します。

 

ペトさい(30日絹さや・改)62

ペットボトル鉢の四隅に立てているそれぞれの支柱の先端から

10(cm)程の位置から「麻ヒモ」を掛け、ビニールテープで固定した

'蘭栽培用支柱'に一度回しかけながら「麻ヒモ」を渡し、

最後はほどけないように固結びをします。

 

なお、二段目以降は一段下にヒモ掛けした箇所から10(cm)間隔で、

「麻ヒモ」を蘭栽培用支柱に一度回しかけながら「麻ヒモ」を渡し、

最後はほどけないように固結びをします。

 

この作業が終わったら、支柱の付け足し作業は完了となります。

 

 

ひとまず、急拵えで付け足した支柱ですが、元からある支柱に比べると細いため

頼りなさを感じてしまうのですけど、それでも行き場を失っていた

「さやエンドウ」の蔓を支えるものがあるのとないのでは全然違いますので、

今後の生長への期待度が高まりました。

ペトさい(30日絹さや・改)63

ペトさい(30日絹さや・改)64

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「さやエンドウ」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

ひとまず、蘭栽培用支柱を付け足すことで行き場を失った蔓が

再び支えられるようになり不安が解消されましたが、

今後も引き続いて土面が渇いてからジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(30日絹さや・改)65

 

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
02

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、リベンジ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

日増しに寒さが厳しさを増す一方で、元気に生長を続ける「さやエンドウ」

草丈をさらに伸ばし、蕾もさらに数を増やして順調に育っていました。

 

一部の蕾は少し大きくなっているものがあったことから'リン酸系肥料'を

与えたのですが、この肥料は遅効性のため直ぐに効果を現さないことから

継続的に蕾の数を増やしてくれるのかは未知であり、その後の様子が気になります。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から72日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

一段と寒さが厳しさを増しているにも関わらず草丈がさらに数(cm)伸び

全体的に葉数が増えたように感じられ、相変わらず元気に育っていました。

ペトさい(30日絹さや・改)51

 

株元付近に寄って観てみたところ、青々とした葉の間から蔓が伸びているのを

確認することができるものの蕾らしきものを着けている様子は確認できず、

この付近での生長の進展は期待できないように感じました。

ペトさい(30日絹さや・改)52

 

視線を上の方に移すと、こちらでも青々とした葉がワサワサとしている中から

蔓を支柱に絡ませているのを確認することができ、所々に蕾らしきもの

着けているのが確認できました。

ペトさい(30日絹さや・改)53

 

ただ蕾と言えるものかどうかは少し様子を観ないと分かりませんが、

追肥の効果が現れる前でも順調に生長を続けている様子を観ることができるのは

嬉しいことです。

 

また「さやエンドウ」支柱の頂点を優に越えて15(cm)ほど伸びてしまい、

完全に行き場を失っているような状態となっていることから

何らかの方法で誘引してあげないと風の抵抗で株を損傷する恐れがあり、

物凄く不安を感じてしまいました。

ペトさい(30日絹さや・改)54

 

しかも、この付近にはたくさんの蔓が伸びているだけでなく、

開花しそうな蕾がちらほらと観られるようになっているため、

応急処置的でも構わないので誘引する策を早急に行わないと

取り返しのつかないことになりそうです。

 

果たして、誘引する策を見出し、それを実行することはできるのでしょうか?

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「さやエンドウ」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

順調に育っているようには感じているのですが、

やや不安もあるため、今後も引き続いて土面が完全に渇いてから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(30日絹さや・改)55

 

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
01月
22

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、リベンジ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

一段と寒さが厳しさを増しているにも関わらず元気に生長を続けている

「さやエンドウ」ですが、支柱の頂点を遥かに越えてしまうほど芽が伸びて

しまっているため行き場を失ってしまい、その後の生長が心配でなりません。

 

何とかしてあげたいのは山々なのですが、今のところ最善な対策を

考えることができず、苦慮しているのでした。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から65日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

草丈がさらに10(cm)ほど伸びていて完全に行き場を失っていているのが観て分かり、

パッと見では一部の芽が折れてしまっているように見えました。

ペトさい(30日絹さや・改)46

 

かなり不安を感じ、何とかしてあげたい気持ちが募るところですが、

株元付近では新たな葉が出ている様子は感じられないものの、既存の葉は

大きくなっていて元気に育っているように感じました。

ペトさい(30日絹さや・改)47

 

ただ、一部の葉が少し黄色く変色して来ているように見えることから

鉢内の土の栄養分が不足しているように思いました。

 

視線を上の方に変えて様子を観てみたところ、

厳しい寒さの影響からなのか以前よりも生長が鈍っているように感じられ、

葉は少し大きくなっているものの新たな葉が出ている様子は見られませんでした。

ペトさい(30日絹さや・改)48

 

ただ所々に出てきていた蕾らしきものが少し数を増やして大きくなっていて、

厳しい寒さの中でも順調に育っていることに逞しさを感じました。

 

蕾らしきものはまだ小さいものの着実に大きくなっていることから

紛れもなく蕾であると断定し、今後はさらにその数を増やしながら

大きく生長を続けていくことと土の栄養不足を考えますと一番大事な時期での

不安要素は早期に解消する必要があるため、実着きを良くして葉の生育を促す

'リン酸系肥料'を一摘み与えておくことにしました。

ペトさい(30日絹さや・改)49

 

この'リン酸系肥料'は遅効性のためすぐに「さやエンドウ」の生長に影響を

促すことはできませんが、数週間ほど経てば少しずつその効果が現れますので

今しばらくの間は静かに様子を観ることにしたいと思います。

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「さやエンドウ」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み追肥すること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

順調に育っているようには感じているのですが、

やや不安もあるため、今後も引き続いて土面が完全に渇いてから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(30日絹さや・改)50

 

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker