FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
6/18 今日のガリガリ君XXXXXX
6/18 「ピーマン」の生長は危ういのか?それとも?
6/17 今日の堅あげポテト23
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
04月
01

[インゲン] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、つるなしインゲン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「つるなしインゲン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前に2種類の「つるなしインゲン」を

ペットボトルで育てたことを綴った記事をベースにリメイクしました。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うための叩き台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返りつつ、

現在ブログで公開している栽培と同様の書式や話の展開に統一する意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「つるなし

インゲン」栽培の記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足して、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「つるなしインゲン」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「つるなしインゲン」栽培のお話をお楽しみ頂きつつ、

厳しい目線でコメントを寄せて頂けば幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

「つるなしインゲン<緑>」の生長の勢いはさらに加速し、あちこちに蕾を着けたかと

思えばその蕾が開花し莢を着け始めるという生長ぶりに驚くばかりで、

それに対抗するべく「つるなしインゲン<黄色>」も驚異的な生長を見せるものの

「つるなしインゲン<緑>」の勢いには追い付くことが出来ませんでした。

 

どちらも生長の勢いに乗っていますので、その後の様子が気になります。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から55日目を迎えた「つるなしインゲン<緑>」ですが、

草丈がさらに伸び葉も数を増やして大きくなっていて、その生長の勢いは

加速度が増しているように感じました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)30

 

そして、近くに寄って観てみたところ、一週間前に確認した莢は大きくなっていて

目測で長さ10~12(cm)、太さ7(mm)ほどの大きさがあり、収穫できそうな

感触を覚えました。

 

一般的に'つるなしインゲン'は播種後50~55日程度で収穫できる大きさに育つため、

「つるなしインゲン<緑>」については順調に育っていると言ってよいでしょう。

 

それにしても、ここまで気持ちのいいくらい順調に育ってくれたのは、

きっと、しっかりと根が張っていたからかもしれません。

 

一方、「つるなしインゲン<黄色>」はマイペースながらも草丈を3(cm)伸ばし

枝分かれのほうもさらに進んで葉数が増え、横に広がるように育っていました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)31

 

「つるなしインゲン<緑>」には遠く及ばない生長ではありますが、

それでも、今ではたくさんの蕾を着けきれいな花を咲かせ

そして、目測で長さ8~10(cm)、太さ3(mm)ほどの大きさの莢を着け、

元気よく育っていました。

 

「つるなしインゲン<黄色>」に着ける莢をよく観てみますと

ほんのり黄色みがかっていることが判り、「つるなしインゲン<緑>」とは違う

生長を観るのが楽しみになってきました。

 

ひとまず、この日の段階では収穫できそうな莢を着けている「つるなしインゲン<緑>」

収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・莢の長さが10(cm)くらいになるのを目安に収穫する。

・収穫するときは莢の付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)32

 

それから6日が経過して再び「つるなしインゲン<緑>」の様子を観てみたところ、

草丈はほとんど伸びることがなく株元付近の葉が少なくなってきたことに

少し衰えを感じるようになってきましたが、それでも6日前に着けていた

小さかった莢が大きく育っていてまだまだ期待を持てる感触がありました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)33

 

それらの莢はいずれも長さ10~14(cm)太さ8(mm)ほどあり、

6日前に収穫した莢よりも大きくてニンマリしてしまいました。

 

一方、「つるなしインゲン<黄色>」のほうも草丈が変わることなく

株元付近の葉が少なくなり、少し衰えを感じさせました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)34

 

しかしながら、6日前に着けていた莢はさらに黄色く変わっていて、

目測で長さ10~16(cm)太さ5~7(mm)ほどの大きさに育ち、

莢の長さ的には「つるなしインゲン<緑>」よりも長い印象を受け

少し嬉しくなりました。

 

よって、この日は2つの品種の'つるなしインゲン'を収穫することができ、

収穫した莢を並べてみたところ莢の色の違いがとてもキレイに見えました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)35

 

さらに一週間が経過して「つるなしインゲン<緑>」の様子を観てみますと、

草丈が伸びることも葉も大きくなることもなく、以前のような生長の勢いは

完全に失われたように感じました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)36

 

よって、脇芽が伸びて新たな蕾を着ける様子を観ることも出来なくなったため、

今着けている莢が最後の収穫になることから寂しい気持ちになりました。

 

現在、「つるなしインゲン<緑>」に着けている莢を観てみたところ、

目測で長さ11~13(cm)、太さ7(mm)ほどの大きさに育っていて

なんとか収穫できる大きさにはなっていました。

 

一方、「つるなしインゲン<黄色>」のほうも「つるなしインゲン<緑>」と同様に

草丈が伸びることも葉の生長も感じることは出来ませんでした。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)37

 

ただ、「つるなしインゲン<黄色>」には目測で長さ12~16(cm)太さ8(mm)ほど

大きさになる黄色く色づいた莢が垂れ下がっていて、一週間前よりも

多くの収穫が見込めそうなことに嬉しくなりました。

 

というわけで、この栽培としては最後となる収穫を行うことにしたのですが、

収穫した2つの品種の'つるなしインゲン'は今までで最多の収穫量となり、

ペットボトルでここまで収穫できたことに感慨深いものがありました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)38

 

ペットボトルを使ってこれだけの量を収穫することができるのであれば

もう少し栽培量を増やす工夫をすれば良かったと思いましたし、

想像していた以上に「つるなしインゲン<黄色>」が元気よく育ってくれたので

'紫色のつるなしインゲン'も育てればよかったと後悔してしまいました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)39

 

何はともあれ、2つの品種の'つるなしインゲン'を

無事に収穫することができましたので、ヨシとすることにしましょう!!

 

最後に、2種類のつるなしインゲンの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「つるなしインゲン<緑>」「つるなしインゲン<黄色>」

種から育てたいと思われた方はこちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★つるなしインゲン<緑>の栽培データ★

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)16

 

★つるなしインゲン<黄色>の栽培データ★

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)17

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
24

[インゲン] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、つるなしインゲン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「つるなしインゲン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前に2種類の「つるなしインゲン」を

ペットボトルで育てたことを綴った記事をベースにリメイクしました。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うための叩き台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返りつつ、

現在ブログで公開している栽培と同様の書式や話の展開に統一する意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「つるなし

インゲン」栽培の記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足して、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「つるなしインゲン」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「つるなしインゲン」栽培のお話をお楽しみ頂きつつ、

厳しい目線でコメントを寄せて頂けば幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

これまで、「つるなしインゲン<黄色>」が一歩リードする展開で生長していた

2種類のつるなしインゲンでしたが、「つるなしインゲン<緑>」の追い上げにより

生長の展開が逆転し、草丈は一気に20(cm)近く伸び葉も数を増やして大きくなり、

株が大きくなったことから生育の良さそうな芽を2株残すようにして間引きました。

 

間引いた後も「つるなしインゲン<緑>」の勢いは止まることを知らず、

「つるなしインゲン<黄色>」の差を広げんばかりに大きく生長していくのでした。

 

あれから8日が経過して栽培開始から42日目を迎えた「つるなしインゲン<緑>」ですが、

草丈をさらに数(cm)伸ばし本葉も数を増やして大きくなり、生長の勢いは

全く衰えることなく元気よく育っていました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)26

 

「つるなしインゲン<緑>」はぐんぐんと草丈を伸ばしていたため、

ご褒美ではありませんけど、欄栽培用の支柱を立てて補強してあげました。

 

それに気をよくしたのかは分かりませんが、

「つるなしインゲン<緑>」は若干の葉枯れを確認しましたけど、

早くも蕾があちこちに着き始め、さらにはキレいなピンク色をした花

咲かせていたのです。

 

ここまで勢いよく生長していることに驚いてしまったのですが、

実のところ、'つるなしインゲン'の一般的な開花は捲種後30~40日程度なので、

けして早い開花ではなく、むしろ、遅い開花となっていたのです。

 

今年は天候不順により気温の変化が激しいため、若干の生長の遅れは

仕方のないものと考えますので、それを踏まえれば順調に生長していると

判断してもよいかもしれません。

 

ここまで、「つるなしインゲン<緑>」が大きく生長していると、

どうしても「つるなしインゲン<黄色>」の生長にも期待を寄せてしまいます。

 

その「つるなしインゲン<黄色>」の様子を観てみたところ、

草丈は10(cm)ほど伸び葉数も倍近くに増えて大きくなっていて、

8日前に比べると格段に大きく生長していました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)27

 

しかし、大きく生長していたとは言っても「つるなしインゲン<緑>」とは

比較にならないほど株が小さく、その差はさらに広がる一方でした。

 

それから6日が経過して再び「つるなしインゲン<緑>」の様子を観てみたところ、

草丈をさらに7~8(cm)伸ばし葉も数を2倍近くに増やして大きくなっていて、

しかも、蕾からはピンク色をした花がたくさん咲いていて新たな蕾を着け、

飛躍的な生長を遂げていました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)28

 

また、近くに寄って「つるなしインゲン<緑>」を観てみますと、

開花した箇所から莢を着け始めているのを確認することができ、

その莢は少し膨らみ始めていました。

 

莢の長さは小さいもので3~4(cm)大きいものでは7~8(cm)位あり、

「つるなしインゲン<緑>」の生長の勢いはさらに加速を続けていることから

今後の生長から目が離せなくなりました。

 

ここまで「つるなしインゲン<緑>」が大きく生長してしまうと、

「つるなしインゲン<黄色>」はどこまで生長の差を縮める事ができるのかが

気になってしまいます。

 

その「つるなしインゲン<黄色>」を観てみたところ、

残念ながら草丈の伸びにあまり変化はなかったのですが、枝数は増え

それに伴い葉数が2倍近くに増えて大きく生長していました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)29

 

6日前に比べると株が大きくなってはいるのですが、

それでも「つるなしインゲン<緑>」には遠く及ばない大きさではあるのですけど、

開花寸前の状態になる蕾が数ヵ所に出来ていたのを確認したときには

嬉しくて涙が出てしまいました。

 

ここまで、生長の差が大きく引き離されてしまうと

品種間の差を比較することはあまり意味がないように感じられ、

むしろ、2種類のつるなしインゲンがそれぞれ順調に生長してくれることに

期待を寄せるほうがいいように思えました。

 

今回の'つるなしインゲン'栽培は開花しそうな蕾を着け始め、そして、

莢を着け始めているのも確認でき、いよいよクライマックスに突入しそうです。

 

最後に、2種類のつるなしインゲンの栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「つるなしインゲン<緑>」「つるなしインゲン<黄色>」

種から育てたいと思われた方はこちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料を一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回 、2種類のつるなしインゲンは開花や着果へと大きく生長しましたが、

これからも引き続いて、ジョウロを使って水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★つるなしインゲン<緑>の栽培データ★

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)16

 

★つるなしインゲン<黄色>の栽培データ★

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)17

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
17

[インゲン] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、つるなしインゲン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「つるなしインゲン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前に2種類の「つるなしインゲン」を

ペットボトルで育てたことを綴った記事をベースにリメイクしました。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うための叩き台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返りつつ、

現在ブログで公開している栽培と同様の書式や話の展開に統一する意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「つるなし

インゲン」栽培の記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足して、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「つるなしインゲン」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「つるなしインゲン」栽培のお話をお楽しみ頂きつつ、

厳しい目線でコメントを寄せて頂けば幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

ひとまず、一般的な緑色をした莢を着ける「つるなしインゲン<緑>」

黄色をした莢を着ける「つるなしインゲン<黄色>」の2種類のつるなしインゲンは

蒔いた種からほぼ発芽し、その後も順調に生長を続けて本葉を1~2枚着けました。

 

ただ、栽培開始から2週間ほどが経過した段階で品種間による生長の違いが見られ、

「つるなしインゲン<黄色>」が一歩リードする展開となっていたのでした。

 

果たして、2品種の'つるなしインゲン'の生長の行方はどのようになっているのか

観てみることにしましょう!!

 

あれから6日が経過して栽培開始から21日目を迎えた「つるなしインゲン<緑>」ですが、

草丈が7~8(cm)ほどに伸び本葉も2枚に増えて大きく育っていました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)18

 

遠くから観ると順調に育っているように見えるのですが、

近くに寄って観てみますと一部の葉が食害に遭ったような状態になっていて

葉の周りも少し枯れているように感じたのです。

 

つるなしインゲンの葉が早くも食害に遭うなんて想像もしなかったので、

少しショックを受けてしまいました。

 

また、どの芽も大きく生長しているため少し混み合っていて窮屈さを感じました。

 

一方、「つるなしインゲン<黄色>」のほうは生長にバラつきあるものの、

草丈を5~10(cm)に伸びていたのですが、若干徒長しているように

感じたのが気になりました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)19

 

また、こちらも葉数が増えて大きく育っていたのですが、

「つるなしインゲン<緑>」よりも葉枯れが進んでいて少し不安を感じ、

ここに来て、生長の勢いが衰えてきたように感じました。

 

「つるなしインゲン<黄色>」についても「つるなしインゲン<緑>」と同様、

葉が大きくなったことにより混み合っていて窮屈さを感じました。

 

このことから2品種の'つるなしインゲン'の芽を間引いて株間を開け

通気を良くすることにしました。

 

★間引きのポイント★

・本葉が2~3枚になり込み合ってきた時を目安に行う。

・間引く際は生育の悪い株を園芸用ハサミで株元から剪定すること。

 

2品種の'つるなしインゲン'共に生育の良さそうな芽を2株残すようにして

間引いてみたのですが、「つるなしインゲン<緑>」が微妙に徒長していたことに

ショックを受け、「つるなしインゲン<黄色>」は深刻になるほど徒長していなかった為

結果的には品種間による差はあまりなかったように感じました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)20

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)21

 

というより、「つるなしインゲン<緑>」が「つるなしインゲン<黄色>」に

追い着いた格好になってしまったため、今後の展開が分からなくなってきました。

 

それから8日が経過して再び「つるなしインゲン<緑>」の様子を観てみたところ、

草丈が目測で20(cm)以上に伸びていて枝分かれして大きな葉をたくさん着け、

8日前に観たときとは全くの別物のような変貌ぶりに驚きました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)22

 

8日前には少し徒長気味で頼りなさそうな印象が強く不安を感じていたのですが、

この急生長した姿を見たらその不安は一掃されてしまいました。

 

一方、「つるなしインゲン<黄色>」は思っていたほど草丈が伸びていなかったものの、

「つるなしインゲン<緑>」と同様に枝分かれして大きな葉をたくさん着けていて

飛躍的な生長を遂げていました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)23

 

2品種の'つるなしインゲン'は共に間引いたことにより鉢内の土の栄養素を

吸収できる量が増えたことから急激に生長したように感じられ、

8日前に間引いたことは少なからず功を奏したと言っても良いと思いました。

 

それにしても、2品種の'つるなしインゲン'を比較したときに、

「つるなしインゲン<緑>」「つるなしインゲン<黄色>」を一気に追い越し

逆転する展開になるとは想像もつきませんでした。

 

さらに5日が経過して「つるなしインゲン<緑>」の様子を観てみたところ、

草丈はさらに7~8(cm)ほどに伸び葉も数を増やして大きくなっていて

その生長の勢いはさらに加速しているように感じました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)24

 

一方、「つるなしインゲン<黄色>」はゆっくりとした生長を続けていましたが、

それでも、枝分かれが増え、葉数を増して大きく生長していました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)25

 

間引く前までは生長の勢いに乗っていた「つるなしインゲン<黄色>」でしたが、

間引いてからは草丈の伸びがゆっくりとしていて少し心配です。

 

今はスランプ状態にハマってしまっていますが、「つるなしインゲン<緑>」に

負けないくらいの生長の勢いを取り戻してくれることを期待したいですね。

 

最後に、2種類のつるなしインゲンの栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「つるなしインゲン<緑>」「つるなしインゲン<黄色>」

種から育てたいと思われた方はこちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・蕾が着き始めたらリン酸系肥料を一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回 、2種類のつるなしインゲンの芽は草丈を伸ばして大きくなったことから

2本残して間引き、その後も順調に生長を続けておりますが、

これからも引き続いて、ジョウロを使って水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★つるなしインゲン<緑>の栽培データ★

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)16

 

★つるなしインゲン<黄色>の栽培データ★

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)17

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
10

[インゲン] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、つるなしインゲン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「つるなしインゲン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前に2種類の「つるなしインゲン」を

ペットボトルで育てたことを綴った記事をベースにリメイクしました。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うための叩き台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返りつつ、

現在ブログで公開している栽培と同様の書式や話の展開に統一する意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「つるなし

インゲン」栽培の記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足して、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「つるなしインゲン」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「つるなしインゲン」栽培のお話をお楽しみ頂きつつ、

厳しい目線でコメントを寄せて頂けば幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

ひとまず、一般的な緑色をした莢を着ける「つるなしインゲン<緑>」

黄色をした莢を着ける「つるなしインゲン<黄色>」の2種類のつるなしインゲンの

種蒔き作業を無事に終えることができました。

 

どちらのつるなしインゲンも地温25℃前後で播種後5~8日程度で発芽する

とのことで無事に芽を出してくれるのか、観てみることにしましょう!!

 

種を蒔いてから10日が経過して「つるなしインゲン<緑>」の様子を観てみたところ、

ペットボトル鉢の中央から芽を出そうな状態になっていました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)12

 

完全に芽が出てくるにはもう少し時間がかかるみたいで、

芽を出した姿を早く見てみたいです。

 

一方、「つるなしインゲン<黄色>」は「つるなしインゲン<緑>」と同様に

蒔いた種全てから発芽し、一部の芽についてはその姿を現していて

双葉が開きそうな状態になっていました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)13

 

どちらのつるなしインゲンも天候不順の影響で気温の変化が激しかったことから

発芽に日数がかかってしまいましたが、品種別で比較してみますと、

「つるなしインゲン<黄色>」が一歩リードした形となりました。

 

それから5日が経過して再び「つるなしインゲン<緑>」の様子を観てみますと、

発芽した芽は草丈が3~5(cm)伸びていて、双葉が半開きの状態のまま

その間から本葉が出ていました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)14

 

しかし、蒔いた種の一つはまだ発芽していない様子で少し心配です。

 

一方、「つるなしインゲン<黄色>」蒔いた種全てから発芽しており、

草丈が5(cm)以上に伸びていて双葉も完全に開いていて、

本葉を1~2枚着けていました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)15

 

完全に独走態勢を築いているような空気を感じる「つるなしインゲン<黄色>」ですが、

品種間で生長の差がここまでハッキリとした違いが出てしまうと

少し面白みに欠けてしまい、気持ち的に「つるなしインゲン<緑>」を

応援したくなってしまいました。

 

いずれにしても、つるなしインゲンは生長が早い野菜ですので、

今後も飛躍的に大きく生長する姿を見るのが楽しみです。

 

最後に、2種類のつるなしインゲンの栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「つるなしインゲン<緑>」「つるなしインゲン<黄色>」

種から育てたいと思われた方はこちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が2~3枚になり込み合ってきた時を目安に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回 、2種類のつるなしインゲンの芽が草丈を伸ばして大きくなり

本葉を着けるようになりましたが、これからの水やりは引き続き、

ジョウロを使って水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★つるなしインゲン<緑>の栽培データ★

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)16

 

★つるなしインゲン<黄色>の栽培データ★

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)17

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
03月
03

[インゲン] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、つるなしインゲン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「つるなしインゲン」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前に2種類の「つるなしインゲン」を

ペットボトルで育てたことを綴った記事をベースにリメイクしました。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培の

ムック本(通称、ペトさいレシピ)制作を行うための叩き台にすることであり、

過去の栽培においてどのような栽培を行ってきたのかを振り返りつつ、

現在ブログで公開している栽培と同様の書式や話の展開に統一する意味を含めて、

今回重い腰を上げてリメイクすることになりました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「つるなし

インゲン」栽培の記事の内容はそのままに不明な箇所があれば補足して、

当時ブログ記事に添付された画像は現在の画像編集技術を駆使して

高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を目指して

リメイクしております。

 

ただ、今回の「つるなしインゲン」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので

今よりも拙い文章で書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと

見逃して頂いて(笑)、純粋に「つるなしインゲン」栽培のお話をお楽しみ頂きつつ、

厳しい目線でコメントを寄せて頂けば幸いです。

 

――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

「つるなしインゲン」は炒めものや煮物、和え物、お浸しなど

どのような料理にも合う重宝する野菜だと思います。

 

「つるなしインゲン」は家庭菜園で育てる定番中の定番なの野菜であり、

初めて野菜を育てる方でも容易に育てられる野菜であることから

ペットボトルでも育てない訳にはいかないと思い、育てることにしました。

 

「つるなしインゲン」には色々な呼び名があるそうで、ある諸説によると

16世紀末にヨーロッパを経由して中国に渡り、17世紀に日本に伝わった

とされているそうです。

 

そして、同期に明からの帰化僧、隠元禅師が日本に持ち込んだとされることから

この名がついたのだそうで、実際には藤豆を持ち込んだという説もあり、

このことから、関西地方では藤豆のことをインゲン豆と呼び、インゲン豆を

藤豆と呼んでいるとのことです。

 

そのような歴史のある「つるなしインゲン」をペットボトルで本当に育てることが

できるのか気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、草丈が40(cm)近くまで伸び

育て方次第ではつるなしインゲンの莢をたくさん着けることができるため、

皆さんが思っている以上に収穫することができる野菜です。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)01

 

収穫した「つるなしインゲン」は冒頭で述べたように普通に食べることができますので、

育てていてとても楽しいのではないかと思います。

 

実のところ、ペットボトルによる「つるなしインゲン」栽培は過去にも

何度か育てたことがあるのですが、一般的な品種とは異なる品種を育てていたため、

今回の栽培で少し面白い趣向を取り入れつつ一般的な品種のつるなしインゲンも

育てたいと思います。

 

★品種選び★

「インゲン」には大きく分けて'つるあり種'と'つるなし種'があり、

ペットボトル栽培で育てる場合は栽培の管理がしやすい'つるなし種'を

選ぶことをお勧めします。

 

'つるなし種'はつるあり種に比べると収穫量が少なくなってしまいますが、

ペットボトル栽培のように限られた容量の土で育てることを考えますと

つるなし種のほうが育てやすいのです。

 

'つるなし種'のインゲンは様々な品種があるのですが、

品種間による生長の違いはさほどありませんので

皆さんのお好みでお選びください。

 

今回の栽培では一般的な品種の'つるなしインゲン'をメインに育てますが、

普通に育てていては面白みに欠けると思いますので、以前から興味のあった

黄色い莢を着ける'つるなしインゲン'も併せて育ててみたいと思います。

 

この黄色い莢を着ける'つるなしインゲン'は現在でも様々な品種があるのですが、

今回育てる品種については生産中止となっているため現在では入手することが

困難なため、ネット通販で苦労して入手しました。

 

というわけで、今回の栽培ではアタリヤ社の「つるなしインゲン(正式な品種名は

アポロ)」という品種を選び、生長する様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)02

 

また、品種間の違いも観てみたいと思い、入手困難とされる黄色い実を

着ける「イエローバロン」という品種の黄色いつるなしインゲンの種も

ゲットしましたので、こちらの品種についても生長する様子をお伝えして

いきたいと思います。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)03

 

また、上の写真をご覧になられてお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

「つるなしインゲン」の種には品種によって色の付いた薬剤が塗布されているものが

多く存在しております。

 

これは薬剤処理といって、発芽直後に土壌被害などから種を守るために

予め色の付いた薬剤を塗布したもので、このような薬剤処理された種には

必ず種袋の裏側にどのような薬剤を塗布したかが記載されています。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)04

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「つるなしインゲン」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:4月上旬~8月上旬

発芽日数:播種後5~8日

発芽率:80%

発芽適温(地温):25℃前後

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「つるなしインゲン」を育てる際に使用する土は、

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、市販の野菜用培養土で「つるなしインゲン」を育てる場合は

鉢底土を敷いてから野菜用培養土を入れるという手間がかかり、

野菜用培養土の粒子が細かいためペットボトル鉢の底穴が詰まり、

排水不良を起こしてしまいます。

 

排水不良を起こせば、当然「つるなしインゲン」の生長にも影響が及びますので、

この排水性を考慮し、下図に示す'市販の粒状培養土'の使用をお勧めします。

ペトさい(培養土・改)03

 

'粒状培養土'は「つるなしインゲン」の生育に必要な様々な栄養素を含んだ培養土を

(mm)ほどの大きさに加熱処理して粒状に加工されているため、

普通の培養土に比べて通気性がよく、土に新鮮な空気・水を運び込む

通り道を確保できることから余分な水を土中の老廃物と共に排水されるため

鉢底土を敷く必要がなく、直接ペットボトル鉢に入れることができます。

 

今回の栽培では、1鉢につき'粒状培養土'を2(L)使用するものとし、

その一部の培養土を篩にかけて細かな土を抽出して種蒔き用土として

利用しています。

ペトさい(培養土・改)04

 

「つるなしインゲン」に実を着け始めた頃から普段の水やりの代わりに

'栽培用炭酸水'を週2~3回程度与え、「つるなしインゲン」の生育を

活性化させます。

ペトさい(栽培用炭酸水)

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★鉢選び★

今回育てる「つるなしインゲン」は株が大きくなる上に根を深く張り、

土の栄養分を多く吸収する野菜です。

 

このため、今回の栽培では株が大きくなり根を深くまで張っても安定した

状態で育てることができ、収穫に期待が持てる'縦型ペットボトル鉢'

使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)01

 

ただ、今回の栽培では一般的な緑色の莢を着ける「つるなしインゲン」と

黄色い莢を着ける'イエローバロン'の2つの品種を育てることから、

品種間の違いを判別しやすくするために下図に示すようにペットボトル鉢の

縁に細長く切ったビニールテープを縦に貼ることで区別しました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)05

 

なお、どちらの品種も縦型ペットボトル鉢を使うことになるのですが、

縦型ペットボトル鉢を新規で作られる方はこちらをご参照の上作ってみて下さい。

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意下さい。

 

つるなしインゲンの種、縦型ペットボトル鉢、移植ゴテ、

粒状培養土、種蒔き用土、ジョウロ

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)06

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)07

'縦型ペットボトル鉢'に「粒状培養土」を鉢の縁から3(cm)下まで入れ、

さらに、「種蒔き用土」を(mm)程度かけます。

 

※ 「種蒔き用土」をかけることで種と土を密着させ、種を発芽しやすくします。

 

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)08

粒状培養土を入れたら「つるなしインゲンの種」を鉢の中央に点蒔きします。

このとき、種と種の間隔は2(cm)程度開けて蒔くようにして下さい。

 

※ 本来は発芽効率を高めるために下図に示すように種と種の間隔を2(cm)程度

 開けた上で一箇所に3粒ずつ2箇所に計6粒の種を蒔くのがベストなのですが、

 今回の栽培では栽培経験が浅いこともあって2粒ずつ蒔くことにしました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)09

 

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)10

つるなしインゲンの種を蒔いたら「粒状培養土」を1(cm)程度の厚さに覆土し、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて、種蒔き作業は完了です。

 

 

★最後に★

皆さん、「つるなしインゲン」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

今回の栽培では黄色い莢を着ける'イエローバロン'も育てることから

「つるなしインゲン」と同様の手順で種を蒔きました。

ペトさい(つるなしインゲン・Remake)11

 

種を蒔いた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「つるなしインゲン」と'イエローバロン'の種蒔き作業に

かかった費用を以下に示しますのでご参考ください。

◆つるなしインゲンの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

つるなしインゲンの種

(アポロ)

1

188円

188円

粒状培養土(5L)

1

398円

159円
(2L使用)

移植ゴテ

1

108円

108円

ジョウロ

1

108円

108円

合計金額 

563円

※ 「縦型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

 

◆イエローバロンの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

つるなしインゲンの種

(イエローバロン)

1

315円

315円

粒状培養土(5L)

1

398円

159円
(2L使用)

移植ゴテ

1

108円

108円

ジョウロ

1

108円

108円

合計金額 

690円

※ 「縦型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
06月
22

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」と、

黄色いつるなしインゲンの「バロン君」は、

共に、長さ約15(cm)太さ約7(mm)ほどの莢を収穫しました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)39

 

これらの'つるなしインゲン'には小さな莢が出来ていますので、

今後も収穫を楽しめそうです。

 

栽培開始から68日目

「マメっち」草丈や葉の生長が見られなくなりました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)42

 

そのため、新たな花や莢が付く気配を感じず、

現在付いている莢が最後の収穫になりそうです。

 

その現在付いている莢は大きく生長し、

長さ1113(cm)、太さ7(mm)ほどの大きさに実っていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)43

 

一方、「バロン君」'マメっち'と同様に、

草丈の伸びや葉の生長がほとんど見られませんでした。

ペット栽培III(つるなしインゲン)44

 

しかし、黄色く色づく莢が付いている様子は

ハッキリと確認できます。

 

一応、「バロン君」を間近で観てみたところ、

長さ1216(cm)太さ8(mm)ほどの莢

何本も垂れ下がっていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)45

 

今回は前回以上の収穫が見込めますが、

これで最後の収穫になるのかと思いますと

少し寂しい気持ちになります。

 

さて、今回の栽培における最後の収穫を行ったところ、

今までで最高の収穫量を確保することができました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)46

 

2つのペットボトル鉢で育てた'つるなしインゲン'から、

これだけの量を収穫することできるのならば、

もう少し栽培量を増やせば良かったと欲を書きそうになります。

 

また、前回も少しお話をしましたが、

'紫色のつるなしインゲン'も育てればよかったと強く思います。

 

何はともあれ、2つの品種の'つるなしインゲン'

無事に収穫する事ができたので簡単な料理に使いました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)47

 

今回の栽培では'1コインで育てること'をスローガンに掲げ、

2つの品種の'つるなしインゲン'を同時に栽培しましたので、

作業的にはハードな内容となりましたが、充実感はありました。

 

また、今回の栽培にかかった費用は最大460(税込)でしたが、

順調に育ってくれたおかげもあり、ちょっとした料理に

使うのには十分な収穫量を確保できました。

 

従って、新たな規格に基づいたペットボトル栽培としては、

文句なく、'大成功'と言える結果に終始できたと思います。

 

皆さんも是非、'つるなしインゲン'のペットボトル栽培に、

挑戦してみてください。

【ペットボトル栽培III~つるなしインゲン~ 完】

M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
06月
12

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

こんにちは、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」

一段と大きく生長し、長さ約12(cm)太さ約7(mm)

大きさに生長した莢がたくさん実っていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)29

 

当然ながら、これらの実は全て収穫し、料理に使いました。

 

一方、黄色いつるなしインゲンの「バロン君」は、

停滞気味だった草丈が(cm)ほど伸び

こちらにも、長さ約10(cm)太さ約3(mm)の大きさに育つ

莢が数ヵ所に出来ていたのです。

 

今回は「バロン君」を収穫することができるのでしょうか?

 

栽培開始から61日目

「マメっち」は株元に近い葉が少なくなり、少し寂し気ですが、

それでも、元気に育っているようでした。

ペット栽培III(つるなしインゲン)35

 

「マメっち」に近づいて観察してみたところ、

前回小さかった莢が大きく育っていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)36

 

今回の莢は前回よりもさらに大きく、

長さ1014(cm)太さ8(mm)あり、収穫するのが楽しみです。

 

一方、「バロン君」も株元の葉が少なくなり気になりますが、

なんといって、あの莢が目立っていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)37

 

言うまでもなく、「バロン君」の莢は黄色く色づいていたのです。

 

「バロン君」を間近で見てみたところ、

莢が少し曲がっているのは気になりますが、

黄色く色づいた莢がいくつか実っていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)38

 

「バロン君」の莢は長さ1016(cm)太さ5~7(mm)の大きさで、

長さ的には'マメっち'よりも長い印象を受けました。

 

とりあえず、2つの品種の'つるなしインゲン'の莢が

大きく育ってくれましたので、収穫することにしました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)39

 

収穫した2つの品種の'つるなしインゲン'を並べてみますと、

莢の色の違いがハッキリと分かり、キレイに見えます。

 

今回「バロン君」を無事収穫することができたから

私の胸の内を明かすわけではありませんが、

実のところ、今回の'つるなしインゲン'栽培は、

天候不順などの影響から失敗に終わると思っていました。

 

このため、本来育てる予定だった、

もう一品種の「紫色のつるなしインゲン」は取りやめたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)40

 

収穫した今を思いますと、この'つるなしインゲン'

育てておけばよかったと後悔の念を感じます。

 

何はともあれ、2つの品種の'つるなしインゲン'

ほぼ順当な日数で収穫できたことは上出来でしたので、

早速料理に使うことにしました。

 

'インゲン'はどんな調理法でも使える食材ですが、

'黄色いインゲン'の使い道には悩まされます。

 

今回は、私の嫁さんに任せたところ、

「インゲンとジャガイモのニンニク炒め」にしてくれました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)41

 

今の私の体調でも美味しく頂くことができ、

ニンニクを使っているのでスタミナがつきそうです。

 

ところで、'黄色いインゲン'の味ですが、

私の予想した通り、パプリカと同様に、

一般的なインゲンよりも甘みがあるため、

お浸しなどには合わないかもしれないと感じました。

 

今回初めて'黄色いインゲン'を食べて、

余計に'紫色のインゲン'が食べたくなりました。

 

まだ、2つの品種の'つるなしインゲン'には、

小さな莢が付いていますので、もう少し収穫を楽しめそうです。

次回に続く

M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
06月
04

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

こんにちは、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」は、

草丈は(cm)伸ばし、葉数は倍近くに増えるなど、

驚異的な生長を果たしていました。

 

さらに、「マメっち」は驚くことに、

キレイに咲く花の近くから小さな莢ができ、

膨らみ始めていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)24

 

「マメっち」は収穫に向けスパートをかけようとしていたのです。

 

一方、黄色いつるなしインゲンの「バロン君」は、

相変わらず、草丈の伸びがほとんどない状態でしたが、

葉数が倍近くに増えるなど、飛躍的な生長を遂げていました。

 

しかも、「バロン君」も'マメっち'に負けじと、

たくさんの蕾から花を咲かせていたのです。

 

今後、「バロン君」の生長からも目が離せない状態となりました。

 

栽培開始から55日目

「マメっち」は一段と草丈を伸ばし葉もより大きくなり、

その生長は止まることを知らないようです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)28

 

さて、前回待望の莢が付きましたが、

その後の様子が気になるところです。

 

早速、間近で「マメっち」を観てみたところ、

長さ1012(cm)、太さ7(mm)ほどの大きさに生長した莢が

たくさん実っていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)29

 

以前、'つるなしインゲン'を育てたことがありますが、

ここまで順調に育ってくれるとは想像できませんでした。

 

というのも、'つるなしインゲン'播種後5055日程度

収穫できる程の大きさに育つそうで、初めて開花した時と同様、

日数的に合致していたからなのです。

 

ここまで大きく生長できたことは、

「マメっち」の根の張り方を見てもよく分かります。

ペット栽培III(つるなしインゲン)30

 

先ほどの写真をご覧になられれば一目瞭然ですが、

この時点で大きく実った莢は収穫することにしました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)31

 

今回収穫した莢は計8莢とささやかな数ですが、

まだ、生長を続ける莢はたくさんありますので、

今後も「マメっち」ね収穫は楽しめそうです。

 

今回収穫した'つるなしインゲン'の使い道ですが、

私の思い付きで「インゲンのきんぴら」に使いました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)32

 

'インゲン'をきんぴらに使用したのは初めてでしたが、

私が想像していた以上に美味しく頂けましたので、

病み付きになるかもしれません。

 

一方、「バロン君」の生長にも大きな動きがありました。

 

これまで少し停滞気味だった草丈が3(cm)ほど伸びていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)33

 

また、枝分かれのほうはさらに進み、

葉数が増えたことにより横に広がるようになりました。

 

また、「バロン君」は今もきれいな花が咲き続けていますが、

その中から長さ8~10(cm)、太さ3(mm)ほどの大きさに育つ

数ヵ所から出来ていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)34

 

「バロン君」は黄色いつるなしインゲンですので、

莢の色が一番気になるところですが、

やや黄色みがかっているように見えます。

 

これから、莢の色が徐々に黄色く変わってくるのか、

今後の「バロン君」の生長からはやはり目が離せません。

次回に続く

M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
05月
30

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

こんばんは、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」は、

支柱で支えるほど大きく生長していました。

 

葉の一部に枯れている箇所はありましたが、

早くも沢山の蕾ができ、キレイな色をした花が咲いたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)21

 

一方、黄色いつるなしインゲンの「バロン君」は、

飛躍的に大きく育ったものの、'マメっち'に比べると

やはり小さかったのです。

 

双方の生長の差はさらに広がったように感じますが、

その後の生長を覗いてみることにしましょう。

 

栽培開始から48日目

「マメっち」驚異的な生長を見せてくれました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)23

 

草丈は7~8(cm)伸び、葉数は倍近くに増えていたのです。

 

また、蕾からはキレイなピンク色の花が咲き、

新たな蕾が出来ていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)24

 

「マメっち」は快調な生長っぷりを見せてくれていますが、

これで驚くのはまだ早いのです。

 

先ほどの写真からもご覧になれますが、

この「マメっち」は遂に待望の莢を作り、膨らみ始めていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)25

 

莢の長さは小さいもので3~4(cm)

大きいものでは7~8(cm)くらいあったのです。

 

今後一週間は暖かい日が続くそうですので、

「マメっち」の生長からは目が離せなくなりそうです。

 

一方、「バロン君」は草丈の伸びにあまり変化はありませんが、

枝分かれが増え、それに伴い葉数が倍近くに増えていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)26

 

しかも、「バロン君」にも開花寸前の状態になる蕾

数カ所にわたってできていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)27

 

今回の'つるなしインゲン'栽培は、

早くも佳境に入りそうな展開を迎えそうな状況です。

次回に続く

M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
05月
26

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」は、

草丈や葉の大きさなどが比較にならないほど大きく生長しました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)17

 

一方、黄色いつるなしインゲンの「バロン君」は、

'マメっち'とは対照的に、スローペースな生長を続けていました。

 

ここにきて、双方の生長に差が出始めてきたようですが、

その後の様子を見てみることにしましょう。

 

栽培開始から42日目になる「マメっち」草丈を数(cm)伸ばし、

葉も一段と大きくなっていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)19

 

このため、「マメっち」を支柱で支えてあげることにしました。

 

大きく生長してくれたのは嬉しいのですが、

葉の一部に枯れているところがあるのが少し気になります。

ペット栽培III(つるなしインゲン)20

 

少し不安要素はありますが、

いまの「マメっち」には期待が持てるのです。

 

というのも、「マメっち」には早くも蕾が出来たのかと思えば、

それを通り越し、キレイなピンク色をした花が咲いていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)21

 

一見すると、開花が早いようにも感じますが、

一般的な'つるなしインゲン'捲種後3040日程度

開花するので、むしろ、遅い開花となっていたのです。

 

今年は天候不順により気温の変化が激しいため、

若干の生長の遅れは仕方のないものと考えますので、

まずは順調に生長していると判断してもよいと思います。

 

一方、「バロン君」は前回よりも各段に大きく生長し、

草丈は10(cm)ほど伸び、葉数も倍近くに増えていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)22

 

しかし、飛躍的に大きくなったとは言っても、

'マメっち'とは比較にならないほど小さく、

今後の巻き返しに期待したいところです。

次回に続く

M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お天気情報
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
みんなの趣味の園芸 公式サイト
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
広告(Pitta!)
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker