FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
8/18 【リメイク版】「シシトウ」栽培(7)~採種~
8/17 今日のガリガリ君XXXXXXIV
8/17 違う色の「日々草」が咲き始めました!!
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
02月
24

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鉢植え専用トマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマトの「レジナ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前にペットボトルで育てた「レジナ」という品種

鉢植え専用トマト栽培について綴った記事をベースにリメイクしたものです。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うためのたたき台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返る意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「レジナ」栽培の

記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足することはあるものの、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「レジナ」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「レジナ」栽培のお話をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

気温が30℃以上まで上がる日が続くようになり、赤い実を着ける「レジナ<赤>」

黄色い実を着ける「レジナ<黄色>」の2種類の鉢植え専用トマトは

さらに過熱したバトルを繰り広げるかのように競り合いながら生長を続けていて、

次々と新たな花房に蕾を着けては開花させ、目測で1.0~1.3(cm)程度の

大きさの実をたくさん着けるようになりました。

 

本来は支柱を立てる必要のない鉢植え専用トマトではあるのですが、

想像していた以上にたくさんの実を着けてしまったためにその重さで

株が横に傾いてしまい、急遽支柱を立てて支えることにしました。

 

どちらの鉢植え専用トマトはまだまだ着果しそうな気配を感じ、

ますます今後の生長から目が離せなくなってきました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から84日目を迎えた「レジナ<赤>」ですが、

ここにきて株元付近の葉が茶色く変色して枯れ落ちるようになってきたものの

株の上部には依然としてたくさんの実が鈴なりになっていました。

ペトさい(レジナ・Remake)40

 

8日前の「レジナ<赤>」では「レジナ<黄色>」ほどたくさんの実を着けて

いなかったことから支柱を立てる必要はなかったですが、この8日間で

これらの実が大きくなったことによりその重さに耐えきれなくなったことから

株が前方に傾いてしまったため、急遽支柱を立てて支えることにしました。

 

また、「レジナ<赤>」にはもう一つの生長の変化が観られるようになり、

株の近くに寄って観てみたところ一部の実が1.5(cm)ほどの大きさになっていて、

かつ、赤く熟し始めていたのです。

 

いよいよ、「レジナ<赤>」は収穫へのカウントダウンが始まったように感じた

瞬間となりました。

 

一方、「レジナ<黄色>」のほうは「レジナ<赤>」同様に株元付近の葉が

黄色く変色するようになってはいるものの葉が落ちるまでには至らず

その一方で新たな葉が増えてワサワサとしていました。

ペトさい(レジナ・Remake)41

 

また、「レジナ<黄色>」に着果している実の様子を観てみますと、

8日前よりもさらに3(mm)ほど大きくなっていて鈴なりとなっており

さらに、新たな実をたくさん着けていました。

 

ここまでのところ、実の大きさにおいては「レジナ<赤>」が一歩リードし

実着きについては「レジナ<黄色>」が一歩リードしており、どちらも様々なところで

譲らない展開となっていて今後の生長がさらに加熱して目が離せなくなりました。

 

それからさらに9日が経過して、この日の気温が既に35℃を超す猛暑日となる中

再び「レジナ<赤>」の様子を観てみたところ、さらに生長した姿に目を奪われました。

 

そう、「レジナ<赤>」に着果したたくさんの大きな実が赤く熟していたのです。

ペトさい(レジナ・Remake)42

 

赤く熟した実もまだ未熟な実も目測で1.5~1.7(cm)ほどの大きさに育ち、

ここまで順調に生長してくれたことに感極まってしまいました。

 

一方、「レジナ<黄色>」のほうは「レジナ<赤>」と同様に、たくさんの実が

黄色く色付いていて葉と実の色のコントラストがとてもキレイでした。

ペトさい(レジナ・Remake)43

 

「レジナ<黄色>」も「レジナ<赤>」と同様に目測で1.5(cm)前後の大きさの実が

鈴なりになっていて、やはり「レジナ<赤>」より実着きはいいように感じました。

 

2種類の鉢植え専用トマトがたくさんの実をここまで熟していましたので、

そのまま鑑賞して楽しむだけではもったいないと思い収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・実が完全に熟してきてから収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

 

2種類の鉢植え専用トマトを収穫してみたところ、想像していた以上に

多くの実を収穫できて嬉しくなり数を数えてみました。

ペトさい(レジナ・Remake)44

 

その結果、「レジナ<赤>」31個「レジナ<黄色>」61個となり、

圧倒的に「レジナ<黄色>」の収穫量が多かったことからバランスを取るために

半分くらい減らして写真を撮ったのでした(苦笑)。

 

それにしても、これだけの量の鉢植え専用トマトを収穫できても

一度に食べるこことはできないため、何日かに分けて食べることにしました。

 

とその前に、元々、今回育てた2種類の鉢植え専用トマトはその字の如く、

観賞用のトマトですので食べることなんて無理だと思いませんか?

 

しかしながら、オレ様は'ある栽培法'で2種類の鉢植え専用トマトを

育てたことにより食用として美味しく頂けるようにし、甘くてジューシーで

皮が固くないフルーツトマトのような出来に仕上げることができたのでした。

 

皆さんが気になる'ある栽培法'とは以下に示す写真のような炭酸水による栽培法で、

炭酸水を使った栽培法は、植物の根がpH濃度5以上になると根が分泌する

有機物の効力が向上し、肥料の吸収を良くする効果があることから結果として

肥料の使用量を半分以下に減らすことができることで最近農家の方の中でも

注目を集めている栽培法なのです。

ペトさい(栽培用炭酸水)

 

オレ様は元々環境活動の一環でペットボトル栽培を始めるようになり、

その流れで様々な環境問題に関するブログ記事を書く中で「炭酸水栽培」のことを

記事にしたところ、この栽培法を考案された有名な農家の方から

直接お声を掛けて下さり、色々な話を伺った際にその方がこの栽培法で

育てたミニトマトをご馳走になりました。

 

この有名な農家の方から頂いたミニトマトは今までに食べたことのない

ジューシーでとても甘くフルーツトマトのような味で、好き好んでミニトマトを

食べないオレ様はこの味に惚れて込んでしまった事を今でも鮮明に覚えています。

 

その後、この栽培法を考案された有名な農家の方からこの栽培法をご教授頂き、

ペットボトルであのような味をしたミニトマトを育ててみたいという想いが

キッカケで今回のペットボトルによる2種類の鉢植え専用トマト栽培を

始めたのでした。

 

一応、炭酸水を使った栽培法については考案された方に許可を頂いて育てており、

実のところ、大量収穫した2種類の鉢植え専用トマトにはまだたくさんの蕾を

着けており、しばらくの間は収穫を楽しめそうです。

 

今回の栽培は我がペットボトル栽培における代名詞的存在となりうるため、

収穫する前に2種類の鉢植え専用トマトを並べて記念撮影しました。

ペトさい(レジナ・Remake)45

 

最後に、2種類の鉢植え専用トマトの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから鉢植え専用トマトの「レジナ<赤>」「レジナ<黄色>」

種から育てたいと思われた方はこちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

また、'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★レジナ<赤>の栽培データ★

ペトさい(レジナ・Remake)19

 

★レジナ<黄色>の栽培データ★

ペトさい(レジナ・Remake)20

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
17

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鉢植え専用トマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマトの「レジナ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前にペットボトルで育てた「レジナ」という品種

鉢植え専用トマト栽培について綴った記事をベースにリメイクしたものです。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うためのたたき台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返る意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「レジナ」栽培の

記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足することはあるものの、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「レジナ」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「レジナ」栽培のお話をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

赤い実を着ける「レジナ<赤>」と黄色い実を着ける「レジナ<黄色>」の2種類の

鉢植え専用トマトは競り合いながら順調に生長を続けて蕾を着けたのですが、

「レジナ<赤>」の方がわずかにリードするように開花し始めました。

 

気温が30℃近くまで上がる日が増えきたことから更なる生長に期待が持てます。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から63日目を迎えた「レジナ<赤>」ですが、

草丈よりも葉の生長のほうが顕著で、パッと見でも分かるほどに黄色い花が

さらに咲いていて、順調に育っていました。

ペトさい(レジナ・Remake)33

 

また、近くに寄って観てみたところ前回開花した箇所が見事に着果していて、

目測で直径1(cm)ほどの大きさの実を着けていたのです。

 

待望の実が着けてくれたことでとても嬉しくなって発狂してしまいましたが、

あと数週間ほど待てば収穫できるかと思うとソワソワしてしまいました。

 

それにしても、「レジナ<赤>」がペットボトルで大きく生長することができたのは

鉢内の土中に太い根がいくつも張っているからであり、これだけしっかりと

根付いていれば「レジナ<赤>」は余程のことがない限り一段と大きく生長し、

立派な果実を収穫できると思います。

ペトさい(レジナ・Remake)34

 

一方、「レジナ<黄色>」のほうも「レジナ<赤>」に負けじと草丈を伸ばし

葉数を増やして大きく生長しており、一週間前に確認された蕾から開花

他の花房にも新たな蕾や開花しているものが確認することができました。

ペトさい(レジナ・Remake)35

 

「レジナ<赤>」の生長に比べると1テンポ遅れていますが、

それでも元気よく生長を続けていますのでさらなる生長に期待が持てます。

 

それからさらに6日が経過して「レジナ<赤>」の様子を観てみたところ、

草丈を数(cm)伸ばし葉も大きくなり、蕾や花の殆どが着果していました。

ペトさい(レジナ・Remake)36

 

着果した実の大きさは目測で直径1.0~1.5(cm)程度あって、

嬉しいことにこれらの実が鈴なりになっていたのです。

 

近くに寄って観てみますと、花房の数は6日前より2倍近くに増えていて、

新たにできた花房には蕾を着けていました。

 

一方、「レジナ<黄色>」のほうは「レジナ<赤>」に一方リードされたことに

ショックを受けてグレてしまったのか葉が下を向いていて、

少し元気がなさそうに見えました。

ペトさい(レジナ・Remake)37

 

しかしながら、葉が下を向いていても葉の張りはキープしており、

6日前に開花した箇所から直径1(cm)程度の大きさの実を着けているのを

確認することができました。

 

「レジナ<黄色>」は意外と見かけによらずに生長する節があるように感じ、

近くに寄って観てみたところ「レジナ<赤>」に引けを取らないほどの数の実が

鈴なりに着いていて、「レジナ<赤>」の生長に追い付いたように感じました。

 

2種類の鉢植え専用トマトはさらに過熱したバトルを繰り広げるかのように

競り合いながら生長を続けていて次々と新たな花房に蕾を着けては開花させ、

今後もたくさんの実を着けてくれそうな予感がして期待度が高まりました。

 

さらに一週間が経過しますと、「レジナ<赤>」は葉の広がり方が少し変わって、

やや縮こまったように感じられたのですが、着果した実は順調に大きくなり、

その重さからなのか株がやや右に傾いていました。

ペトさい(レジナ・Remake)38

 

「レジナ<赤>」を違う角度から観てみたところ、

鈴なりになる実は目測で1.5(cm)位の大きさに育っていて

収穫が間近に迫ってきたように感じました。

 

一方、「レジナ<黄色>」未だに草丈が伸び続けており、

不思議なことに株の右側に集中するかのように実がなっていたのです。

ペトさい(レジナ・Remake)39

 

'鉢植え専用トマト・レジナ'はどちらか一方に実が着ける習性があるのですが、

支柱を立てて支えるほどの実を着けないとされています。

 

しかしながら、「レジナ<黄色>」の場合には株の右側に集中して実を着けそう

気配を感じ、実が大きくなったことによる重さに耐えられずに

株が右側に傾いてしまったため、急遽支柱で支えることにしました。

 

「レジナ<黄色>」の着果している箇所を覗いてみたところ

「レジナ<赤>」に比べるとやや小振りではあったのですが、

それでも目測で1.0~1.3(cm)程度の大きさの実をたくさん着けていましたので、

もしかすると「レジナ<赤>」よりも実着きはよいかもしれません。

 

最後に、2種類の鉢植え専用トマトの栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから鉢植え専用トマトの「レジナ<赤>」「レジナ<黄色>」

種から育てたいと思われた方はこちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

・2~3日に一度は栽培用炭酸水を与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回 、2種類の鉢植え専用トマトの芽から蕾が出始めましたので、

これからも引き続いてジョウロを使って水を与えるようにしましょう。

 

また、鉢内の土の栄養分が不足する恐れがあるため、2~3日に一度は

水やりの際に栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにしましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★レジナ<赤>の栽培データ★

ペトさい(レジナ・Remake)19

 

★レジナ<黄色>の栽培データ★

ペトさい(レジナ・Remake)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
10

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鉢植え専用トマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマトの「レジナ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前にペットボトルで育てた「レジナ」という品種

鉢植え専用トマト栽培について綴った記事をベースにリメイクしたものです。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うためのたたき台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返る意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「レジナ」栽培の

記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足することはあるものの、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「レジナ」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「レジナ」栽培のお話をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

赤い実を着ける「レジナ<赤>」と黄色い実を着ける「レジナ<黄色>」の2種類の

鉢植え専用トマトは共に低温障害の影響で一部の葉に茶色く変色している箇所が

見られましたが、どちらも一歩も譲らず草丈を数(cm)伸ばし葉も数を増やして

大きくなったことから今後の生長を見据えて生育の悪そうな芽を間引きました。

 

「レジナ<赤>」「レジナ<黄色>」共にペットボトル鉢に一株ずつ残しており、

これからが本格的な栽培のスタートとなるのでした。

 

あれから11日が経過して栽培開始から47日目を迎えた「レジナ<赤>」ですが、

草丈をさらに5(cm)ほど伸ばし葉も数を増やして大きくなっていて

葉の色も濃い緑色になり元気に育っていました。

ペトさい(レジナ・Remake)27

 

一方、「レジナ<黄色>」も「レジナ<赤>」に負けじと草丈を約7(cm)伸ばし、

葉数もさらに増え、順調に育っているようでした。

ペトさい(レジナ・Remake)28

 

どちらの鉢植え専用トマトも11日前に間引きを行ったことにより

鉢内の土の栄養分を独占できる状況となったことに加えて、

夏日を超す日が続いていることから飛躍的な生長を遂げたのだと思います。

 

さらに5日が経過して再び「レジナ<赤>」「レジナ<黄色>」の様子を

観てみたところ、どちらも草丈が3(cm)ほど伸びていて、葉も数を増やして

大きくなっていました。

ペトさい(レジナ・Remake)29

ペトさい(レジナ・Remake)30

 

特に、「レジナ<黄色>」の方は「レジナ<赤>」よりも葉数が多く着いており、

ここに来て、生長の差が手始めたように感じました。

 

それからさらに4日が経過して「レジナ<赤>」の様子を観てみますと、

草丈がさらに5(cm)ほど伸び、葉数もさらに増えて大きく生長していました。

ペトさい(レジナ・Remake)31

 

しかも、株の近くに寄って観てみたところポツポツと小さな蕾を着けていて、

その一部には開花しているものがあったのです。

 

この4日という短い間に飛躍的に生長していることは目に観て分かりますが、

このように汲まなく見て回った結果このよう発見をするととても嬉しいです。

 

「レジナ<赤>」に蕾や開花を確認することができましたので、

一歩リードしている「レジナ<黄色>」のほうも期待ができそうです。

 

早速、「レジナ<黄色>」のほうも確認してみたところ、

「レジナ<赤>」と同様に草丈は5(cm)近く伸びていて、葉も数を増やして

大きくなっていました。

ペトさい(レジナ・Remake)32

 

そして、「レジナ<黄色>」についても汲まなく観てみたところ、

ポツポツと小さな蕾を着けているのを確認することはできたのですが、

開花している蕾は見当たりませんでした。

 

4日前までは「レジナ<黄色>」の方がリードしていただけに期待していたのですが、

結果的には「レジナ<赤>」にリードを許すことになってしまいました。

 

しかしながら、「レジナ<黄色>」にも蕾を着けておりますので、

ここ最近の気温が30℃近くまで上がる日が増えたことを踏まえれば

「レジナ<赤>」に追い着くことは容易だと思います。

いずれにせよ、2種類の鉢植え専用トマトは飛躍的な生長を遂げておりますので、

次に様子を観るときには新たな展開を迎えるかもしれないという期待が

高まってきました。

 

最後に、2種類の鉢植え専用トマトの栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから鉢植え専用トマトの「レジナ<赤>」「レジナ<黄色>」

種から育てたいと思われた方はこちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

・2~3日に一度は栽培用炭酸水を与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回 、2種類の鉢植え専用トマトの芽から蕾が出始めましたので、

これからも引き続いてジョウロを使って水を与えるようにしましょう。

 

また、鉢内の土の栄養分が不足する恐れがあるため、2~3日に一度は

水やりの際に栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにしましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★レジナ<赤>の栽培データ★

ペトさい(レジナ・Remake)19

 

★レジナ<黄色>の栽培データ★

ペトさい(レジナ・Remake)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
03

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鉢植え専用トマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマトの「レジナ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前にペットボトルで育てた「レジナ」という品種

鉢植え専用トマト栽培について綴った記事をベースにリメイクしたものです。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うためのたたき台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返る意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「レジナ」栽培の

記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足することはあるものの、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「レジナ」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「レジナ」栽培のお話をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

赤い実を着ける「レジナ<赤>」と黄色い実を着ける「レジナ<黄色>」の2種類の

鉢植え専用トマトは共に草丈を1~2(cm)に伸ばし、本葉も数を2倍近くに

増やして大きく生長していました。

 

概ね順調に育っている一方で、ここ最近の気温の低下の影響から一部の葉が

茶色く変色しているところがあり、少し不安に感じるところが出てきました。

 

果たして、2つの品種の「レジナ」はこの病気に勝つことができるのでしょうか?

 

あれから8日が経過して栽培開始から36日目を迎えた「レジナ<赤>」ですが、

草丈が3(cm)近く伸び葉数もより増え、飛躍的な生長していました。

ペトさい(レジナ・Remake)21

 

ここ数日間、気温が25℃を越える日が続いていることもあり、

「レジナ<赤>」の生長に一役買ったのかもしれません。

 

一方、「レジナ<黄色>」は「レジナ<赤>」と同様に、負けじと草丈を3(cm)近く伸ばし

葉数も増やして大きく育っていました。

ペトさい(レジナ・Remake)22

 

「レジナ<黄色>」は葉数では「レジナ<赤>」と同程度でしたが、

葉の大きさでは一歩リードした感が見受けられました。

 

お互いに、順調に育っているように感じる2種類の「レジナ」ですが、

未だに低温障害の影響は引きずっているようで一部の葉が茶色く変色している箇所が

見受けられますので、今後も元気に育ってくれることを切望します。

 

それから5日が経過して再び2種類の「レジナ」の様子を観てみたところ、

「レジナ<赤>」は草丈をさらに2(cm)ほど伸ばし葉も数を増やして大きくなり、

順調に育っているように感じました。

ペトさい(レジナ・Remake)23

 

一方、「レジナ<黄色>」草丈を1(cm)ほど伸ばし葉数も増やしていたものの

低温障害の影響で変色していた一部の葉が黄色く変色していたことから

これらの葉を摘み取りました。

ペトさい(レジナ・Remake)24

 

低温障害を受けてしまったことを除けば、2種類の「レジナ」は

概ね順調に育っているように見えるのですが、一つの鉢に2株の芽が

生長することによりペットボトル鉢内の土の栄養分を互いに奪い合っているため

本来なら大きく生長できるはずの芽が大きくなれずにいるように感じました。

 

このため、2種類の「レジナ」の状態を見た感触では草丈が7(cm)ほどあり

本葉も5~6枚着けていることから、生育の悪そうな芽を一株間引くことにしました。

 

★間引きのポイント★

・草丈が7~8(cm)ほどに伸び、本葉が5~6枚出て込み合ってきた頃を

 目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

 

ひとまず、生育の悪そうな芽を間引いた2種類の「レジナ」ですが、

どちらの株も一鉢に一株のみ残して間引きましたので

これからの栽培が本番と言っても過言ではありません。

ペトさい(レジナ・Remake)25

ペトさい(レジナ・Remake)26

 

これから、「レジナ<赤>」「レジナ<黄色>」はどのような生長を見せてくれるのか

楽しみですので、静かに見守ることにしたいと思います。

 

最後に、2種類の鉢植え専用トマトの栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから鉢植え専用トマトの「レジナ<赤>」「レジナ<黄色>」

種から育てたいと思われた方はこちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

・2~3日に一度は栽培用炭酸水を与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回 、2種類の鉢植え専用トマトの芽を間引きましたが、

これからも引き続いてジョウロを使って水を与えるようにしましょう。

 

また、鉢内の土の栄養分が不足する恐れがあるため、2~3日に一度は

水やりの際に栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにしましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★レジナ<赤>の栽培データ★

ペトさい(レジナ・Remake)19

 

★レジナ<黄色>の栽培データ★

ペトさい(レジナ・Remake)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
01月
27

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鉢植え専用トマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマトの「レジナ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前にペットボトルで育てた「レジナ」という品種

鉢植え専用トマト栽培について綴った記事をベースにリメイクしたものです。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うためのたたき台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返る意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「レジナ」栽培の

記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足することはあるものの、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「レジナ」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「レジナ」栽培のお話をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

ひとまず、赤い実を着ける「レジナ<赤>」と黄色い実を着ける「レジナ<黄色>」

2種類の鉢植え専用トマトの種蒔き作業を無事に終えることができました。

 

どちらの鉢植え専用トマトも地温20~25℃で播種後4~6日程度で発芽

するとのことで無事に芽を出してくれるのか、観てみることにしましょう!!

 

種を蒔いてから9日が経過して「レジナ<赤>」の様子を観てみたところ、

ペットボトル鉢の中央からカワイらしい芽を出していました。

ペトさい(レジナ・Remake)11

 

一方、「レジナ<黄色>」の様子を観てみたところ、こちらもペットボトル鉢の

中央から芽が出ていました。

ペトさい(レジナ・Remake)12

 

ただ、発芽する芽の大きさを見た感じでは、「レジナ<黄色>」のほうが

「レジナ<赤>」より若干大きいように感じたのは気のせいでしょうか?

 

いずれにせよ、天候不順の影響で3日ほど遅れて発芽してしまいましたが、

まずまずのスタートを切ることができましたのでヨシとしましょう。

 

それから5日が経過して再び「レジナ<赤>」の様子を観てみますと

双葉が2周りくらい大きくなっていて、双葉と双葉の間から小さな本葉

顔を覗かせていました。

ペトさい(レジナ・Remake)13

 

一方、「レジナ<黄色>」の様子も観てみたところ「レジナ<赤>」に負けじと

大きく生長していて、双葉と双葉の間から小さな本葉が出ていました。

ペトさい(レジナ・Remake)14

 

ただ、芽の大きさを比較した感触としてはやや「レジナ<黄色>」のほうが

大きいように感じ、この調子で行くと「レジナ<黄色>」のほうが一歩リード

する形で生長を続けそうな感じがしてきました。

 

さらに一週間が経過しますと、「レジナ<赤>」は本葉が双葉よりも大きくなり

トマトらしい葉の形状となっていて、飛躍的に大きく生長していました。

ペトさい(レジナ・Remake)15

 

一方の「レジナ<黄色>」のほうですが、「レジナ<赤>」はと同様に本葉が双葉より

大きく生長し葉の形状もトマトらしい葉になっていたのですが、これまでのような

生長の勢いが衰えてきたように感じたのです。

ペトさい(レジナ・Remake)16

 

正確には、生長の勢いが衰えたというよりは「レジナ<赤>」が頑張って育っていたと

言うべきだと思うのですけど、これにより芽の大きさはほぼ同程度となったことから

2種類の鉢植え専用トマトが切磋琢磨しながら大きく生長していくことへの

期待が高まってきました。

 

そして、さらに一週間が経過して「レジナ<赤>」の様子を観てみたところ、

生長の勢いが加速したかのように草丈が1~2(cm)伸び、葉数も倍近くに

増やしていて一週間前よりも大きく生長していたのです。

ペトさい(レジナ・Remake)17

 

「レジナ<赤>」は生長のエンジンが掛かり出したように感じました。

 

一方、「レジナ<赤>」に追いつかれてしまった「レジナ<黄色>」のほうですが、

「レジナ<赤>」に負けじと草丈を(cm)ほど伸ばし、葉数も倍近くに増えていて、

その差を広げられるようなことはありませんでした。

ペトさい(レジナ・Remake)18

 

ただ、見た目には「レジナ<赤>」とさほど変わらない大きさに育っているのですが、

葉の一部に茶色く変色した箇所があるのが気になりました。

 

けして、衰弱しているわけではないのですが、

葉の一部が茶色く変色しているのを観てしまうと不安を感じてしまうため、

依怙贔屓するつもりはありませんけど、「レジナ<黄色>」には頑張ってもらいたいと

思う今日この頃でした。

 

これから梅雨の時期に入りますので、

2種類の鉢植え専用トマトの今後の生長が気になるところですね。

 

最後に、2種類の鉢植え専用トマトの栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから鉢植え専用トマトの「レジナ<赤>」「レジナ<黄色>」

種から育てたいと思われた方はこちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が2~3枚になったら、3(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回 、2種類の鉢植え専用トマトの芽が出て順調に生長を続けておりますが、

これからは引き続いてジョウロを使って水を与えるようにしましょう。

 

 

★レジナ<赤>の栽培データ★

ペトさい(レジナ・Remake)19

 

 

★レジナ<黄色>の栽培データ★

ペトさい(レジナ・Remake)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
01月
20

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鉢植え専用トマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマトの「レジナ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前にペットボトルで育てた「レジナ」という品種

鉢植え専用トマト栽培について綴った記事をベースにリメイクしたものです。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うためのたたき台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返る意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「レジナ」栽培の

記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足することはあるものの、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「レジナ」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「レジナ」栽培のお話をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

皆さんは、ミニトマトをプランターで育てられることをご存じでしょうか?

 

今回からペットボトルで育てる「レジナ」は鉢植え用に開発されたミニトマトで、

野菜を育てたことのない菜園初心者の方でも手軽で簡単に育てることができます。

 

今回育てる「レジナ」は前述の通り、鉢植え専用のミニトマトであることことから

草丈が15(cm)位までしか伸びるため便宜上支柱などで支える必要がなく、

その上、カワイらしい実がたくさん鈴なりに成ります。

ペトさい(レジナ・Remake)01

 

当然ながら、収穫した「レジナ」を食べることができ、サラダやスープ、

炒めものなど幅広く利用することができます。

 

また、観葉植物を育てる感覚で育てることもできますので、

室内で楽しみながら育てられるのがこのトマトの魅力でもあります。

 

実のところ、「レジナ」のペットボトル栽培は過去にも行ったことがあるのですが、

その時の栽培ではたくさんの実を収穫することができたことから今年も大量に

収穫できることを期待しつつ、少し面白い趣向で育ててみたいと思います。

 

★品種選び★

「レジナ」は冒頭でも言及したように観賞および鉢植え専用のミニトマトで、

草丈は15~20(cm)ほどに伸び、カワイらしい赤い実をたくさん着け、

赤く熟した実を食べることができます。

 

また、鉢植え専用のミニトマトには赤い実を着ける'レジナ'以外に黄色い

実を着ける'レジナエロー'という品種があるのですが、現在は生産中止となり

入手することはできません。

 

しかしながら、最近ではペットボトル栽培キットが販売されるようになり、

その中に今回育てる「レジナ」や'レジナエロー'もあるようですので

'レジナエロー'を育てたいと思われた方はご購入してみてください。

 

今回の栽培ではサカタのタネ社の「レジナ」という品種を選び、

生長する様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(レジナ・Remake)02

 

また、品種間の違いも観てみたいと思い、入手困難とされる黄色い実を

着ける'レジナエロー'の種もゲットできたことから、こちらの品種についても

生長する様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(レジナ・Remake)03

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「レジナ」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:3月上旬~4月下旬

発芽日数:播種後4~6日

発芽率:80%

発芽適温(地温):20~30℃前後

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「レジナ」を育てる際に使用する土は、

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、市販の野菜用培養土で「レジナ」を育てる場合は

鉢底土を敷いてから野菜用培養土を入れるという手間がかかり、

野菜用培養土の粒子が細かいためペットボトル鉢の底穴が詰まり、

排水不良を起こしてしまいます。

 

排水不良を起こせば、当然「レジナ」の生長にも影響が及びますので、

この排水性を考慮し、下図に示す'市販の粒状培養土'の使用をお勧めします。

ペトさい(培養土・改)03

 

'粒状培養土'は「レジナ」の生育に必要な様々な栄養素を含んだ培養土を

(mm)ほどの大きさに加熱処理して粒状に加工されているため、

普通の培養土に比べて通気性がよく、土に新鮮な空気・水を運び込む

通り道を確保できることから余分な水を土中の老廃物と共に排水されるため

鉢底土を敷く必要がなく、直接ペットボトル鉢に入れることができます。

 

今回の栽培では、1鉢につき'粒状培養土'を2(L)使用するものとし、

その一部の培養土を篩にかけて細かな土を抽出して種蒔き用土として

利用しています。

ペトさい(培養土・改)04

 

「レジナ」に実を着け始めた頃から普段の水やりの代わりに

'栽培用炭酸水'を週2~3回程度与え、「レジナ」の生育を活性化させます。

ペトさい(栽培用炭酸水)

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★鉢選び★

今回育てる「レジナ」は株が大きくなる上に根を深く張り、

土の栄養分を多く吸収する野菜です。

 

このため、今回の栽培では株が大きくなり根を深くまで張っても安定した

状態で育てることができ、収穫に期待が持てる'縦型ペットボトル鉢'

使います。

(ペトさい(ペットボトル鉢)01.png)

 

ただ、今回の栽培では赤い実を着ける「レジナ」と黄色い実を着ける'レジナエロー'の

2つの品種を育てることから、品種間の違いを判別しやすくするために

下図に示すようにペットボトル鉢の縁に細長く切ったビニールテープを

縦に貼ることで区別しました。

ペトさい(レジナ・Remake)04

 

なお、どちらの品種も縦型ペットボトル鉢を使うことになるのですが、

縦型ペットボトル鉢を新規で作られる方はこちらをご参照の上作ってみて下さい。

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意下さい。

 

レジナの種、縦型ペットボトル鉢、移植ゴテ、

粒状培養土、種蒔き用土、ジョウロ

ペトさい(レジナ・Remake)05

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(レジナ・Remake)06

'縦型ペットボトル鉢'に「粒状培養土」を鉢の縁から3(cm)下まで入れ、

さらに、「種蒔き用土」を(mm)程度かけます。

 

※ 「種蒔き用土」をかけることで種と土を密着させ、種を発芽しやすくします。

 

ペトさい(レジナ・Remake)07

粒状培養土を入れたら「レジナの種」を鉢の中央に点蒔きします。

このとき、種と種の間隔は1(cm)程度開けて蒔くようにして下さい。

 

※ 本来は発芽効率を高めるために下図に示すように種と種の間隔を1(cm)程度

 開けた上で縦と横に3粒の計9粒の種を蒔くのがベストなのですが、

 今回の栽培では栽培経験が浅いこともあって3粒蒔くことにしました。

ペトさい(レジナ・Remake)08

 

ペトさい(レジナ・Remake)09

レジナの種を蒔いたら「粒状培養土」を1(cm)程度の厚さに覆土し、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて、種蒔き作業は完了です。

 

★最後に★

皆さん、「レジナ」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

今回の栽培では黄色い実を着ける'レジナエロー'も育てることから

「レジナ」と同様の手順で種を蒔きました。

ペトさい(レジナ・Remake)10

 

種を蒔いた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「レジナ」と'レジナエロー'の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆レジナの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

レジナの種

1

188円

188円

粒状培養土(5L)

1

398円

159円
(2L使用)

移植ゴテ

1

108円

108円

ジョウロ

1

108円

108円

合計金額 

563円

※ 「縦型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

 

◆レジナエローの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

レジナエローの種

1

262円

262円

粒状培養土(5L)

1

398円

159円
(2L使用)

移植ゴテ

1

108円

108円

ジョウロ

1

108円

108円

合計金額 

637円

※ 「縦型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
04

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鉢植え専用トマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマト栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は草丈の伸びや葉の生長が以前に比べると落ち着く一方で、

蕾や花が多く見られるようになり開花した箇所から続々と実を着け、

収穫に期待が高まっていることをお伝えしました。

 

着果が順調に行われ、大きくなる実が赤く熟すのが時間の問題となり、

早速、ペットボトル菜園に行って様子を観てみることにしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から111日目を迎えた「レジナ」ですが、

株の大きさは殆ど変わらず一部の葉が若干黄色く変色している程度で

いつも変わらずに元気よく育っていました。

ペトさい(レジナIV)46

 

近くに寄って観てみますと蕾や花より着果した実のほうが目立つようになり、

(cm)以上の大きさの実が多く観られました。

ペトさい(レジナIV)47

 

また、一週間前に大きくなった実の多くは赤く熟していて収穫できそうな状態

育っていて、未熟な実とのコントラストがキレイでした。

 

このことから、赤く熟した実を収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・実が赤く色付いてきたら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(レジナIV)48

 

今回の栽培では初となる「レジナ」の収穫ですが、

熟して間もないこともあり収穫量としてはまずまずでした。

 

株には着果したばかりの実や大きくなった未完熟な実をたくさん着けているため、

お礼肥として実着きを良くする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(レジナIV)49

 

株の上端部には脇芽から新たな蕾を着けていましたので、

今後の生長に期待が高まり収穫できるのが楽しみです。

 

最後に、「レジナ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レジナ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★レジナの栽培データ★

ペトさい(レジナIV)09

おしまい

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
06月
22

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鉢植え専用トマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマト栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は一段と草丈が伸び葉のほうも数を増やして大きくなり、

脇芽から蕾が続々と出てきて開花が見られるようになったことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から97日目を迎えた「レジナ」ですが、

草丈はさほど伸びていないものの葉数が増えてさらにワサワサと茂っていました。

ペトさい(レジナIV)41

 

近くに寄って観てみますと株の上端部に集中して蕾を着けていて、

開花している蕾が多く観られるようになりました。

ペトさい(レジナIV)42

 

また一週間前に着果した実は目測で15(mm)程度の大きさになっていて、

あとは赤く熟すのを待つだけとなりました。

 

さらに一週間が経過して再び「レジナ」の様子を観てみたところ、

草丈はほとんど変わらず葉の生長もあまり変化がなく、

株そのものの生長から蕾や実を着けるほうへの生長にシフトしました。

ペトさい(レジナIV)43

 

近くに寄って観てみますと脇芽が伸びてそこに蕾をたくさん着けていて、

開花した箇所から続々と実を着けているのが確認できました。

ペトさい(レジナIV)44

 

特別に人工的に受粉をしているわけではないのに着果してくれるのを観ると

嬉しくなります。

 

また大きくなった実はまだ赤く熟しておらず、

熟すのに時間がかかるのかもしれません。

 

いずれにせよ、順調に着果の数が増えその実が大きくなっていますので、

よほどのことがない限りはたくさんの「レジナ」を収穫できそうです。

 

最後に、「レジナ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レジナ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・2日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続きジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(レジナIV)45

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「レジナ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★レジナの栽培データ★

ペトさい(レジナIV)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
06月
14

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鉢植え専用トマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマト栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は支柱を立てて補強した後も草丈を伸ばし葉も数を増やして大きくなり、

蕾もまた開花を始めるようになったことから追肥したことをお伝えしました。

 

花数はまだまだ少ないですが、

徐々に花数を増やして着果してくれそうな気がします。

 

あれから8日が経過して栽培開始から83日目を迎えた「レジナ」ですが、

草丈はさほど伸びているようには感じないものの、葉のほうは数を増やして

大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(レジナIV)36

 

近くに寄って観てみますと、脇芽から続々と蕾が出ていることに気付き、

その蕾の一部から開花しているものがありました。

ペトさい(レジナIV)37

 

また別の場所を観てみると(cm)弱の実を着けていることに気付き、

待望の着果に発狂しそうなくらい喜びました。

 

それから一週間が経過して再び「レジナ」の様子を観てみたところ

草丈は少し伸びていましたが、葉のほうは少し数を増やす程度でさほど変わらず

今までのような生長の勢いがなくなってきました。

ペトさい(レジナIV)38

 

しかしながら、近くに寄って観てみますと脇目から新たな蕾を着けていて、

開花していた蕾からは続々と着果しているのを確認できました。

ペトさい(レジナIV)39

 

このことから、草丈や葉数を増やすといった従来の生長から蕾や着果という

「レジナ」本来の生長にシフトしたように感じました。

 

このことを踏まえますと鉢内の土の栄養素の消費が激しくなりますので、

週1回は「レジナ」の様子を観ながら土の栄養素の消費を軽減できる効果のある

'栽培用炭酸水'を与えるようにしたいと思います。

 

最後に、「レジナ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レジナ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・2日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続きジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(レジナIV)40

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「レジナ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★レジナの栽培データ★

ペトさい(レジナIV)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
06月
09

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鉢植え専用トマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマト栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は順調に生長する一方で、葉数を増やして大きくなることにより

株の上端が重くなってしまい、支柱を立てていなかったら

横に倒れてしまっていたためホッとしたことをお伝えしました。

 

「レジナ」にはたくさんの蕾を着けていましたので黄色い花が咲くのか気になります。

 

あれから6日が経過して栽培開始から75日目を迎えた「レジナ」ですが、

草丈が5(cm)ほど伸び葉も数を増やして大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(レジナIV)32

 

大分しっかりとした株に育ってきたように感じ、近くに寄って観てみますと

脇芽から続々と蕾を着け黄色い花が咲くようになってきました。

ペトさい(レジナIV)33

 

ただ、開花している蕾は数少なく開花しそうな蕾は散見できましたので、

きや実きを良くする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(レジナIV)34

 

まだ開花を始めて間もないため花数が少ないですが、

これから徐々に花数を増やし待望の着果に行きたいところです

 

最後に、「レジナ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レジナ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・2日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続きジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(レジナIV)35

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「レジナ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★レジナの栽培データ★

ペトさい(レジナIV)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker