FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
6/18 今日のガリガリ君XXXXXX
6/18 「ピーマン」の生長は危ういのか?それとも?
6/17 今日の堅あげポテト23
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
06月
03

[メロン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、プロジェクトM

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニメロン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

あまりにも期待されていない「ミニメロン」栽培は少し寂しさもあるのですが、

その分だけ周りに気にすることなく育てることができることから今のところは順調に育っています。

 

ただここ最近の生長具合を観てみますと、少し勢いが弱まっているように感じられるため

今後の生長に若干の不安を感じているのです。

 

これから本格的に梅雨の時期に入ってくることから少しでも大きく生長してもらいたいものです。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から66日目を迎えた「ミニメロン」ですが、

草丈は5(mm)ほど伸びた程度本葉の方はあまり大きくなっているようにも数が増えているようにも感じず

やはり生長の勢いが弱まってきているように感じました。

ペトさい(ミニメロン・改)25

 

この調子で生長を続けていくと植え付けられるほど大きく育つ見込みも立たなくなり、

最悪な結果を招きかねない恐れがあります。

 

それから一週間が経過して再び「ミニメロン」の様子を観てみたところ、

草丈は1(cm)ほど伸びて本葉も久々に数を増やして大きく生長していて幾らかの進展が見られました。

ペトさい(ミニメロン・改)26

 

とは言っても、まだまだ植え付けられるほどの大きさの苗に育てるには程遠いことから

あまり嬉しい気持ちにはなりませんでした。

 

今後の生長としては草丈があと2~3(cm)ほど伸びて本葉の方は今の2倍以上の大きさに育ってもらわないと

大きめの鉢に植え付けることは難しいと思います。

 

このような理想的な生長を遂げた姿を観てみたいと思う今日この頃です。

 

最後に、「ミニメロン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニメロン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が3~4枚になったら大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ミニメロン」の生長を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ミニメロン・改)27

 

 

★ミニメロンの栽培データ★

ペトさい(ミニメロン・改)11

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
05月
23

[メロン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、プロジェクトM

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニメロン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

想像以上に注目されていない「ミニメロン」栽培は周りを気にすることなく

育てることができているからなのかこれまでのところは順調に育っていました。

 

しかし、ここに来て不安定な天気が続いてしまったことから本葉の葉色がやや黄色み掛かっていて

少し不安を感じさせる状態になってしまったのです。

 

誰からも見向きもされていない分、このような状態になっても違う意味でヤバいと思わなくて

済むのはいいのですが、実際に育てている側としてはこの不安な状態を早く解消したいところです。

 

あれから6日が経過して栽培開始から52日目を迎えた「ミニメロン」ですが、

草丈は殆ど伸びておらず本葉が1枚減ってしまいました。

ペトさい(ミニメロン・改)22

 

何が原因で葉数を減らしてしまったのかは分からないのですが、

不幸中の幸いにして葉色が黄色み掛かってしまう状態は解消され、新たに小さな葉が出ていて

再起に向けた動きを見せ始めていました。

 

それから一週間が経過して再び「ミニメロン」の様子を観てみたところ、

草丈が少し伸びていて新たに出てきた葉が大きくなり順調に育っていました。

ペトさい(ミニメロン・改)23

 

近くに寄って観てみますとどの葉も双葉よりも大きくなっていて、新たな葉が出てきそうな状態になっており

今まで遅れていた分を取り返すように頑張って生長している様子が伝わってきました。

 

これから気温の方はさらに上がってくるようですので、誰も期待していないことではありますが

「ミニメロン」が生長の勢いに乗って大きく育ってもらいたいと思います。

 

最後に、「ミニメロン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニメロン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が3~4枚になったら大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ミニメロン」の生長を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ミニメロン・改)24

 

 

★ミニメロンの栽培データ★

ペトさい(ミニメロン・改)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
05月
10

[メロン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、プロジェクトM

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニメロン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

想像以上に注目度の低い「ミニメロン」はひっそりと育てているのですが、

気温が上がってきたこともあって草丈はさらに数(cm)伸ばし本葉も数を増やして

大きくなっていて順調に育っていました。

 

この一週間で本葉が双葉と同程度の大きさまで生長していることから、

今後のさらなる生長に期待が持てそうです。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から38日目を迎えた「ミニメロン」ですが、

草丈はさほど伸びたように感じませんでしたけども双葉よりも大きくなった本葉が3枚に増え

元気よく育っていました。

ペトさい(ミニメロン・改)19

 

近くに寄って観てみたところ新たな葉が出てきそうな状態になっていて、

今は本葉の数を増やすことに集中しているように感じました。

 

それから8日が経過して再び「ミニメロン」の様子を観てみたところ、

草丈は少し伸びていたものの葉の方が若干黄色み掛かっていて少し不安になりました。

ペトさい(ミニメロン・改)20

 

双葉が黄色く変色していくことはさほど心配していないのですが、

本葉の方が少し小さくなったように感じられ、この先に何もなければいいなと思いました。

 

少し不安を感じる中でも、新たな葉がカワイらしく出てきていたのには素直に嬉しく感じ、

心の中でニンマリしてしまいました。

 

最後に、「ミニメロン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニメロン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が3~4枚になったら大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ミニメロン」の生長を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ミニメロン・改)21

 

 

★ミニメロンの栽培データ★

ペトさい(ミニメロン・改)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii
最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
04月
25

[メロン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、プロジェクトM

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニメロン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

想像していた以上に注目度の低い悲しき「ミニメロン」ではありますが、

陰ながらひっそりと順調に育っていました。

 

今のところは徒長することもなく葉数を増やして大きく育っておりますが、

これから気温のほうが徐々に上がってくることを踏まえますと、

オレ様個人としては「ミニメロン」の生長に期待を寄せてしまいます。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から31日目を迎えた「ミニメロン」ですが、

草丈が2(cm)ほど伸び本葉も数を増やして大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(ミニメロン・改)17

 

近くに寄って観てみたところ、この一週間で本葉が双葉と同程度の大きさになり、

小さな葉がカワイらしく出ていて癒されました。

 

草丈の伸び方を観ますと若干徒長しているようにも見えましたが、

根のほうがしっかりと根付いているようですので今後の生長に期待できそうです。

 

最後に、「ミニメロン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニメロン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が3~4枚になったら

 大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ミニメロン」の生長を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ミニメロン・改)18

 

 

★ミニメロンの栽培データ★

ペトさい(ミニメロン・改)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
04月
16

[メロン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、プロジェクトM

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニメロン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

オレ様的には「ミニメロン」というビッグコンテンツだと思って育てているものの、

実際のところはあまり存在感がなくひっそりと育てていることもあって

注目度の薄さに虚しさを感じております(苦笑)。

 

そんな中、「ミニメロン」は発芽してから少し日数を要したものの

双葉が無事に開いてくれてホッとしました。

 

「ミニメロン」は小さな本葉を一枚着けていることもあり、

これから大きく生長していきそうな予感がしております。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から24日目を迎えた「ミニメロン」ですが、

草丈は思っていたほど伸びることなく双葉が一回り大きくなっていて

順調に育っていました。

ペトさい(ミニメロン・改)15

 

また、本葉も二枚に増えていて双葉より一回り小さい大きさに生長していて、

急生長しそうな感じがしました。

 

これから気温が徐々に上がってくるようであれば大きく化けそうな気がする

「ミニメロン」ではありますが、大きく生長してくれたところで注目されることは

ないのだろうと思うと寂しくなりました。

 

「ミニメロン」はこれからもひっそりと育てていきたいと思います(苦笑)。

 

最後に、「ミニメロン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニメロン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が3~4枚になったら

 大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ミニメロン」の生長を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ミニメロン・改)16

 

 

★ミニメロンの栽培データ★

ペトさい(ミニメロン・改)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
04月
08

[メロン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、プロジェクトM

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニメロン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回の栽培で散々な結果に終わったことからひっそりと育てることにした

「ミニメロン」栽培ですが、ひとまず簡易温室に入れて発芽適温に調節して

無事に発芽させることができました。

 

しかし、発芽はしたもの双葉が開いた状態ではなかったため、

双葉が開くまでにはもう少し日数がかかりそうな状態でした。

 

果たして、「ミニメロン」は双葉を開くことができ、次のステップに

生長することができるのでしょうか?

 

あれから3日が経過して栽培開始から10日目を迎えた「ミニメロン」ですが、

草丈が1(cm)ほど伸び双葉に付いていた種殻が取れていました。

ペトさい(ミニメロン・改)12

 

しかしながら、双葉は少し大きくなっていたものの、未だに開いてはおらず

何故に開こうとしないのか分かりません。

 

もしかして、「ミニメロン」はシャイで恥ずかしがり屋さんなのでしょうか?

 

それからさらに一週間が経過して再び「ミニメロン」の様子を観てみたところ、

草丈がさらに7(mm)ほど伸び、ようやくさらに大きくなった双葉がキチンと

開いてくれました。

ペトさい(ミニメロン・改)13

 

双葉が開いてくれたことに安堵したのですが、嬉しいことに小さな本葉も着け

この一週間の間に急激に生長しているように感じました。

 

この調子で生長の勢いを加速させることができたら1ヵ月経たないうちに

植え付けられるくらいの大きさに育つかもしれません。

 

「ミニメロン」の今後の生長から目が離せなくなり、オレ様も次のステップへ

シームレスに移行できるように準備したいと思います。

 

最後に、「ミニメロン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニメロン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が3~4枚になったら

 大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も「ミニメロン」の生長を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ミニメロン・改)14

 

 

★ミニメロンの栽培データ★

ペトさい(ミニメロン・改)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
28

[メロン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、プロジェクトM

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニメロン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

期待させるだけさせておいて散々な結末に終わってから4ヵ月が経過し、

ひっそりと始めることにした「ミニメロン」栽培

 

ひとまず、前回の問題でもあった育苗をしっかり行うことにし、

適切な鉢を用意して種を蒔きました。

 

「ミニメロン」地温25~30℃で播種後3~5日程度で発芽するとのことなので、

ひとまず、簡易温室に入れて発芽させることにしました。

 

しかし、種を蒔くタイミングが悪かったのか雪がちらつくほどの気温の低さから

いくら簡易温室内で育苗させるといっても発芽適温を維持することは困難を極め、

案の定、すぐにはつがすることはありませんでした。

 

このため、一度仕切り直して種を蒔くタイミングを見計らって

再度播種することにしたのでした。

 

種を蒔いてから一週間が経過して「ミニメロン」の様子を観てみたところ、

鉢の真ん中からポツンと小さな芽が出てきていました。

ペトさい(ミニメロン・改)09

 

発芽した芽を観てみますと、まだ種殻が付いた状態だったことから

発芽して間もないことが分かり、もう少し経てば双葉が開くと思われます。

 

若干発芽に日数がかかってしまいましたが、無事に芽が出てくれてホッとしました。

 

最後に、「ミニメロン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニメロン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が3~4枚になったら

 大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、なんとか無事に発芽してくれましたが、「ミニメロン」の様子を観ながら

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ミニメロン・改)10

 

 

★ミニメロンの栽培データ★

ペトさい(ミニメロン・改)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
02月
22

[ミニメロン] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、かわい~ナ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニメロン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

あの散々な結末から早4ヵ月が経過した「ミニメロン」栽培でしたが、

初めての栽培とは言え、'Mプロジェクト'だの'絶対に収穫に導きます'だの

ご託を並べまくった割には違う意味で涙が出てきてしまう結果に導いてしまい、

情けないやら恥ずかしいやら皆さんに会わせる顔がありませんでした。

 

思えば、昨年の「ミニメロン」栽培は播種時期が遅かったことが全ての始まりで、

育苗段階ではそこそこ順調に育っているように見えて実際には徒長ぎみに育ち

その貧弱な苗を植え付けてからはまずまずの生長を続けてくれたものの、

結果的には花が咲くだけ咲いて着果せずに散ってしまうという繰り返しだったため

やむなく撤去することにしたのでした。

ペトさい(ミニメロン・改)01

ペトさい(ミニメロン・改)02

 

「ミニメロン」の株を撤去してから様々な点から検証してみたのですが、

やはり育苗時にしっかりと立派な苗に育てないことには後に続かないと思うのと

追肥や栽培用炭酸水の与え方のバランスを考える必要があったと思うことから、

今年は偉そうな発言を慎むようにしヒッソリと大人しく育てることにしました。

 

ですので、皆さんは過度な期待を持たずに今回の「ミニメロン」栽培を

ご覧頂きたいと思います。

 

★品種選び★

「メロン」は肥料喰いの野菜と言われますので、

ペットボトルで育てる場合には適した品種を選ぶ必要があります。

 

「メロン」などのウリ科の野菜には各節に雌花がつき、

実になるタイプのことを'節なり型'と呼んでいます。

 

この節なり型には大きく分けて4つのタイプがあり、

ペットボトルで「メロン」を育てる場合には栽培管理のしやすさから

蔓が横に広がらずに親ヅルの各節に実を着けやすい節なり性親ヅル型

品種が適しています。

 

しかしながら、ペットボトルで「メロン」を育てる場合には

土の栄養分のことも考慮する必要があり、できるだけ株全体の負担が

かからないようにするため、直径5(cm)程度の実を着けるミニ種

選ぶのがよいとされています。

 

このため、今回はミニ種の「メロン」の中からタキイ種苗社が販売している

'かわい~ナ'という品種を使い、生長する様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(ミニメロン・改)03

 

この「ミニメロン」の種には上の写真にも示すように、

黄色く色の付いた薬剤が塗布されています。

 

これは薬剤処理といって、発芽直後に土壌被害などから種を守るために

予め色の付いた薬剤を塗布したもので、このような薬剤処理された種には

必ず種袋の裏側にどのような薬剤を塗布したかが記載されています。

ペトさい(ミニメロン・改)04

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「ミニメロン」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:3月中旬~4月上旬

発芽日数:播種後3~5日

発芽率:85%

発芽適温(地温):25~30℃

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「ミニメロン」を育てる際に使用する土は、

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、市販の野菜用培養土で「ミニメロン」を育てる場合は

鉢底土を敷いてから野菜用培養土を入れるという手間がかかり、

野菜用培養土の粒子が細かいためペットボトル鉢の底穴が詰まり、

排水不良を起こしてしまいます。

 

排水不良を起こせば、当然「ミニメロン」の生長にも影響が及びますので、

この排水性を考慮し、下図に示す'市販の粒状培養土'の使用をお勧めします。

ペトさい(培養土・改)03

 

'粒状培養土'は「ミニメロン」の生育に必要な様々な栄養素を含んだ培養土を

(mm)ほどの大きさに加熱処理して粒状に加工されているため、

普通の培養土に比べて通気性がよく、土に新鮮な空気・水を運び込む

通り道を確保できることから余分な水を土中の老廃物と共に排水されるため

鉢底土を敷く必要がなく、直接ペットボトル鉢に入れることができます。

 

今回の栽培では、1鉢につき'粒状培養土'を2(L)使用するものとし、

その一部の培養土を篩にかけて細かな土を抽出して種蒔き用土として

利用しています。

ペトさい(培養土・改)04

 

また、栽培を進めていく過程で、「ミニメロン」の葉の色が変色するなどの

生育不良を起こした際には、下図に示す'発酵油かす'を一摘み与えて

追肥を行います。

ペトさい(有機肥料・改)01

 

さらに、「ミニメロン」は実着きを良くしたり実を大きくするために土の栄養分を

吸収する中でも、実着きをよくする'リン酸'が不足します。このため、

今回の栽培では蕾を着け始めた頃から下図に示す'バッドグアノ'という

リン酸系肥料を一摘み与えて追肥を行います。

ペトさい(有機肥料・改)02

 

そして、「ミニメロン」に実を着け始めた頃から普段の水やりの代わりに

'栽培用炭酸水'を週2~3回程度与え、「ミニメロン」の生育を活性化させます。

ペトさい(栽培用炭酸水)

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★鉢選び★

今回育てる「ミニメロン」は株が大きくなる上に根を深く張り、

土の栄養分を多く吸収する野菜です。

 

このため、今回の栽培では初めから一つの鉢で育てることはせず、

小さな鉢に種を蒔いて育苗させた後、大きめの鉢に植え付けるという

二段構えで育てることになるため、育苗時と植え付け後で使用する鉢も

それぞれに適したものを使い分ける必要があります。

 

従って、育苗時に使用する鉢は種から発芽させ苗を育てることを

目的としますので'育苗用ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)14

 

人工受粉を行いやすくするために育苗した苗を2株植え付けられ、かつ、

植え付け後の株が大きくなり根を深く張り、支柱を立てても安定した状態で

育てることができる'超大型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)08

 

なお、2種類のペットボトル鉢を新規で作られる方は

下記のリンクをご参照の上作ってみて下さい。

育苗用ペットボトル鉢の作り方 超大型ペットボトル鉢の作り方

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意下さい。

 

ミニメロンの種、育苗用ペットボトル鉢、移植ゴテ、

粒状培養土、種蒔き用土、霧吹き

ペトさい(ミニメロン・改)05

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(ミニメロン・改)06

'育苗用ペットボトル鉢'に「粒状培養土」を鉢の縁から3(cm)下まで入れ、

さらに、「種蒔き用土」を(mm)程度かけます。

 

※ 「種蒔き用土」をかけることで種と土を密着させ、種を発芽しやすくします。

 

ペトさい(ミニメロン・改)07

粒状培養土を入れたら「ミニメロンの種」を鉢の中央に1粒蒔きします。

 

ペトさい(ミニメロン・改)08

ミニメロンの種を蒔いたら「粒状培養土」を1(cm)程度の厚さに覆土し、

「霧吹き」でたっぷりと水を吹き付けて、種蒔き作業は完了です。

 

 

★最後に★

皆さん、「ミニメロン」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

種を蒔いた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「ミニメロン」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆ミニメロンの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ミニメロンの種

1

626円

626円

野菜用培養土<粒状>(14L)

1

398円

16円
(200ml使用)

移植ゴテ

1

108円

108円

霧吹き

1

108円

108円

合計金額 

858円

※ 「育苗用ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
12月
03

[メロン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、プロジェクトM

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニメロン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

これまでたくさんの蕾や花を着ける度に着果することを期待しつつ

'リン酸系肥料'を与えてきた「ミニメロン」でしたが、ものの見事に期待を裏切り

花が咲いても雄花ばかり咲く一方で雌花が咲くことがありませんでした。

 

しかし、何度も期待を裏切られつつも粘り強く育て続けた結果、

遂に雌花が咲いてくれたことに発狂し、時期的にも終わりを迎えつつある

この栽培としては最後の賭けとして'リン酸系肥料'を与えました。

 

果たして、「ミニメロン」は着果することができたのでしょうか?

 

あれから二週間が経過して栽培開始から152日目を迎えた「ミニメロン」ですが、

二週間前とは違って気温が下がって来たことに加えて長雨が続いてしまったため、

株そのものが衰えていることが一目で分かる状態になってしまいました。

ペトさい(ミニメロン)79

 

このため、株元付近に着いている葉は全て茶色く枯れてしまっていました。

ペトさい(ミニメロン)80

 

株の中間部では所々に花を着けているのを目にすることができましたが、

ここでも殆どの葉がウドン粉病などによる症状が観られ、

黄色く変色している葉が目立っていました。

ペトさい(ミニメロン)81

 

また、株の上端部では辛うじて青々とした葉がワサワサと繁っていましたが、

一部の葉では葉焼けのような症状が観られ、以前のような元気のよさを

感じることはできませんでした。

ペトさい(ミニメロン)82

 

ここでも、所々に黄色い花を着けているのを目にすることができましたが、

二週間前に着けていた雌花は着果することなく姿を消してしまい

最後の期待が儚く散ってしまいました。

 

今回の栽培は初めての挑戦ということもありましたが、

ペットボトル栽培の「ミニメロン」を収穫したいという期待を強くありましたので

残念な結果に終わってしまったことは悔しいです。

 

しかし、今回の栽培は始める時期が遅かったことが原因の一つにありますので、

これを含めて検証して来年の夏に出直して来たいと思います。

 

最後に、「ミニメロン」の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、今後「ミニメロン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★ミニメロンの栽培データ★

ペトさい(ミニメロン)11

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
10月
25
[メロン] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、プロジェクトM

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ミニメロン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

「ミニメロン」にたくさんの蕾や花を着けていたことから'リン酸系肥料'を与えて

様子を観ていたところ株の中間部から上の方の子蔓から葉や蕾が着くようになり、

元気よく生長を続けていました。

 

しかし、花が咲いても雄花ばかり咲くことに嫌気をさしていたところ、

株の上端部に雌花らしきものを着けていることを確認し期待感が強めるのでした。

 

あれから5日が経過して栽培開始から131日目を迎えた「ミニメロン」ですが、

若干葉数が増えたようには感じるものの大きな生長は観られませんでした。

ペトさい(ミニメロン)73

 

相変わらず、株元付近には新たな葉を着ける気配を感じることなく

土面がハッキリと見えるくらい寂しい状態に変わりがありませんでした。

ペトさい(ミニメロン)74

 

株の中間部では若干新たな葉や蕾を着けていましたが、

以前に比べると生長の勢いが若干衰えているように感じました。

ペトさい(ミニメロン)75

 

その証拠に、大きくなった葉の表面が黄色いみがかっているものや

葉焼けを起こしているもの、あるいは、ハモグリバエの幼虫が寄生した痕が

残されていたのです。

 

そして、5日前にはメロンタワーの頂点を越えた親蔓ですが、

依然として、行き場に迷うように上を目指して伸びていました。

ペトさい(ミニメロン)76

 

また期待が高まる雌花の様子ですが、今のところ全く大きくなる気配を感じず

今後どのような生長を見せるのか気になって仕方がありませんでした。

 

「ミニメロン」の株全体としての様子を観た感触としては

これまでのような生長の勢いはなくなり、大分衰えてきているように感じました。

 

ただ、現在のところ株の上端部には雌花を着けていることから

実着きを良くする'リン酸系肥料'を適量与えました。

ペトさい(ミニメロン)77

 

しかしながら、この追肥で「ミニメロン」の生長がよい方に育たなかった場合には

時期的にみても無理がありますので打ち切ることに決めました。

 

「ミニメロン」が最後の追肥で奮起してくれることを願うところです。

 

最後に、「ミニメロン」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニメロン」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて、ジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(ミニメロン)78

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ミニメロン」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ミニメロンの栽培データ★

ペトさい(ミニメロン)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お天気情報
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
みんなの趣味の園芸 公式サイト
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
広告(Pitta!)
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker