FC2ブログ
インフォメーション
5/13 体調が回復したため、本日からブログ記事の更新を再開しました!!
7/20 【リメイク版】「シシトウ」栽培(3)~間引き後の生長~
7/20 リフレッシュした「ジャガイモ」さらに勢いよく育っていました!!
7/20 新たな蕾を着けて期待する「カモミール」でしたが…。
サイト紹介
環境活動の一環で「ペットボトル栽培」を始めて12年目に
なりますが、使い捨てされがちなペットボトルを使って
野菜や花を種から無農薬で育てております。本ブログは
初めてペットボトルを使った栽培に挑戦する方に向けて
分かりやすくご紹介していますのでお気軽にご覧下さい
「ブログランキング」に参加しております!!
下のボタンを押して応援して頂きますとブログランキングが上がり
大変励みとなりますので、ブログへの応援を宜しくお願い致します
にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
07月
20

[シシトウ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、シシトウ、ナス科

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鉢植え専用トマトの「シシトウ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回のお話は今から8年以上前にペットボトルで育てた「シシトウ」栽培について綴った記事を

ベースにリメイクしたものです。

 

過去の記事をリメイクする目的の一つとしては先に予定しているペットボトル栽培のムック本

(通称、ペトさいレシピ)制作を行うためのたたき台にすることであり、過去の栽培において

どのような栽培を行ってきたのかを振り返る意味を含めて、今回リメイクすることにしました。

 

リメイクするとは言っても、栽培当時に本ブログで綴ってきた「シシトウ」栽培の記事の内容は

そのままに不明な箇所があれば補足することはあるものの、当時ブログ記事に添付された画像は

現在の画像編集技術を駆使して高画質な画像に補正を施し、新しいようで懐かしさの残る記事を

目指してリメイクしております。

 

ただ、今回の「シシトウ」栽培の記事は8年以上前に記述したものですので、今よりも拙い文章で

書かれているためお恥ずかしい限りですが、そこはスルリと見逃して頂いて()、純粋に「シシトウ」

栽培のお話をお楽しみ頂ければ幸いです。

 

*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

ほぼ順調に発芽した「シシトウ」は徒長することなく草丈を伸ばし双葉も大きく育ち、

栽培開始から18日目になって本葉が1~2枚出てきて混み合ってきたことから

今後の生長を考えて生育の悪そうな芽を間引いて、1本の芽を残して育てることにしました。

 

思い切ったことをしてその後の生長が心配にはなりますが、

間引いてしまったからには残した芽を大事に育てなくてはなりません。

 

あれから9日が経過して栽培開始から27日目を迎えた「シシトウ」ですが、

草丈がさらに4~5(cm)伸び葉も数を2倍近くに増やして大きくなっていて

ほぼ順調に育っていました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)13

 

短期間でここまで大きく生長するとは思わなかったので驚いてしまったのですが、

草丈が伸びていて風の抵抗を受けやすい状態になっていたことから、

応急処置的に支柱を準備する間まで割り箸で支えて上げました。

 

それから6日が経過して再び「シシトウ」の様子を観てみたところ、

連日のように30℃を超す暑さが続いていたこともあって草丈が数(cm)伸び

本葉も数を増やして大きく生長していました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)14

 

ようやく支柱の準備が出たので応急処置で支えていた割り箸から支柱に立て替えて

再び園芸用テープで誘引して上げました。

 

「シシトウ」は6日前に比べて主茎が太くなりしっかりと根付いているように感じられ

これからの生長に期待が持てそうな感じがしました。

 

さらに6日が経過して「シシトウ」の様子を観てみますと、

草丈は7(cm)近く伸び新芽もたくさん出ていて急生長していました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)15

 

「シシトウ」は気温の高い場所を好みそうですが、ここ最近の茹だるような異常な暑さが

続いていることから風通しの良い涼しい場所に鉢を移動させて育てることにしました。

 

そして、栽培開始から45日目を迎えるこの日も茹だるような暑さが続いていたのですが、

涼しい場所に移動させた「シシトウ」は一段と大きく生長していてニンマリしてしまいました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)16

 

草丈はさらに7(cm)ほど伸び葉も数を増やして大きくなり、近くに寄って観てみたところ

主茎は目測で5(mm)ほどの太さになっていて急生長ぶりに驚きました。

ペトさい(改良シシトウ・Remake)17

 

しかも、新芽からは蕾らしきものが着いているのを確認することができ、

いよいよ着果してくれるのか期待が高まり、ますます「シシトウ」から目が離せなくなりました。

 

最後に、「シシトウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シシトウ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)程度に伸びたら支柱を立てて支えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後の水やりを行う際は土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シシトウ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シシトウの栽培データ★

ペトさい(改良シシトウ・Remake)12

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
20

[ジャガイモ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ジャガイモ、男爵

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ジャガイモ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

オレ様の中では終結していたはずの「ジャガイモ」栽培でしたが、

ツイッターのフォロワーさんがこの栽培をどうしても観てみたいというお声を多数頂戴したことから

敢えなく3回目の「ジャガイモ」栽培に着手しました。

 

芽掻きをした後の「ジャガイモ」の生長の勢いが凄まじく、草丈がグングン伸びるだけでなく

新たに出てくる芽もまた大きく生長しているため忽ち葉がジャングルのようにワサワサとしていました。

 

このため、通気が悪くなってしまって、「ジャガイモ」の天敵である'カメムシ'が発生することを防ぐため、

本来なら必要のない支柱を1本立てて大きくなった芽を誘引して通気をよくしました。

 

これにより、'カメムシ'が発生することはほぼないと思われるため、

「ジャガイモ」のさらなる生長に期待を寄せるのでした。

 

あれから9日が経過して栽培開始から69日目を迎えた「ジャガイモ」ですが、

生長の勢いは衰えることを知らず、誘引した芽はさらに大きくなり脇芽が伸びて葉がさらに増え

青々としていて元気よく育っていました。

ペトさい(ジャガイモIII)41

 

株元付近に寄って観てみたところ新たな芽が出ているのを確認することができ、既存の芽も脇芽が増え

新たな葉がたくさん出ているのを分かり、まだまだ生長の勢いが収まることはないように感じました。

ペトさい(ジャガイモIII)42

 

株の上端部の様子を観てみたところ、こちらも脇芽が伸びで葉数を増やしているのが分かる共に、

葉が9日前よりも青々としていて張りがあるように感じられ、支柱を立てて誘引して正しかったと思いました。

ペトさい(ジャガイモIII)43

 

さらに一週間が経過して再び「ジャガイモ」の様子を観てみたところ、

草丈が一段と伸びているように感じられ脇芽から伸びる芽も大きくなっていて元気に育っていました。

ペトさい(ジャガイモIII)44

 

株元付近に寄って観てみたところ、若干葉が少なくなっているように感じられたものの

既存の葉については青々として張りがあり、元気に育っているように感じました。

ペトさい(ジャガイモIII)45

 

また、ここにきて土内の生長が活発になっているためなのかペットボトル鉢が少し膨張しているのを

確認することができ、恐らく土内でお芋さんが出来ているように感じられ楽しみになってきました。

 

株の上端部の様子を観てみますと、こちらも以前に比べると葉数が少なくなっているように感じると共に、

主茎が支柱の先端よりも長く伸びていて生長の勢いはまだまだあるように感じました。

ペトさい(ジャガイモIII)46

 

こちらの葉も青々として張りがあるのですが、蕾らしきものを着けている形跡がないため、

もしかすると今回の栽培でも開花するところを観ることなく収穫することになりそうな予感がしました。

 

いずれにしても、「ジャガイモ」は若干の葉数の減少が観られるものの、

生長の勢いは衰えていませんので今後の生長に期待できそうです。

 

最後に、「ジャガイモ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ジャガイモ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が乾いていたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続き、土面が乾いていたらジョウロを使って水やりを行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ジャガイモIII)47

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ジャガイモの栽培データ★

ペトさい(ジャガイモIII)15

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
07月
20

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

蕾を着けた「カモミール」は開花するものの思っていたよりも花びらが小さく、

散るのも早くて落ち着いて観る間がありませんでした。

 

少し肩透かしのような感じになってしまった「カモミール」ではありますが、

花が散った後も草丈を伸ばして葉も数を増やして元気に育っていました。

 

もう一度、開花するところを観てみたい「カモミール」に期待を寄せるのでした。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から216日目を迎えた「カモミール」ですが、

花が散った蕾は横を向いてしまったものの、依然として葉数を増やして元気よく育っていました。

ペトさい(カモミール)61

 

近くに寄って観てみたところ新たな蕾を着ける様子は伺えなかったため、

早く蕾を着けてくれるのが待ち遠しくなりました。

 

それからさらに一週間が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

梅雨入りして雨続きの天気が続いていたこともあり葉色が若干黄色く変色してきていました。

ペトさい(カモミール)62

 

しかし、近くに寄って観てみますと小さな蕾が着いているのを確認することができ、

ニンマリしてしまいました。

 

この蕾がさらに大きくなって開花してくれることに期待してしまいました。

 

ところが、一週間が経過して「カモミール」の様子を観てみますと、

葉色がさらに黄色く変色しているように感じられるのと同時に、

開花を期待していた蕾も黄色く変色してしまい、開花できる状態ではなくなり

失望感MAXになりました。

ペトさい(カモミール)63

 

新たな蕾を着けたことで開花するのを楽しみにしていたことがこのような姿になってしまい、

頭が真っ白になって何も考えることができなくなりました。

 

現在の「カモミール」の状態から観てみても新たな蕾を着ける見込みはほぼゼロに近い状態のため、

今回の「カモミール」栽培は目的を完全に果たすことなく終わりを迎えそうで悔しさが込み上げてきました。

 

最後に、「カモミール」の栽培データを以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。ブログの応援もお願いします!!
本ブログは2つのブログランキングに参加しており、以下に示すバナーに
クリックして頂いて応援して下さいますとランキングが上がるだけでなく
本ブログの記事や新たなペットボトル栽培に取り組むモチベーションも
上がりますので、本ブログへの応援ポチッをヨロシクお願い致します。
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせやブログ記事以外の
コメントは、下記のリンクをクリックして頂き
メールフォームよりお送り下さい。


但し、誹謗中傷、アダルト関連などのコメントは
固くお断りさせて頂きます。
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
FC2カウンター
最新コメント
広告(Pitta!)
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間2012年1月号」
掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に2回掲載されております。


下記の画像をクリックして頂きますと、
掲載された記事の一部をご覧頂くことができます。
SPA01へ
SPA02へ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お天気情報
PaKoMa (パコマ)

2014年5月20日より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました。


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリックしてご確認下さい!!
パコマへ
「PaKoMa」はホームセンターと生活者を結び、
モノと暮らしの情報を提供する毎月10日発行の
楽しいフリーなホームセンターマガジンです。
みんなの趣味の園芸 公式サイト
お気に入りサイト
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker