FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
3/30 葉が数を増やして大きくなる「ミニ大根」
3/28 葉が大きくなっても収穫できない「レモンバーム」
3/26 今日の一枚(13)~べんり菜~
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ
01月
21

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思わず、

なんとか、殆どの種から双葉が大きくなり、その後全ての芽から本葉が出てきて

双葉よりも大きく生長していることから間引きを行いました。

 

その後も防寒対策をして育てることにしたお陰もあって、どの芽も本葉が一回り大きくなって

順調に育ってくれたことにより今後の生長を楽しみにしていたのですが、一部の葉が食害にあってしまい

少し怪しい雰囲気になってきたのでした。

 

あれから一週間が経過して栽培開始からちょうど60日目を迎えた「べんり菜」ですが、

殆どの芽に着いていた本葉は食害に遭ってしまい双葉以外は何もない状態になってしまいました。

ペトさい(べんり菜・改)13

 

このため、近くに寄って観てみたところ、新たな葉が出てくる様子は全く感じられず、

再起不能に近い状態となってしまい、「べんり菜」の変わり果てた姿を見るだけで脱力してしまいました。

 

防寒対策として室内に入れて育てていたはずなのに原因不明の食害に遭い、殆どの葉を失う結果と

なってしまったことは悔やまれず、これ以上頑張って育てようという気持ちにはとてもなれず、

残念ながら、撤収させることにしました。

 

このような結末を迎えてしまったことは非常に残念ではありますが、

これから播種し直して育てるには時期が遅過ぎるため今回の栽培はこれにてお開きとし、

再び育てる機会があればリベンジしたいと思います。

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
01月
14

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思わず、

なんとか、殆どの種から双葉が大きくなり、その後全ての芽から本葉が出てきて

双葉よりも大きく生長していることから間引きを行いました。

 

その後も防寒対策をして育てることにしたお陰もあって、どの芽も本葉が一回り大きくなって

順調に育ってくれたことにより今後の生長が楽しみになってきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から53日目を迎えた「べんり菜」ですが、

草丈は徒長することなく伸びていなくて安心したのも束の間、

殆どの芽の本葉が数を減らして寂しい姿になっていました。

ペトさい(べんり菜・改)12

 

近くに寄って観てみたところ一部の葉が食害に遭っていることが分かり、

双葉が残された状態でせっかく生長していた葉がなくなってしまっていることに衝撃を受けました。

 

食害に遭っているところをみると何らかの害虫が寄生しているものと思われるのですが、

防寒対策として室内で育てているため害虫が寄生することはないと思うのですけど、

今のところ、そのような様子を確認することはできなかったため今しばらくの間は様子を観たいと思います。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
01月
07

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思わず、

なんとか、殆どの種から双葉が大きくなり、その後全ての芽から本葉が出てきて

双葉よりも大きく生長していることから間引きを行いました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から46日目を迎えた「べんり菜」ですが、

どの芽も萎れることなく本葉が一回り大きくなり順調に育っていました。

ペトさい(べんり菜・改)11

 

「べんり菜」が厳しい寒さの中で育っていることから屋外で育てても問題はないと思うのですが、

より大きく育ってもらいたいと思いますので室内に入れて育てることにしたいと思います。

 

これから防寒対策をすることによりどのような生長を見せてくれるのか楽しみです。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
27

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思わず、

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなりました。

 

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなり、一部の芽から本葉が出てきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から39日目を迎えた「べんり菜」ですが、

寒暖の差が激しく日照時間が短いにも関わらず全ての芽から本葉が出てくるようになり、

本葉が双葉よりも大きくなり順調に育っていました。

ペトさい(べんり菜・改)08

 

心配される徒長のほうは殆ど進んでおらず安心しましたが、本葉が大きくなりワサワサと茂っているため

このタイミングで間引いて株間を開けて通気をよくすることにしました。

ペトさい(べんり菜・改)09

 

半数近くの芽を間引いて通気をよくした「べんり菜」ですが、改めて間引くとそれぞれの芽が

徒長していることが分かり、草丈がこれ以上ヒョロヒョロと伸びないことを願うところです。

ペトさい(べんり菜・改)10

 

今年の冬は暖冬傾向にありますが、「べんり菜」が寒さに負けずに生長してくれることに期待します。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
20

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思わず、

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなりました。

 

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなり、一部の芽から本葉が出てきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から32日目を迎えた「べんり菜」ですが、

寒暖の差が激しく日照時間が短いにも関わらず殆どの芽から本葉が出てくるようになり、

一週間前よりもワサワサと茂っているように感じました。

ペトさい(べんり菜・改)07

 

芽が密集しているため徒長が進んでしまわないか気になるのですが、

今のところは思っていたほど草丈は伸びておらず徒長が進んでないことに少しホッとしています。

 

しかしながら、あと一週間も経てば全ての芽から本葉が出てくるように感じることから

ようやく間引きが行えそうです。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
13

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思わず、

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなりました。

 

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなり、一部の芽から本葉が出てきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から25日目を迎えた「べんり菜」ですが、

冷え込んできて日照時間も数時間と短いことから草丈はさらに伸びて徒長が進んでしまい、

心配な状態はまだ続いていました。

ペトさい(べんり菜・改)06

 

徒長が進んでいる一方で双葉はさらに一回り大きくなり、本葉を着けている芽は少し増えてきました。

 

徒長が進んでいるためできるだけ早く間引きを行いたいのですが、全ての芽から本葉が出ているわけでなく

今の気温や日照時間からみると本葉が出揃うには時間がかかりそうなため、

間引くにはもうしばらく日数が必要で、徒長がさらに進むのを見守るしかできないことがもどかしいです。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
06

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思わず、

なんとか殆どの種から芽が出て双葉が大きくなりました。

 

あれから6日が経過して栽培開始から18日目を迎えた「べんり菜」ですが、

草丈はさらに伸びて徒長が進んでしまい、心配な状態になってしまいました。

ペトさい(べんり菜・改)05

 

しかしながら、双葉は少し大きくなって一部の芽からは本葉が出てきていました。

 

徒長が進んでしまう原因としてはそれぞれの芽が密集していることだけでなく、

気温が下がっている上に日照不足が考えられるため、今の状況を改善することを考えますと

芽を間引いて株間を広げる必要があります。

 

とは言うものの、芽を間引くためには本葉を1枚以上着けていないといけないことから

今の状態では間引くことができず、「べんり菜」の芽がこれ以上徒長しないことを見守るしかなさそうです。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
11月
25

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思いませんでした。

 

あれから4日が経過して栽培開始から12日目を迎えた「べんり菜」はどの芽も双葉が一回り大きくなり

緑化していて元気よく育っていました。

ペトさい(べんり菜・改)04

 

しかし、気温が下がり日もあまり出ていないことから草丈が目測で3(cm)近くの長さに伸びていて、

順調に育っているという訳ではありませんでした。

 

徒長が進んでしまうと「べんり菜」の生育不良を起こす原因となりますので、

これ以上の徒長はしないように育ってもらいたいものです。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
11月
19

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

育てようと思ってから2ヵ月が経ってから播種した「べんり菜」ですが、

ようやく天候が安定してきたこともあり順調に発芽してくれるものと期待して待っていました。

 

ところが、2ヵ月のタイムラグが発芽を遅らせてしまうことになるとは思いませんでした。

 

「べんり菜」地温2025℃で播種後3~5日で発芽するのですが、この時期の最高気温は

高くても20℃程度なため発芽率が高くてもそう簡単には発芽することができないのです。

 

このため、実際に「べんり菜」が発芽したのは播種から一週間が経過したときですので

けして順調な発芽と言えるものではなかったのです。

ペトさい(べんり菜・改)03

 

しかも、気温が低い上に日照時間が短いこともあって若干徒長ぎみに生長しているのが気になります。

 

ひとまず、蒔いた種全てから発芽してくれたことはよかったのですが、

これ以上の徒長が進まないように育ってくれることを願うところです。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
11月
14

[べんり菜] ブログ村キーワード:ツケナ、小松菜、チンゲン菜、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「べんり菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今日から育てる「べんり菜」は実のところ9月初め頃から育てたいと思っていた葉物野菜でしたが、

甚大な被害をもたらした台風15号や台風19号の襲来であったり、

想像していたよりも長く雨が降り続いていたことからなかなか種を蒔くタイミングが合わず、

ようやく天候が安定してきたことからこの時期に育てることになりました。

 

なので、気付けば2ヵ月以上が経過してようやく育てることができるようになったわけですので、

当然ながら気温も10℃近く下がってしまうためキチンと育てることができるのかが不安ではあります。

 

ところで、「べんり菜」という葉物野菜はメジャーではないためどのような野菜なのか分からない方も

少なくないと思うのですが、「べんり菜」とは小松菜とチンゲン菜を交配させたツケナでして、

暑さや寒さに強く、生長が早いことが特徴のアブラナ科に属する野菜になります。

ペトさい(べんり菜・改)01

 

そんな「べんり菜」を育てたいと思ったのはお正月のお雑煮に使いたいからなのですが、

種を蒔く時期がこれからですので収穫できる時にはお正月が終わって節分になってしまうかもしれないので、

播種時期が遅れてしまったのは悔やまれます。

 

ですので、お正月に収穫するのは夢として現実を見つめながら種を蒔くことにしました。

 

今回の栽培では葉物野菜を育てることになりますので、'二つ折り型ペットボトル鉢'に使って

収穫量を少し増やして育てたいと思います。

ペトさい(べんり菜・改)02

 

「べんり菜」は発芽率が高い野菜なので順調に発芽してくれることを楽しみに待ちたいと思います。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは以下のブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker