FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
9/20 再び咲き始めた「日々草」ではありますが…。
9/19 急生長を続ける「ピーマン」に支柱を立ててみたところ…。
9/18 早くも「茎ブロッコリー」に花蕾を着けそうな気配を感じました!!
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
07月
20

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

蕾を着けた「カモミール」は開花するものの思っていたよりも花びらが小さく、

散るのも早くて落ち着いて観る間がありませんでした。

 

少し肩透かしのような感じになってしまった「カモミール」ではありますが、

花が散った後も草丈を伸ばして葉も数を増やして元気に育っていました。

 

もう一度、開花するところを観てみたい「カモミール」に期待を寄せるのでした。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から216日目を迎えた「カモミール」ですが、

花が散った蕾は横を向いてしまったものの、依然として葉数を増やして元気よく育っていました。

ペトさい(カモミール)61

 

近くに寄って観てみたところ新たな蕾を着ける様子は伺えなかったため、

早く蕾を着けてくれるのが待ち遠しくなりました。

 

それからさらに一週間が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

梅雨入りして雨続きの天気が続いていたこともあり葉色が若干黄色く変色してきていました。

ペトさい(カモミール)62

 

しかし、近くに寄って観てみますと小さな蕾が着いているのを確認することができ、

ニンマリしてしまいました。

 

この蕾がさらに大きくなって開花してくれることに期待してしまいました。

 

ところが、一週間が経過して「カモミール」の様子を観てみますと、

葉色がさらに黄色く変色しているように感じられるのと同時に、

開花を期待していた蕾も黄色く変色してしまい、開花できる状態ではなくなり

失望感MAXになりました。

ペトさい(カモミール)63

 

新たな蕾を着けたことで開花するのを楽しみにしていたことがこのような姿になってしまい、

頭が真っ白になって何も考えることができなくなりました。

 

現在の「カモミール」の状態から観てみても新たな蕾を着ける見込みはほぼゼロに近い状態のため、

今回の「カモミール」栽培は目的を完全に果たすことなく終わりを迎えそうで悔しさが込み上げてきました。

 

最後に、「カモミール」の栽培データを以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
02

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

これまで生長の変化が著しかった「カモミール」でしたが、下葉が枯れ落ちて上向きに新たな葉が

出てくるようになり、おまけに蕾も着けていたことから'中型ペットボトル鉢'に植え付けました。

 

植え付けた感触としてはやや風の抵抗を受けやすい状態にはあるものの萎れることなく

元気に育ちそうな気配を感じ、蕾が大きくなって開花するのが待ち遠しくなりました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から202日目を迎えた「カモミール」ですが、

草丈はさらに2(cm)近く伸びて蕾が少し大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(カモミール)58

 

近くに寄って観てみたところ、葉はさほど増えているようには感じなかったのですが、

肝心の蕾のほうは開花しそうな気配を感じました。

 

それから一週間が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

草丈は少し伸び葉も数を増やしていて開花しそうな蕾もさらに大きくなっていました。

ペトさい(カモミール)59

 

パッと見では順調に育っているように感じた「カモミール」でしたが、

近くに寄って観てみたところ蕾は既に開花した後のようで花びらが殆ど萎れてなくなっていました。

 

開花を楽しみにしていただけに花びらが殆どなくなってしまった姿を見た時には頭が真っ白になり

何が起きているのかが分かりませんでした。

 

今の「カモミール」の状態から見ると新たな蕾を着ける気配は感じられず、

せっかく楽しみにしていた開花を見ることができなかったことはとても残念でなりません。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も引き続いて、水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(カモミール)60

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
06月
17

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

これまで生長の変化が著しかった「カモミール」は葉数を増やしながら形を変えて来ましたが、

ここにきて、下葉が枯れ落ちて葉の向きをやや上向きに変えながら草丈を伸ばしてきました。

 

新たな生長の変化に興味津々のオレ様ですが、一部の葉が若干黄色み掛かっているのが気になります。

 

あれから13日が経過して栽培開始から194日目を迎えた「カモミール」ですが、

草丈が目測で5(cm)近くに伸びていて、葉は以前のように纏まりはないものの

青々としていて元気に育っていました。

ペトさい(カモミール)50

 

約2週間ほど間を開けて様子を観てみたこともあり生長の変化に驚かされたのですが、

大きく変化した所はまさかの蕾を着けていたことでした。

 

まだすぐに開花する状態ではありませんが、このままの状態のまま育苗を続けるわけにはいきませんので

'中型ペットボトル鉢'に植え付けて育てることにしました。

 

★植え付けのポイント★

・草丈が6~7(cm)程度になり葉が上向きになってきた頃を目安に行う。

・植え付ける鉢は深さのあるものを用いること。

 

 

★植え付け作業に必要な道具★

苗を植え付ける際に必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意下さい。

 

育苗したカモミールの苗、中型ペットボトル鉢、

粒状培養土、移植ゴテ、ジョウロ

ペトさい(カモミール)51

 

 

★植え付け作業手順★

ペトさい(カモミール)52

'中型ペットボトル鉢'に「粒状培養土」を入れます。

 

粒状培養土は鉢の縁から7(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

ペトさい(カモミール)53

育苗した「カモミールの苗」を'育苗用ペットボトル鉢'から取り出します。

 

「カモミールの苗」を取り出す際は株や根を傷めないようするため、

苗の株元を人差し指と中指で挟み苗があるほうを下にして取り出します。

 

ペトさい(カモミール)54

'カモミールの苗''中型ペットボトル鉢'の中央に配置し、

その周辺に「粒状培養土」を入れて土と根鉢を密着させます。

 

ペトさい(カモミール)55

'カモミールの苗'が萎れないように「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて、

植え付け作業は完了となります。

 

ひとまず、「カモミール」の苗は無事に'中型ペットボトル鉢'へ植え付けることができましたが、

草丈が少し長く風の抵抗を受けやすい状態のためしばらくの間はこまめに様子を観ながら育てたいと思います。

ペトさい(カモミール)56

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も引き続いて、水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(カモミール)57

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
05月
27

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

生長の変化が著しい「カモミール」は葉数を増やしながら形を変えてきました。

 

ここにきて下葉が枯れ出し、「カモミール」はさらに生長の形態を変えて

大きく育ちそうな予感がしています。

 

あれから8日が経過して栽培開始から175日目を迎えた「カモミール」ですが、

草丈が1(cm)ほど伸びて葉は下葉が枯れてきているため数を減らしていました。

ペトさい(カモミール)47

 

ただ、以前に比べるとは葉の向きがやや上を向いているように感じられ、

確実に新たな形態への変化を感じさせるものになりそうです。

 

それからさらに6日が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

草丈はさらに伸び下葉は完全に枯れてなくなってしまい、その他の葉は上を向いていました。

ペトさい(カモミール)48

 

若干葉色が黄色みかがってきているのが気になりましたが、6日前に比べると少し大きくなったように感じます。

 

順調に育っていると言ってよいのか分かりませんが、完全に枯れ果ててしまうような最悪な状態に

なることはなさそうですので、今は静かに様子を見てみたいと思います。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)程度に伸び、葉が上向きになってきた頃に大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も引き続いて、水やりを行う際は土面が乾ききってから

霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)49

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
05月
02

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

生長の波が激しい「カモミール」ですが、歪な形になりながらも葉数を増やして大きくなり、

草丈も少し伸びて順調に育っていました。

 

以前までの生長に比べますと新たな生長にシフトしてきたように感じる「カモミール」ですので、

今後の生長からより目が離せなくなってきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始からちょうど160日目を迎えた「カモミール」ですが、

葉が一段と大きくなったことで株としても一回り大きくなった印象を受け、

順調に育っているように感じました。

ペトさい(カモミール)44

 

ただ、一部の下葉が黄色く変色していて枯れそうな感じがして、少し不安になりました。

 

それからさらに一週間が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

葉がさらに広がるように大きくなっていて元気よく育っていました。

ペトさい(カモミール)45

 

ただ葉が横に広がるように生長する一方で、黄色く変色している下葉の数がさらに増えていて

かなり不安になってしまいました。

 

下葉はどうしても土面と触れやすいことから黄色く変色してしまうのは分かるのですが、

それでも、下葉が枯れてしまうことにより葉数が減ってしまうのは残念なことですので、

できるだけ葉数を減らさずに大きく育ってもらいたいと思うのが正直な気持ちです。

 

「カモミール」がこの先、どのような生長を見せるのか様子を観てみたいと思います。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も引き続いて、水やりを行う際は土面が乾ききってから

霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)46

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
04月
19

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

順調に育っていたかに見えた「カモミール」でしたが、

またしても葉の一部が枯れてしまうトラブルに見回れ

悪夢のような展開に落胆しました。

 

しかしながら、今の「カモミール」には活力がみなぎっているため

葉枯れを起こしてしまった葉は消滅してしまいましたが、その他の葉については

さらに大きくなっていることから以前ほどの不安を感じることなく

観ていることができるのです。

 

若干歪な形になってしまった「カモミール」ではありますが、

期待度はさらに高まっておりますのでその後の生長が楽しみでなりません。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から146日目を迎えた「カモミール」ですが、

オレ様が思っていた以上に葉数が増えていて草丈も少し伸び

元気よく育っていました。

ペトさい(カモミール)41

 

ここまで株が大きくなっていると嬉しくて自然と笑みがこぼれ、

その後の生長が気になって仕方がありませんでした。

 

それからさらに一週間が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

葉数がさらに増えて大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(カモミール)42

 

一週間前に比べると葉が少し横に広がりを見せるようになってきたように感じ、

新たな生長に向けた動きを見せ始めているようにも感じました。

 

今の「カモミール」は少しぐらいのトラブルが発生しても再起するだけの

力がありますので、今後の生長が楽しみでなりません。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も引き続いて、水やりを行う際は土面が乾ききってから

霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)43

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
04月
04

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

春の陽気を感じる日々が増えたことにより順調に大きく生長する「カモミール」は

完全に復活を遂げ、更なる生長に期待が持てる存在になりつつありました。

 

しかし、以前にも期待を寄せている最中に突然の衰弱した姿に変わり果てて

株が半分に縮まってしまった経緯があることを踏まえますとまだ油断はできません。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から132日目を迎えた「カモミール」ですが、

一段と葉が大きくなっていて元気よく育っていました。

ペトさい(カモミール)38

 

一見すると順調に育っているように見える「カモミール」ではあるのですが、

よく観てみますと葉の一部が黄色く変色している箇所があり、

再び'あの悪夢'が再現されるのではないかと不安を感じてしまいました。

 

それからさらに一週間が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

今までとは少し姿を変えてしまい葉の一部が枯れて消えてしまっていました。

ペトさい(カモミール)39

 

まさかの悪夢の再来に落胆したオレ様ではあったのですが、

以前の時とは違って、葉の殆どが消え去ってしまっているわけではなく、

部分的に消滅していただけでしたのでまだ希望を捨てるには早く、

通気の良い場所に移して育てることにしました。

 

現在の「カモミール」を観た限りでは一部の葉がより大きくなっていて

新たな葉が出てきそうな気配を感じたことから今までとは少し違う形での

大きな生長に期待を寄せています。

 

次に「カモミール」がどのように化けてくれるのか楽しみな今日この頃です。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も引き続いて、水やりを行う際は土面が乾ききってから

霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)40

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
18

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

一時は残した一株の芽が消滅するかもしれない危機的状況に追い込まれていた

「カモミール」でしたが、全体の半分に縮まったところで脱出することができ、

その後は少しずつ復活の兆しを見せるように株が大きくなってきました。

 

ようやく元の状態に戻った「カモミール」はこの調子でさらなる生長を続けることが

できるのでしょうか?

 

あれから5日が経過して栽培開始から118日目を迎えた「カモミール」ですが、

株が一回り大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(カモミール)35

 

近くに寄って観てみますと新たに出てきた葉を確認することはできませんでしたが、

どの葉も青々としていて少し大きくなっていたことに安定した生長を

続けていけそうな感じがしてきました。

 

さらに一週間が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

葉がさらに大きくなっていて草丈も少し伸び、順調に生長を続けていました。

ペトさい(カモミール)36

 

近くに寄って観てみますと新たな葉が数枚出てきているのを確認することができ

大きくなった葉が増えたことにより株全体として観てみても大きくなっていて、

「カモミール」は生長の勢いに乗ってさらに株を大きくしそうな予感がしてきました。

 

果たして、次に「カモミール」を観たときにはどこまで大きく生長しているのか

楽しみになってきました。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

「カモミール」は生長の勢いをつけ始め、さらに大きく生長していきそうですが、

今後も引き続いて、水やりを行う際は土面が乾ききってから

霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)37

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
08

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

この栽培を始めた当初は順調に育っていた「カモミール」でしたが、

寒さが厳しさを増すに連れて生長の鈍化が酷くなってしまいました。

 

なんとか、この状況を打開したいと思い、最後の手段として間引きを試みてみるも

逆に、間引きで残した生育の良さそうな芽が次々と消滅し

残った1株の芽も衰弱するという裏目に出る結果となってしまい、

この栽培は最大の危機を迎えてしまったのでした。

 

あれから8日が経過して栽培開始から105日目を迎えた「カモミール」ですが、

以前に比べると半分くらいの大きさに縮まってしまい悲しくなりました。

ペトさい(カモミール)32

 

しかし、8日前とは葉の状態が明らかに違って青々としていて、

新たな葉が出てきているように感じられたのです。

 

これはひょっとして復活の兆しかなと淡い期待を持ちつつ、

少し様子を観ることにしました。

 

それからさらに8日が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

オレ様の期待を察知したのかは分かりませんけど、株そのものが大きくなっていて

以前のような大きな葉に育っていたのです。

ペトさい(カモミール)33

 

しかも、葉の状態を観ても青々としていて張りがあり黄色く変色した葉は

一つも見当たらず新たな葉も増えていることから観ても「カモミール」が

再起したと言ってもよいのではないかと思いました。

 

これから「カモミール」がさらなる生長を遂げて一日も早く植え付けできる苗に

育ってもらいたいと思う今日この頃です。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

衰弱して危機的状態から脱することができた「カモミール」ですが、

今後も引き続いて、水やりを行う際は土面が乾ききってから

霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)34

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
23

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

初めのうちは順調に育っていた「カモミール」でしたが、

寒さが厳しさを増してきたのを転機に徐々に生長の鈍化が酷くなり

いつの間にか思うような生長ができずにもがいてしまっていました。

 

このままではさらに生長の鈍化が進み、大きく育ってくれないと思ったことから

前々からやろうと思っていた間引きを行い、生育のよさそうな芽を3株残しました。

 

果たして、このタイミングでの間引きは功を奏しと

生長のキッカケとなるのでしょうか?

 

あれから一週間が経過して栽培開始から83日目を迎えた「カモミール」ですが、

3株残したはずの芽のうち二株が消滅してしまい、残った一株の芽も

少し衰弱していて元気がありませんでした。

ペトさい(カモミール)28

 

良かれと思って行ったことが裏目に出てしまったようで、

あまりの変わりように絶句してしまいました。

 

なんとか、元気を取り戻してほしいと思いながら一週間が経過して、

再び「カモミール」の様子を観てみたところ葉の一部がなくなってしまい

株の大きさが半分くらいに小さくなってしまいました。

ペトさい(カモミール)29

 

どんどん悪化しているように感じてならない「カモミール」の姿が痛々しくて

直視することができませんでした。

 

それからさらに一週間が経過して「カモミール」の様子を観てみますと、

葉数が少なくなったというよりは縮まってしまって株が小さくなっていました。

ペトさい(カモミール)30

 

しかも、大きかった葉の殆どが姿を消し残った葉も黄色く変色しており、

このままでは株そのものが姿を消してしまう危機的状態にあるため、

なんとかして元気を取り戻す術を探して早く処置したいと思います。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

間引いたことがキッカケで「カモミール」の芽を衰弱させてしまい

危機的状態にありますので、水やりを行う際は土面が乾ききってから

霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)31

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker