FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
9/20 再び咲き始めた「日々草」ではありますが…。
9/19 急生長を続ける「ピーマン」に支柱を立ててみたところ…。
9/18 早くも「茎ブロッコリー」に花蕾を着けそうな気配を感じました!!
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
02月
24

[冬菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「冬菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

我がペットボトル菜園で最も順調に育っている「冬菜」ですが、本来は昨年末に

収穫することを目標にして育てていましたのでけして順調ではなく、

二ヵ月も遅れてしまっているため素直には喜んではいないのでした。

 

とはいえ、収穫するタイミングを意識するようになってきたことを踏まえますと、

少しは素直に喜んでもいいのかなと思ったりもしています。

 

そんな「冬菜」は水やりに気を使うようにしたことから萎れていた葉に張りが戻り、

ワサワサと茂っていて元気に生長を続けていました。

 

この調子で生長を続ければ収穫も近いかもしれません。

あれから一週間が経過して栽培開始から102日目を迎えた「冬菜」ですが、

葉が一段と大きくなり張りもあって元気よく育っていました。

ペトさい(冬菜)37

 

どのタイミングで収穫するべきなのか分からないくらい順調に育っているため

収穫時期について悩む日がさらに増えてきているのですが、

近くに寄って観てみても「冬菜」の天敵であるアブラ虫が一つも憑いておらず

とてもキレイな葉をしていると感じました。

 

このまま葉をより大きくするべきなのか?

それとも、今収穫するべきなのか?

 

物凄く収穫に対する葛藤が続く中、思いきって収穫することに決めました。

 

オレ様の気持ちとしては葉をもう少し大きくしたかったのですが、

この先何が起こるか分かりませんので、順調に生長を続け、かつ、キレイな葉を

している時に収穫するのがベストなのではないかと思い、決断しました。

 

★収穫のポイント★

・葉の大きさが15~20(cm)くらいになった頃を目安に収穫する。

・収穫するときは株元付近を園芸用ハサミで切り取ること。

ペトさい(冬菜)38

 

思いきった決断で全ての株を収穫した「冬菜」は想像よりも多くて驚きましたが、

葉の大きさ的にはこれでよかったのかなと思えました。

ペトさい(冬菜)39

 

収穫した「冬菜」はツケナというよりは小松菜に似ているような感じがしたのですが、

目標の昨年末に収穫することはできませんでしたけど

無事に収穫することができてよかったです。

 

これだけの量の「冬菜」があれば何種類かのペトさい料理が作れそうなので、

何を作るか考えたいと思います。

 

最後に、「冬菜」の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「冬菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★ツケナ・冬菜の栽培データ★

ペトさい(冬菜)08

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
11

[冬菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「冬菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

我がペットボトル菜園の中で最も順調に育っている「冬菜」でしたが、

ちょっとした水やりのミスをしただけで葉が萎れてしまい元気のない

姿にしたことで油断するとこのようなことになるのだなと痛感させられました。

 

なんとかすぐに水を与えたことで難を凌ぐことができた「冬菜」ですが、

簡易温室に入れて育てますとこのようなことはよくあることですので

気を引き締めて育てることにするのでした。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から88日目を迎えた「冬菜」ですが、

水やりには気を使うようにしていたこともあり萎れていた葉は元の状態に戻り

張りのある葉がワサワサと茂っていました。

ペトさい(冬菜)34

 

簡易温室で育てていることもありますが、厳しい寒さを気にすることなく

葉がさらに大きくなっている様子が伺えると嬉しくてニンマリしてしまいます。

 

さらに一週間が経過して再び「冬菜」の様子を観てみたところ、

簡易温室内が屋外よりも10℃近く温かったこともあって

葉が若干萎れてしまいしまっていましたが、さほど問題にはならない程度の

状態で順調に生長を続けていました。

ペトさい(冬菜)35

 

葉がさらに大きくなっているように感じる「冬菜」なのですが、

コンスタントに大きく生長している様子を観ていますと

どこまで大きくなるのかがとても気になり、収穫するタイミングに

悩まされます。

 

いずれにしても、「冬菜」の収穫は確実に迫っていますので、

水やりには細心の注意を払うように気を付けて大事に育てたいと思います。

 

最後に、「冬菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「冬菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

徒長する様子が窺えず、今のところ順調に生長を続けている「冬菜」ですが、

今後も土面が乾いている野を確認してからジョウロを使って

水やりを行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(冬菜)36

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ツケナ・冬菜の栽培データ★

ペトさい(冬菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
04

[冬菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「冬菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

一段と寒さが厳しさを増す中、順調に生長を続ける「冬菜」は間引き後も

その勢いを止めることなく加速度をつけるかのように生長を続け、

現在のペットボトル菜園の中でも1、2位を争うほどの安定した生長ぶりに

ニンマリしております。

 

今のところ、「冬菜」にとっての天敵であるアブラ虫は出ておりませんが、

油断していると思わぬところで生長の勢いを止めてしまいますので

気を引き締めて育てていきたいと思う今日この頃です。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から74日目を迎えた「冬菜」ですが、

葉が一段と大きくなり葉数も増えてワサワサとしていました。

ペトさい(冬菜)31

 

厳しい寒さにも関わらず順調に葉が大きく生長し色艶もよく張りもあって、

文句の付け所がありませんでした。

 

ほぼ完璧な育ち具合にニンマリしてしまうオレ様がキモいと思われてしまうほど

なかなかの出来にますます期待度が高まってきました。

 

ところが、それから一週間が経過して再び「冬菜」の様子を観てみたところ、

葉が少し萎れてしまっていて元気のない姿になってしまいました。

ペトさい(冬菜)32

 

近くに寄って観ますと、葉そのものの生長は続いていたのですが、

土面を観ますと少し乾燥している状態だったため水が不足したことにより

葉が萎れてしまったようでした。

 

冒頭で触れたように、油断すると思わぬところでボロが出てしまうので、

幸いにも完全に萎れてしまっている状態ではなかったことから

今後はこまめに「冬菜」の様子を観ながら水を与えるように気を付けたいと思います。

 

「冬菜」が元気を取り戻してさらに生長した姿を見せてもらいたいですね。

 

最後に、「冬菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「冬菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

徒長する様子が窺えず、今のところ順調に生長を続けている「冬菜」ですが、

今後も土面が乾いている野を確認してからジョウロを使って

水やりを行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(冬菜)33

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ツケナ・冬菜の栽培データ★

ペトさい(冬菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
01月
23

[冬菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「冬菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

厳しい寒さの中でも順調に生長を続ける「冬菜」は最後の間引きを行いました。

これにより後は収穫するまで葉が大きくなるように大事に育てなければならず、

いい意味でのプレッシャーを感じるのでした。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から60日目を迎えた「冬菜」ですが、

間引いた直後よりも葉色が良く張りもあって元気に育っているように感じました。

ペトさい(冬菜)28

 

近くに寄らなくても分かるほど殆どの葉が一回り大きくなっていて、

自然とニンマリしてしまいました。

 

さらに一週間が経過して再び「冬菜」の様子を観てみますと

厳しい寒さを感じさせないほど順調に育っているように感じ、

葉がさらに大きくなっていて色ツヤも良くなってきたように感じました。

ペトさい(冬菜)29

 

厳しい寒さの影響と簡易温室内で育てていることもあり、

「冬菜」の天敵であるアブラ虫が出てくる気配を全く感じないため

ペットボトル菜園で育てている野菜の中で一番安心して観ていられることは

とても喜ばしいことであると思う今日この頃です。

 

最後に、「冬菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「冬菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

徒長する様子が窺えず、今のところ順調に生長を続けている「冬菜」ですが、

今後も土面が乾いている野を確認してからジョウロを使って

水やりを行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(冬菜)30

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ツケナ・冬菜の栽培データ★

ペトさい(冬菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
01月
10

[冬菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「冬菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

2回目の間引きを終えた「冬菜」はその後も徒長することなく

順調に葉数を増やして大きくなり、一部の株については倍以上の大きさの葉を

着けているものもあり、この調子で育ってくれたら予定より早く

収穫することができそうな気配を感じました。

 

ただ、簡易温室内で育てているとは言っても寒さのほうは厳しさを増しており、

少なからず影響を受けていることもありますので油断せずに育てることに

注力するのでした。

 

あれから6日が経過して栽培開始から53日目を迎えた「冬菜」ですが、

どの株も葉が一回り大きくなっていて6日前より混み合っているように感じました。

ペトさい(冬菜)24

 

依然として順調に育っていることにニンマリしてしまいましたが、

このまま放置してしまうと再び徒長する恐れが出てきてしまい

折角いい感じに育っていてもダメにしてしまうリスクを伴うことから

生育の良さそうな株を二株だけ残すようにして他の全ての株を間引きました。

 

★3回目の間引きのポイント★

・本葉が5~6枚出てきて込み合ってきたら、生育の良さそうな芽を

 2株ずつ残して間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな全ての芽を園芸用ハサミで剪定すること。

ペトさい(冬菜)25

 

今回で3回目の間引きということで生育の良さそう株を二株残すようにして

間引いたわけですが、一応今回の「冬菜」栽培での間引き作業は最終となり、

これからは残した株を育てることになります。

 

このため、今まで以上に慎重に間引き作業を行ったこともあり、

全ての間引き作業を終えた時には厳しい寒さの中での作業だったこともあり

手がかじがんでしまいました。

 

今回間引いた日は年末ということもありましたので、

間引いた株は間引き菜としてお正月に相応しいあの料理に使いました。

 

さあ、最後の間引きを終えた「冬菜」はこれからどのような生長を見せてくれるのか

期待して待つことにしたいと思います。

ペトさい(冬菜)26

 

最後に、「冬菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「冬菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

徒長する様子が窺えず、今のところ順調に生長を続けている「冬菜」ですが、

今後も土面が乾いている野を確認してからジョウロを使って

水やりを行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(冬菜)27

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ツケナ・冬菜の栽培データ★

ペトさい(冬菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
26

[冬菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「冬菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

一段と寒さが厳しさを増す中、ペットボトル菜園の簡易温室で育てている

ツケナの「冬菜」は徒長することなく順調に葉数を増やして大きく生長し、

2回目の間引きを済ませることができました。

 

一時は徒長に苦しむ場面も観られた「冬菜」でしたが、

ようやく起動に乗ってきて今後の生長に期待感を持てるようになり

その後の様子が気になるところです。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から39日目を迎えた「冬菜」ですが、

間引いた後も徒長することなく元気に育っていました。

ペトさい(冬菜)21

 

どの芽も本葉が一回り大きくなっていて、順調に育っている様子が伝わってきます。

 

さらに8日が経過して再び「冬菜」の様子を観てみますと、

本葉が格段に大きくなり葉数もさらに増えていて順調に育っているのが

一目観て分かり、ニンマリしてしまいました。

ペトさい(冬菜)22

 

年内に収穫することは叶わないにしても、この生長の勢いを目の当たりにしたら

年が明けて間もなくの収穫も夢ではない気がしました。

 

今は少し様子を見てみてさらに葉が大きくなるようでしたら、

最後の間引きを行いたいと思います。

 

ますます、「冬菜」の生長からは目が離せなくなりましたね。

 

最後に、「冬菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「冬菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が5~6枚出てきて込み合ってきたら、生育の良さような芽を

 2株残してその他の芽を全て間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

徒長する様子が窺えず、今のところ順調に生長を続けている「冬菜」ですが、

今後も土面が乾いている野を確認してからジョウロを使って

水やりを行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(冬菜)23

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ツケナ・冬菜の栽培データ★

ペトさい(冬菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
13

[冬菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「冬菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

天候不順は解消されたものの、我がペットボトル菜園における日照時間の短さと

急激な気温低下の影響により徒長が進んでしまったものの、なんとか本葉を

着けてくれたことから間引きを行うことができた「冬菜」栽培

 

ひとまず、株間を開けることができたおかげで通気がよくなり、

増し土をして補強もしたことから風の抵抗を受ける不安も取り除かれたことから

その後の生長が気になる今日この頃です。

 

あれから6日が経過して栽培開始から25日目を迎えた「冬菜」ですが、

徒長することなく葉が大きくなっていて元気に育っているように感じました。

ペトさい(冬菜)16

 

近くに寄って観てみますと双葉よりも本葉が大きくなっていて、

しかも、本葉の数が2~3枚に増えているため混み合っているように感じました。

 

少し様子を観て間引くかを判断したいと思い一週間が経過し、

再び「冬菜」の様子を観てみたところ、草丈は思っていたほど伸びずに

本葉がさらに大きくなっていて土面が見えなくなるほど混み合っていました。

ペトさい(冬菜)17

 

オレ様としてはここまで順調に生長してくれるとは思っていなかったため、

大きく育つ「冬菜」を観てニンマリしてしまったのですが、

このまま放置してしまったら再び貧弱な芽に逆戻りになってしまうと思い、

生育の悪そうな芽を間引いて株間を

 

★2回目の間引きのポイント★

・本葉が3~4枚に増え込み合ってきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・株間は5(cm)ほど開けるようにして間引くこと。

ペトさい(冬菜)18

 

今回で2回目となる間引きでは生育の良さそうな芽を4株ずつ残して間引きました。

このため、今回の間引きで間引いた芽の数はかなりの量となりましたので、

ちょっとしたペトさい料理に活用しました。

 

一時は徒長してしまい、その後の生長に不安を感じていた「冬菜」でしたが、

今ではその不安を見事に払拭して元気よく生長してくれていますので、

今後の生長に期待が持てます。

ペトさい(冬菜)19

 

大分気温が下がってきたこともあり簡易温室に入れて育てるようにしましたので、

今後のさらなる生長が楽しみでなりません。

 

最後に、「冬菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「冬菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が5~6枚出てきて込み合ってきたら、生育の良さような芽を

 2株残してその他の芽を全て間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

徒長する様子が窺えず、今のところ順調に生長を続けている「冬菜」ですが、

今後も土面が乾いている野を確認してからジョウロを使って

水やりを行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(冬菜)20

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ツケナ・冬菜の栽培データ★

ペトさい(冬菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
06

[冬菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「冬菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

播種時期が遅かったことに加えて日照時間の短さから播種した全ての種が芽しても

徒長に苦しんでいる「冬菜」

 

どの芽も双葉は2枚とも開いているものの本葉を着けていないため

間引いてあげることができないもどかしさを感じ、なんとかこれ以上の

徒長が進まないことを願う今日この頃なのでした。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から19日目を迎えた「冬菜」ですが、

双葉が一回り大きくなりそれらの間から本葉が出てきていました。

ペトさい(冬菜)11

 

青々としていて元気に育っているように見える「冬菜」ではありますが、

草丈の方がさらに1(cm)近く伸びていてやや徒長が進んでいるように感じ、

それぞれの芽が大きくなっていることにより込み合っていました。

 

このままの状態で育ててしまっては通気が悪くなるために

徒長を進めてしまう恐れが高まってしまいます。

このことから生育の悪そうな芽を間引いて通気をよくすることにしました。

 

★1回目の間引きのポイント★

・本葉が1~2枚に増え込み合ってきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・株間は2(cm)ほど開けるようにして間引くこと。

ペトさい(冬菜)12

 

ひとまず、1回目の間引きを終えた「冬菜」ですが、

思っていたよりも芽が大きく数が多かったことからちょっとしたペトさい料理に

使うことができそうです。

 

間引きを終えた「冬菜」を観た感触として、それぞれの芽が徒長していることもあり

風による抵抗を受けやすく、芽を損傷してしまう恐れを感じました。

 

このため、風の抵抗を少しでも軽減させるために増し土をして補強しました。

ペトさい(冬菜)13

 

これで少しくらいの風が吹いても損傷する恐れは回避できると思いますが、

徒長を抑制することはできませんので今後も適度な水やりを行いつつ

様子を観ることにしたいと思います。

ペトさい(冬菜)14

 

最後に、「冬菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「冬菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が3~4枚出てきて込み合ってきたら、5(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回1回目の間引きを行った後に増し土をして補強しましたが

徒長が進む恐れはまだありますので、土面が乾ききってから

ジョウロを使って水やりを行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(冬菜)15

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ツケナ・冬菜の栽培データ★

ペトさい(冬菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
11月
27

[冬菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「冬菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

播種時期がやや遅くなってしまったこともあり、予定の発芽日数より

一日遅れて芽が出てくれました。

 

なんとか蒔いた種の殆どから発芽してくれてホッとしたいところですが、

一部の芽が徒長しそうな気配を感じるため安心するのはまだ早そうです。

 

あれから6日が経過して栽培開始から12日目を迎えた「冬菜」ですが、

ようやく残りの種からも発芽して大きくなった双葉が開いていました。

ペトさい(冬菜)09

 

ところが、どの芽も草丈が2~3(cm)ほどの長さに伸びていて、

徒長してしまっていたのです。

 

徒長には様々な要因が重なり合って起こるのですが、

今回の場合は日照不足に加えて芽が密集することによる通気性の悪さから

徒長が進んでしまったものと考えられます。

 

通気性を改善するに芽を間引いて株間を広げる必要があるのですが、

今の「冬菜」の芽には本葉を1枚も着けていないことから間引くにはやや早いため

少しの間だけ様子を観ながら必要以上に水を与えないようにしたいと思います。

 

最後に、「冬菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「冬菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきて込み合ってきたら、2(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

徒長が進んでいることから土面が乾ききってから

ジョウロを使って水やりを行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(冬菜)10

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ツケナ・冬菜の栽培データ★

ペトさい(冬菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
11月
18

[冬菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ツケナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「冬菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎年何かしらの葉物野菜を育てているということで、

今年は初めて育てる「冬菜」栽培を行うことに決め、早速種を蒔きました。

 

「冬菜」はツケナ系野菜ですので余程のことがない限りは発芽しないことはないため、

少し楽な気持ちで育てることができそうな予感がしています(笑)。

 

とは言うものの、ここ一ヶ月以上続く天候不順による日照不足などの影響が

懸念されることから油断はできませんね。

 

さて、「冬菜」は寒さに強い野菜であるにも関わらず、地温20~25℃で

播種後3~5日程度で発芽するそうですので、芽が出るのを待つことにしました。

 

播種から6日目を迎えて「冬菜」の様子を観てみたところ、

蒔いた種の殆どが無事に発芽しているのを確認することができました。

ペトさい(冬菜)06

 

発芽した芽を観た感触では双葉がしっかりと開いていて

光合成して緑化していることから予定の日数で発芽したように感じました。

 

近くに寄って観てみたのですが、一部の芽が若干徒長しそうな雰囲気を感じるため

しばらくの間は水やりには気を付けたいと思います。

 

最後に、「冬菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「冬菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきて込み合ってきたら、2(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回無事に発芽しましたが、徒長しそうな芽が確認されていますので

土面が乾ききってからジョウロを使って水やりを行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(冬菜)07

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ツケナ・冬菜の栽培データ★

ペトさい(冬菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker